2014/04/07

大阪杯回顧~キズナ

大阪杯! 少頭数ではあっても内容は濃いかった。 ファンもそのことを承知しており、 いつになくパドックは盛り上がっていた。 ショウナンマイティは少し太く気負い気味。 トウカイパラダイスは7歳馬で平常心そのまま。 エピファネイアの馬体はムダなく仕上がり、 心配されたテンションも高くなかった。 メイショウマンボは5カ月振りにしては8k減で、 体に張りはなく仕上がり過

続きを見る

2014/04/04

ダービー卿CTの出走馬短評

ダービー卿CT! 安田記念を睨んだ各陣営。 本番に向けてメドを、賞金を加算しておきたいところ。 1番人気が頼りない成績を収めており、 万馬券も数多く出て難解なレースでもある。 ※  アユサン  55k 桜花賞馬でオークス4着の実績と力はある。 ただ、休養明け中山記念の内容がイマイチ。 体はできていたし、どこまで変われるか? 力のいる今の中山では一変は難しいかも… ※  インプロヴァイズ  5

続きを見る

2014/04/03

大阪杯!エピファネイア

大阪杯! 昨年はオルフェーヴルの勝利で盛り上がったレース。 過去、1番人気が期待に応える走りを見せている。 今年は頭数こそ少ないが、豪華絢爛なメンバー。 今からワクワクする。 ※  エピファネイア 皐月賞2着、ダービー2着、そして、菊花賞制覇。 現4歳の中では実力は トップかも知れない。 3月に入り乗り込みは急ピッチで順調な仕上がり。 弥生賞4着以外は常に勝ち負けしている

続きを見る

2014/04/02

ウインバリアシオン

日経杯! 京都で行われる天皇賞を睨んでの前哨戦。 既に阪神大賞典を制したゴールドシップは 天皇楯を手中に収めんと待ち構えている。 1番人気に支持されたウインバリアシオン。 屈腱炎から立ち直り有馬記念2着の実績。 パドックで見せる馬体はムダなく仕上がっていた。 レースはトレイルブレイザーが引っ張る流れ。 しかし、1000m通過ラップは1分03秒7と速くない。 前がゴチャつきウインは一旦控えて後

続きを見る

2014/04/01

ドバイミーティング ジャスタウェイ・ジェンティルドンナ他総評

ドバイDay ! 今年も真夜中の熱い闘いが繰り広げられた。 アジアからは香港馬が8頭、日本馬が8頭出走。 その結果は…… さすがスプリンター王国?を誇る香港は 前半に行われた短距離戦で強さをアピールした。 そして、日本時間で深夜のメインイベント。 秋の天皇賞を制したジャスタウェイが登場! それまで詰めの甘さで泣き続けた同馬が、 昨年秋から華麗な変身を遂げた。 “ 馬は6歳までは成長する!

続きを見る

2014/03/31

高松宮記念回顧 コパノリチャード

コパノリチャード 高松宮記念! スピードに自信を持つ馬達にとって最悪の馬場状態。 過去10年を振り返ってもこんなコンディションはない。 しかも、午前中から芝を使われており、 騎手にとっても我々にとっても “ 運 ” が必要になる。 ハナを切ると思われたハクサンムーンが出遅れ。 外枠から同厩舎エーシントップがハナに立つ。 レディオブオペラは行く気がないのかすぐに控える。 コパノリチャードも好位か

続きを見る

2014/03/28

マーチステークス出走馬短評と予想

マーチステークス! 万馬券は当たり前?で1番人気が不振のレース。 意外に追い込み馬が活躍している。 軽ハンデより実績あるトップハンデに良績が。 ※  エーシンゴールド  56.5k 7戦して4勝2着3回で連対率100%の実績。 前走は15k増の馬体でアッサリ勝利している。 大井でクリソライトに屈しているが、 あの時は出遅れて走りのリズムが取れなかった。 まだまだ逆転の可能性は十分にあるはず。

続きを見る

2014/03/27

日経賞

日経賞! 一昨年はネコパンチの逃げ切りで大波乱。 しかし、全体的には人気上位馬が活躍している。 今回の注目はなんと言ってもフェノーメノの走り。 昨年の覇者であり、関東期待の1頭なのだから… ※  アスカクリチャン 距離はアルゼンチン共和国杯勝ちがあるが、 コースはどちらかと言えば東京向き。 今回は別定斤量で4カ月振りの実戦になる。 7歳馬でもあり、割引材料が多過ぎて… ※  アドマイヤフライ

続きを見る

2014/03/26

高松宮記念

高松宮記念! 王者ロードカナロアが引退し俄然混とんとしてきた。 メンバーを見渡すと先行力に自信を持つ馬が多く、 逃げ馬の凌ぎ合いは熾烈を極めそう。 展開は差し馬有利だが果たして…… ※  アースソニック ハナを切るかスンナリ先行が好走の前提になる。 前走の内容は平凡だけに一変は難しそう。 ※  インプレスウィナー 休み明け前走の内容は悪くなく展開も向きそうだが、 良馬場では速い時計の裏付けが

続きを見る

2014/03/25

フラワーカップ回顧~バウンスシャッセの評価

フラワーC! 混戦ムードの中で行われた今年のフラワーC。 芝は走る度に泥が跳ね上がる最悪のコンディション。 各ジョッキーは距離を考えてか行こうとせず、 1000mの通過タイムは1分02秒1と遅い。 上がりは49.2-37.0とかかっているが、 前に位置していた馬での決着となった。 勝ち時計も1分51秒3と平凡。 ナイーブで細身の牝馬が多かったが、 勝ったバウンスシャッセはしっかりした体つき。

続きを見る