2014/01/31

クロッカスS!

オープン戦とはいえ勢力分布図は道半ば。 ここは人気はかたよっても信頼性には欠ける。 ジックリ各馬を分析して…… ※  アスコルティ キャリアが浅く休み明け。前走の時計も速くない。 だが、勝ちっ振りにはインパクトがあった。 買い被りは避けたいが、軽視するのも危険が伴う。 一応の注意はしておきたい。 ※  ウインスプラッシュ 熱発のアクシデントでレースが開いた。 ブランクの割に攻め量が少ないのも事

続きを見る

2014/01/30

白富士S!

オープン特別でメンバー構成は今ひとつ。 しかし、出走各馬は先々のために、 勝って持ち賞金を加算しておきたいところ。 ※  アロマカフェ 休み明けの昇級戦になる。 大崩れしない反面、勝ち味に遅い印象。 買っても押さえが精一杯では… ※  エアソミュール 久々も力で押し切った前走。 その前走で手合わせした馬には負けないだろうが、 今回は今ひとつ実績があがっていない左回り。 斤量は1kながら増え、結

続きを見る

2014/01/29

シルクロードS!

この春の目標は3月末の高松宮記念! 出走各馬は賞金を加算しておきたいし 勿論、好内容で本番のメドも立てたい! ソコソコのメンバーが揃って面白い一戦に。 ※  アフォード  56k 夏場の疲れを取るために充電し復帰した前走。 オープン特別で少し時計がかかるヤヤ重、 好条件が重なったこともあり見事な勝利。 さて今回だが、メンバー強化で時計も速くなる。 叩いた上積みはあっても、即通用となると… ※

続きを見る

2014/01/28

根岸S!

今年最初の G I フェブラリーSはすぐそこ。 本番の距離は 1ハロン長い1600mだが、 ここで手応えを掴んでおきたいところ。 我々も本番に向けて各馬のチェックを! ※  アドマイヤロイヤル 左回りの1400m、1600mがベスト条件。 今年の目標はフェブラリーS制覇! そのつもりのローテーでの出走。 年末からの乗り込みは実に入念。 東京での3着以下は1回のみ、距離実績も安定。 ひとつだけ難を

続きを見る

2014/01/27

競馬が終わって!

先週の土曜日はドナウブルーの引退レース。 体はできていたので有終の美を!と思ったんですが… 現実は厳しいものがありますねぇ。 そつなく立ち回ったもののそれ以上に ウリウリにうまく立ち回られてしまいました。 パドックではかなりテンションが上がっていても、 レースではうまく折り合って直線は内から鋭い伸び。 相手が一枚上手でした。 ドナウブルーにはいい仔を出してくれることを期待して…

続きを見る

2014/01/23

東海S!

新設成った中京コースは昨年から。 従って、過去の傾向は当て嵌まらない。 展開は差し有利に見えるのだが… ※  ヴァンヌーヴォー 前走は3角から進出する雑なレース。 もっと走っていい馬だし、それだけの脚も持っている。 京都がベストコースだが、左回りは問題ないはず。 ※  グランドシチー 堅実な反面インパクトに欠けるのも事実。 ヤヤ若い頃のシャープさが陰を潜めている感はある。 今回は56kで走れる

続きを見る

2014/01/22

京都牝馬S!

1番人気の馬の活躍があってここ4年は平穏? 荒れている年は1番人気が外れての組合せ。 圧倒的に4歳馬と5歳馬が勝利している。 決め手ある馬の活躍が目立つが、 今の京都は追い込み馬には不利の馬場だが果たして… ※  ウリウリ ローズS 3着を考えれば、前走は順当勝ち。 いい決め脚を持っているが、現実はまだ条件の身。 前走使った33秒台の脚が生きる展開になればいいが。 ※  エアジェルブロワ 休み

続きを見る

2014/01/21

アメリカJCC!

1番人気の馬が頼りないデータが出ている。 しかし、高配当が続出しているわけでもない。 勝ち馬は有馬記念出走組や中山金杯組が目につく。 5歳馬の勝ち馬が多いが、今年は該当馬なし。 となれば、やはり4歳馬中心の図式なのか? ※  ヴェルデグリーン ここ2戦は G I レースもあってか凡走。 が、昨年秋のオールカマー勝ちに注目の要あり。 今回と同じ条件下での勝利なのだから。 中山コースは4勝と得意にし

続きを見る

2014/01/20

先週の競馬から!

まずは  お疲れ様でした! 年明けからバタバタと駆け足で 慌ただしく施行された競馬にもひと区切り。 やっと今週から平常ダイヤに戻ります。 日経新春杯はサトノノブレスの勝利! 菊花賞に比べても明らかに太目の体つき。 久々の競馬もあって馬は行く気満々。 外から被せられたもんだから余計にムキに。 あの体で逃げ込んだのだから力上位も、 相手に恵まれたのも確かでしょう。 しかし、三段論法で考えるなら、 そ

続きを見る

2014/01/17

日経新春杯!

過去の実績を振り返ると4歳、5歳馬の活躍が目立つ。 脚質では逃げ馬につらく差し、追い込み馬が有利。 1番人気の馬が頼りない傾向も出ている。 ※  アドマイヤフライト  56k 休み明けで18k増の馬体ながら楽勝。 ノドを手術した効果は歴然と表れている。 今回は昇級の重賞メンバーになるが、 斤量は2k軽い56kになり叩いた上積みもある。 抜けた馬が不在だけにチャンス到来かも。 ※  カワキタフウ

続きを見る