2014/10/12

京都5R新馬パドック

京都5Rパドック ※  レース傾向ー 抜けた存在はなく 馬番  評価  寸評 1×馬はいいが落ち着きなく 2×まだ締まりなく 3△歩様に力強さあり 4△スムーズな歩様 5×力強さなく 6×薄く細い 7△仕上がるも物見ばかり 8×全体に太い 9◯スッキリしパワー感じ iPadから送信

続きを見る

2014/10/12

京都1Rパドック

京都1Rパドック ※  レース傾向ー 組合せひとつ 馬番  評価  寸評 1×余裕残しの体 2× 3× 4×あとひと絞りほしい 5▲馬体の張り上々 6×腹が上がり気味 7◯体を大きく見せ 8× 9△マズマズだが目立たず 10×全体に太く 11◯体が締まって上向き 12×まだ太く 13× 14× 15× 16△柔らかく弾力性感じ穴

続きを見る

2014/10/11

京都5R新馬パドック

京都5Rパドック ※  レース傾向ー 互角の闘い? 馬番  評価  寸評 1×太目残り 2×少し緩く 3×トモ甘い 4×仕上がるも頭高く 5×馬はいいが硬さが 6△まだ全体に絞れそう 7×子供っぽさが窺え 8×頭高く落ち着きなく 9◯リングハミも活気あり 10▲全体のバランスよく 11×太目が残り 12×若さが目につき 13×全体に太く余裕が 14×仕上がり過ぎ

続きを見る

2014/10/11

京都3R新馬パドック

京都3Rパドック ※  レース傾向ー 抜けた存在はないが 馬番  評価  寸評 1×まだ体に余裕が 2×仕上がるも締まりなく 3◎ムダなくスッキリし 4×腹回りに余裕が 5△力出せる体つき 6×全体に太く 7×仕上がり途上か 8×馬体の張りひと息 9×頭高くコトコトし 10×太目残り 11△仕上がり気合よく 12×口うるさくて 13◯まだ太いが柔らかさあり

続きを見る

2014/10/11

京都1Rパドック

京都1Rパドック ※  レース傾向ー 馬体なら6枠2頭 馬番  評価  寸評 1△ヤヤ張りに欠けるが 2×トモが淋しく 3△チャカつくも体よく 4× 5× 6△歩幅広くユッタリ歩き 7×悪くはないが 8× 9×コトコトし硬い 10× 11◯体のバランス良く 12◯毛ヅヤ冴え大きく見せ 13× 14× 15× 16× 17×歩幅狭く 18×

続きを見る

2014/10/10

慢心と満腹~戸崎騎手と岩田騎手

慢心と満腹! 予想通り今年のリーディングJは戸崎騎手で決まりそう。 今年やっと他の騎手と一緒に年明けからスタート。 9月を終わって115勝のダントツであり、 2位以下に大きく水を開けて独走中… 週2勝で1開催は8勝、それが12カ月で100勝ペース。 その単純計算でいくと戸崎騎手は週3勝ペースになる。 計算通りだと今年のトータルは150勝? 地方から中央に転入し、活躍した代表騎手は安藤勝J。

続きを見る

2014/10/09

毎日王冠

毎日王冠! 1着馬に天皇賞への優先出走権が与えられる。 今年の天皇賞は混戦ムードだけに 各馬にとっては大事な前哨戦となる。 ※  グランデッツァ 函館記念は 『 微妙に距離が長かった 』 と騎手の弁。 安田記念は不良馬場でまったく力を出していない。 都大路Sのレコード勝ちが示すように、 パンパン馬場の1800mなら一変する要素は十分。 左回りに疑問は残るが、見直し必要な馬。 ※  スピルバーグ

続きを見る

2014/10/08

京都大賞典

京都大賞典! 過去10年の勝ち馬は4歳馬か5歳馬で、 その中でも5歳馬の活躍が際立っている。 1番人気の勝利は少ないことが示されており、 先行馬の連絡みは皆無のデータ… ※  タマモベストプレイ 札幌戦で久し振りの勝利を挙げた。 が、かなりメンバーに恵まれた感。 ここは別定戦で相手も強力になり… ※  デスペラード 力は秘めているが、いつ走るかはわからない? G I に入るとつらいが、重賞戦

続きを見る

2014/10/07

スノードラゴン

スプリンターズS! 今年秋の G I 第一弾となる。 本来の中山から今年は新潟での施行。 名スプリンター、ロードカナロアの後継者は? どんな条件下にも屈しないのが真のオープン馬。 G I 馬に相応しい走りに期待したい! ※  パドック気配から ローブティサージュ…仕上がるも歩様硬く ガルボ…力出せる体つき マジンプロスパー…この馬なりのデキ コパノリチャード…イレ気味も体はできている スト

続きを見る

2014/10/06

今年の凱旋門賞

日本馬達の凱旋門賞! その昔、凱旋門のカベはとてつもなく高く、 フランスへの道は長く遠い道のりだった。 しかし、先駆者達の努力の積み重ねで、 それらは徐々に徐々に取り除かれていった。 特にここ2年はオルフェーヴルの活躍と、 ドバイでのジャスタウェイのアピールで、 日本馬のクオリティーの高さを世界に知らしめることに。 今や日本馬はその中心に位置する存在となっている。 そう思って今年の今日を迎えた

続きを見る