【競馬コラム】厩舎の胸算用!

公開日: : 競馬コラム

厩舎の胸算用!

厩舎

2015年のリーディング・トレーナー
第1位は馬房数22頭に対し、54勝を挙げた関東の堀厩舎。
2位は馬房数28頭に対し、49勝をマークした関西の池江寿厩舎。
共に G I 4勝、GⅡ3勝を挙げ、文句なしの成績でした。

基本的には各厩舎20馬房、その数だけの勝利を挙げれば及第点なのですが、
そう思うようにことは運びません。

勝利数、出走稼働率、連対率など、JRAの査定をクリアすればいいのですが、
基準を下回れば、厩舎の馬房数を減らされてしまいます。
その減らされた分は活躍した厩舎に割り当てられます。
トレセン内の馬房数は限られていますから、そうなってしまいますよネ。

年末になりリーディングを意識する厩舎は、何とか勝ちを増やそうとしますが、
そうでない厩舎によっては、勝ちを次の年に回すことも考えます。

年頭に厩舎はその一年の目標を掲げます。
区切りの勝利数を目標にしたり、一年の勝利数を目標にする厩舎も。
勿論、G I 制覇を目論む厩舎も…

リーディングを獲った厩舎は次の年が大変です。
前の年に勝ち上がった馬はいずれ頭打ちになり、勝利が止まります。
次の年に前年度の勝利数だけ達成できる保証はないのです。
ですから、暮れになると、勝てそうな馬を来年に引き延ばす作戦も。
『 別に今年 勝てへんでもいいねん!』と口にする調教師がソレ。

昨年3月に開業した 某調教師を応援しているのですが、
順風満帆に勝利数を重ねてきました。
秋口には “ 20勝できるんちゃう?” の返答が 『 いきますヨ!』だったが、
一年を終えて “ 凄く頑張ったなぁ ” の答えは
『 嬉しい反面、今年を考えると怖くなってきます 』と。

頑張れば馬房数は増えますが、成績不振だと減らされてしまう現実があるのです。

各調教師は年頭にあたり、スタッフにどんな話がなされたのでしょうかねぇ〜

今年の競馬のゲートは始まっています…

【特別公開】 弥生賞(G2)狙うはカデナかそれとも!?特注馬公開はコチラ!

【徹底予想】 チューリップ賞(G3)女王ソウルスターリングの死角とは!?

【極秘情報】 オーシャンS(G3)で高額馬券を的中したい方専用の入口です

【川崎競馬】 エンプレス杯(Jpn2)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ゴールドシップ共同通信杯

【2015有馬記念(G1)】ゴールドシップが乗り替わりになる件について

有馬記念でゴールドシップが乗り替わり⁉︎ 有馬記念がラストランになるゴールドシップ。

記事を読む

アルビアーノ2

【競馬コラム】甘かった!アルビアーノの挑戦

甘かった!アルビアーノの挑戦 中央馬4頭が参戦した川崎競馬、第51回関東オークス。

記事を読む

夏の厩舎

【競馬豆知識】真夏の馬房は・・・

豆知識・真夏の馬房は… ここ数年で温暖化は加速して、年を追う毎に暑さは増している。

記事を読む

ルメール

【競馬コラム】新しい競馬の始まり

新しい競馬の始まり! 3月1日は冬からの脱皮であり、水緩む春の到来… 中央競馬は

記事を読む

no image

【競馬コラム】代表馬の選出

☆ 代表馬の選出! 先日 2016年度のそれぞれの部門で代表馬が発表された。 年度代表馬は北

記事を読む