【競馬コラム】厩舎の胸算用!

公開日: : 競馬コラム

厩舎の胸算用!

厩舎

2015年のリーディング・トレーナー
第1位は馬房数22頭に対し、54勝を挙げた関東の堀厩舎。
2位は馬房数28頭に対し、49勝をマークした関西の池江寿厩舎。
共に G I 4勝、GⅡ3勝を挙げ、文句なしの成績でした。

基本的には各厩舎20馬房、その数だけの勝利を挙げれば及第点なのですが、
そう思うようにことは運びません。

勝利数、出走稼働率、連対率など、JRAの査定をクリアすればいいのですが、
基準を下回れば、厩舎の馬房数を減らされてしまいます。
その減らされた分は活躍した厩舎に割り当てられます。
トレセン内の馬房数は限られていますから、そうなってしまいますよネ。

年末になりリーディングを意識する厩舎は、何とか勝ちを増やそうとしますが、
そうでない厩舎によっては、勝ちを次の年に回すことも考えます。

年頭に厩舎はその一年の目標を掲げます。
区切りの勝利数を目標にしたり、一年の勝利数を目標にする厩舎も。
勿論、G I 制覇を目論む厩舎も…

リーディングを獲った厩舎は次の年が大変です。
前の年に勝ち上がった馬はいずれ頭打ちになり、勝利が止まります。
次の年に前年度の勝利数だけ達成できる保証はないのです。
ですから、暮れになると、勝てそうな馬を来年に引き延ばす作戦も。
『 別に今年 勝てへんでもいいねん!』と口にする調教師がソレ。

昨年3月に開業した 某調教師を応援しているのですが、
順風満帆に勝利数を重ねてきました。
秋口には “ 20勝できるんちゃう?” の返答が 『 いきますヨ!』だったが、
一年を終えて “ 凄く頑張ったなぁ ” の答えは
『 嬉しい反面、今年を考えると怖くなってきます 』と。

頑張れば馬房数は増えますが、成績不振だと減らされてしまう現実があるのです。

各調教師は年頭にあたり、スタッフにどんな話がなされたのでしょうかねぇ〜

今年の競馬のゲートは始まっています…

【必見情報】 ※神戸新聞杯(G2)レイデオロを負かし得る絶好の仕上げの注目馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 オールカマー(G2)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【阪神競馬】 ダービー馬登場!今週の注目『神戸新聞杯(G2)』の出走馬情報

【中山競馬】 ★オールカマー(G2)秋の主役へ名乗りを挙げる注目出走馬情報★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

有馬記念

有馬記念のウワサ

うわさ ⁉︎ 先日『 うわさ 』が耳に飛び込んできました! J R A は有馬記

記事を読む

アクティブミノル

皆さんのコメントから~京成杯AH、セントウルS

皆さんのコメントから! 「 京成杯オータムHは、アルビアーノが一番強い競馬をしたのでは

記事を読む

ブチコ

※ブチコの記事に対する意見について

☆ブチコの記事に対する意見! 先日 ブチコの競走除外について記事を掲載しましたが、 それに対

記事を読む

パドック

【質問コーナー】歩様の硬さとは?

質問コーナー・歩様の硬さとは? 「 解説で “ 歩様が硬い ” と言われますが分かりま

記事を読む

京都競馬場6

皆さんからの意見!長距離のG1レースは不要?

皆さんからの意見・長丁場の G I は不要! 『 今の競馬に3000m以上の G I

記事を読む