★2016シンザン記念(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

公開日: : 最終更新日:2016/01/14 広告・おしらせ , ,

管理人です。
火曜日に金杯開催が終わったかと思えばもう週末の追い切り日がやってくる。
そんな慌しい正月開催。シンザン記念の追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。
予想する上でもこの追い切りは要チェックと言えるのではないでしょうか。
戦績の浅い馬同士の対戦。それこそ調子のいい馬が好走する可能性が高いことは言うまでもありません。

アストラエンブレム追い切り
アストラエンブレム
美浦坂路 54.9 40.5 26.5 13.3 馬なり 併せ併入
人気を背負いそうな関東馬アストラエンブレムの追い切りは小島茂之調教師を背に
馬なりでラスト1Fだけ反応を確かめるような感じのもの。
コース主体の調整から直前で坂路に入れての調整は前回のサウジアラビアRCと同じといえば
同じなのですが間隔があいている今回、終始馬なり調整に徹しているのは
何か意図があるのか?勘ぐってしまう部分はあります。
ブライトエンブレム然りですが、個人的には調教師が直接騎乗しての追い切りというのは
あまり好きではありません。スタッフが納得しているのならいいのですが、
厩舎には優秀な乗り役がもっとたくさんいる筈です。それを差し置いて自ら騎乗というのは
はたから見れば、この人はスタッフを信頼していないのか?なんて思ってしまったりもします。
そんな目で見て「消し」としたのが中山金杯のブライトエンブレムでしたが、
今回、弟のアストラエンブレムもここで負けるようならばその調整方法自体を見直す必要が
出てくるのでは?と疑問を投げかけたくなったりしてしまいそうです。
関西圏への輸送もあるだけにここは当日の気配にも注目しておきたいところでしょう。

ショウナンアヴィド
ショウナンアヴィド
栗東坂路 50.5 36.4 24.1 12.3 一杯 併せ先着
同じくシンザン記念にエントリー予定のロジクライとの併せ馬で先着。
初勝利を挙げてより益々快調といったところなのでしょうか。
いくら時計の出やすい馬場で時計の出やすい時間帯の追い切りであっても、
並大抵の馬では坂路50秒台は出せるようなものではありません。
併せて遅れたロジクライも50秒台で走ってきてはいますが、
それに先着したこの馬の方が魅力は大きく感じてしまうというもの。
初重賞挑戦の舞台。状態の良さでどこまで食い込めるのか注目したいところです。

ピースマインド
ピースマインド
栗東坂路 52.3 38.6 25.1 12.4 一杯
単走で鞍上にレースでも騎乗する藤岡康太騎手が跨っての最終追い切りは
最後までしっかりと集中して走れていることには好感がもてるというもの。
出走が叶うならばそれこそ注目しなければならない1頭となることだろう。

他にも坂路で追い切られたツーエムレジェンドクリスタルタイソンあたりは
状態面に関しては文句なしといったところではないでしょうか。

 

 

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

 

 

 

【動き絶好】 チャンピオンズC(G1)自信の◎!3連単予想を独占公開中!

【必見情報】 金鯱賞(G2)チャンピオンズC前日のメインレースを的中したい方必見!

【徹底予想】 チャンピオンズカップ(G1)馬券を的中させたい人必見!

【コレ凄い】 ステイヤーズS(G2)当たる!無料3連単予想公開はコチラから!

【徹底分析】 金鯱賞(G2)土曜日の中京競馬場で勝つ方法を公開中です!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

調教スタンド

★2016関屋記念(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 関屋記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 サマーマ

記事を読む

中山競馬場2

★2016セントライト記念(G2)★予想オッズ1番人気は皐月賞馬ディーマジェスティ!

管理人です。 ダービー馬マカヒキ不在の菊花賞制覇へ名乗りを挙げるのはどの馬か? 今週末、中山

記事を読む

トレセン風景

★2016ニュージーランドT(G2)予想★的中直結の注目馬情報

管理人です。 桜花賞の前日に行われるニュージーランドトロフィー。 NHKマイルカップへ向けて

記事を読む

皐月賞2016

★2016皐月賞(G1)★予想オッズでは3強ムードも注目すべき馬は?

管理人です。 いよいよ発走となるクラシック3冠の1戦目となる皐月賞。 今年はマカヒキ・リオン

記事を読む

京都競馬場4

【デイリー杯2歳ステークス2016予想オッズ】混戦を制する馬は…

管理人です。 2歳戦も重賞が次々と開催されるようになり、朝日杯FS,阪神JFへ向けて

記事を読む