【レース回顧】2015東京大賞典(G1)~サウンドトゥルーが差し一閃!

管理人です。
サウンドトゥルー
年末恒例の大一番、東京大賞典を観戦に今年も多くのファンが大井競馬場へと駆けつけた。
それこそ今年のダート最強馬を決する戦いとも言われる一戦に
中央からはコパノリッキー・ホッコータルマエ・サウンドトゥルー他、
強豪が参戦し、地元南関東からもサミットストーン・ハッピースプリントが参戦
中央馬VS南関東馬という構図で非常にレース前から盛り上がりを見せる一戦とはなった。

YouTube Preview Image

いざレースがスタートすれば、大方の予想通り、コパノリッキーがハナを主張し
それを外からホッコータルマエがマークする展開。
更にそれを内からワンダーアキュート・外からハッピースプリントも追随して
先行集団を形成。常にホッコータルマエはコパノリッキーにプレッシャーをかける
位置でレースを進めた。
サウンドトゥルーは丁度中団あたり、サミットストーンも同じようなところから
虎視眈々と前を伺いながらの展開。
これによってコパノリッキー以下、先行集団は息の入らない展開ともなり淡々とレースは進む。
これが下級条件であれば既に4コーナー入口で行き脚も鈍るところではあろうが
さすがは古馬トップクラスの争い。それでも前はそう簡単に止まる気配を見せず
逆に一旦はコパノリッキーとホッコータルマエが一騎打ちの様相で後続を突き放す。
4コーナーで手応えが怪しくなったのはハッピースプリントくらいか。

直線に入って、そのコパノリッキーを交わしてホッコータルマエが抜け出し
これで決着ありかと思ったところにサウンドトゥルーが一完歩ずつ差を詰めて
ゴール前でホッコータルマエを差しきって見事初G1制覇をやってのけた。

大野騎手はしっかりと中団で脚を溜める競馬をして、
直線勝負でこの馬の末脚を信じていたという騎乗ぶり。見事なG1勝利と言っていいだろう。

ホッコータルマエはスタートから即コパノリッキーマークの競馬をしたあたり
もはや敵はコパノリッキーのみという騎乗ではあったが、
これをしなければコパノリッキーは楽逃げになり逃げ切りを決めていたかもしれない。
そう考えればこの策しかないという作戦で勝ちに行って、終い差されたのだから仕方ないところ。

逆にサウンドトゥルーは前の2頭が引っ張って、スローの展開にならなかったことが
勝因の一つともなったと言えるのではないだろうか。

ワンダーアキュートが3着。9歳馬がこれだけ健闘するのだからこれは褒め称えたい。
コパノリッキーはやはり道中プレッシャーを受けずにレースを運べないととにかく脆い。
今回はホッコータルマエの執拗なマークに馬も嫌気をさしたのだろう。
やはり理想は外から被されない形での単騎逃げか。次走人気を落として、外枠でも引いたら
これは狙ってみたい1頭となりそうである。

注目された南関東勢はハッピースプリントの6着が最高。
ただ、今回のハッピースプリントは、先行して勝ちにいく競馬をして跳ね返されるというレース振り。
これが脚を溜めて着を拾いにいく競馬をしていたのなら3着はあったかもしれないが
勝ちに行く競馬をした宮崎光騎手のガッツは評価できるものがあったのではないだろうか。

サウンドトゥルーが見事に勝利で来年のダート界の主役に躍り出たのは言うまでもないが、
年末の風物詩にふさわしい白熱したレースとなった今年の東京大賞典であった。

※今回のレース回顧は管理人が川田さんに代わって執筆いたしました。ご了承ください。

 

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ジャパンカップ2017結果/レース回顧|シュヴァルグランに栄冠!

今年のジャパンCはシュヴァルグランがGI制覇! 2017/11/26(日)開催 東京1

記事を読む

ベルカント

【レース回顧】2015アイビスサマーダッシュ(G3)~ベルカント

新潟 アイビスサマーDはベルカント! なんだかんだと言いながらも、1000m競馬は外枠

記事を読む

free17

【スプリングステークス2017結果/レース回顧】ウインブライトが抜け出しを図る!

スプリングSは 伏兵ウインブライトが抜け出す! 2017/3/19(日)開催 中山11R スプ

記事を読む

ゴールドアクター日経賞

【レース回顧】2016日経賞(G2)~ゴールドアクターの貫禄勝ち!

日経賞はゴールドアクターの貫禄勝ち! 春の天皇賞を前にしたトライアル戦だが、 イレ気

記事を読む

uma_01

【京都記念2017結果/レース回顧】サトノクラウンが連覇!

☆ 京都記念はサトノクラウンが連覇! 2017/2/12(日)開催 京都11R 京都記念(G2

記事を読む