【2歳戦回顧】独断と偏見のAB評価の馬は?

公開日: : 最終更新日:2015/12/29 競馬コラム , , ,

独断と偏見のAB評価の馬は?

リオンディーズ1
今年の夏前からデビューし、新馬勝ちした馬の評価をしてきました。
勿論、私自身の目で、独断と偏見から下したジャッジです。
これまでに A評価をした馬は8頭いました。
イモータル、カイザーバル、スマートオーディン、
サトノダイヤモンド、ハートレー、マカヒキ、
ラルク、リオンディーズ、

この中で、スマートオーディンは東京スポーツ杯2歳Sを、
リオンディーズは朝日杯FSを制しています。
そして、ハートレーがホープフルSを制しています。
『 今年騎乗した馬の中では一番!』とルメール騎手が豪語する、
サトノダイヤモンドは平場ながら連勝と好調。

メジャーエンブレム2
B 評価の馬も活躍しています。
ロードクエストが新潟2歳S、
アドマイヤエイカンが札幌2歳S、
シュウジが小倉2歳S、
ボールライトニングが京王杯2歳S、
エアスピネルがデイリー杯2歳S、
メジャーエンブレムが阪神ジュベナイルF、
を勝っています。

今年の2歳重賞レースは13鞍あり、勝ち馬の9頭がAとB評価の馬でした。

自身で悔やまれる 評価は2頭ありました。
ロードクエストのデビューが6月7日、
メジャーエンブレムが6月14日でした。
その非凡さは感じていましたが、新馬デビューが早く、
大物?は11月、12月と踏んでいましたから、そのことを想定して、
自身の保身もあって B 評価にしてしまいました…
守りでなく、攻めの評価が必要だったと反省しています。

新馬勝ちした B 評価以上の馬の19頭がオープンに在籍しており、
みなさんに少しでも貢献できているのではと、ホッと胸をなでおろしています。

年が明けると2歳馬は3歳馬になり、クラシックレースを意識し始めます。
自分が高評価した馬が活躍してくれると嬉しい限りですが、
みなさんの高評価の期待馬も活躍するといいですね…

 

【中山競馬】 G1馬集結!『中山記念(G2)』の注目予想情報はコチラ

【阪神競馬】 ★阪急杯(G3)波乱を巻き起こすダークホースを徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中京競馬場1

【競馬コラム】直線での応援の声出し!

直線での応援の声出し! 直線での叩き合いは競馬の醍醐味でもあります。 特に、自分が買った

記事を読む

トレセン風景

【質問コーナー】競馬にオフレコはあるの?

質問コーナー・オフレコはあるのか? “ 取材でこれは記事にするな、内緒で ” こんな

記事を読む

パドック

【競馬コラム】馬体重も衣替え~この時期の馬券予想に必要なポイント

馬体重も衣替えを! 秋が深まり厳しい冬を前にすると野生動物は脂肪を蓄える。 雪が降る

記事を読む

no image

【競馬コラム】勝手に選んだ最優秀スプリンター!

★ 勝手に選んだ最優秀スプリンター! ☆ 該当馬なし! 春の高松宮記念はビッグアーサーが優勝

記事を読む

中山競馬場

【競馬コラム】ハンデ戦の斤量はどう決めるのか?

ハンデ戦の斤量はどう決めるのか? 毎週のように設定されているハンデ戦ですが、 各馬の

記事を読む