【レース回顧】2015有馬記念(G1)~ゴールドアクターが締める!

締めの有馬記念はゴールドアクターで!

ゴールドアクター2

危ない人気馬が揃い?波乱と読んだ今年の有馬記念。
期待を込めたのはサウンズオブアースだった…

人気のゴールドシップは気ムラな馬だけに、
急きょの乗り替わりがポイントになると思っていた。
『 策士 策に溺れる 』ではないが、
内田博騎手を乗せるなら、なぜJCで乗せなかったのか??
案の定、出遅れから後方待機、向こう流しで一気に上がって行ったが、
もう馬に闘争心は失せていた…

ラブリーデイはJCでのゴール前のバテが気になっていたが、
ヤル気はあっても体はついてこず、掲示板に載るのがやっと。

ラストインパクトは硬さが表に出ていたし、
ムーア騎手から菱田騎手の乗り替わりでは荷が重過ぎた。

狙ったサウンズオブアースは渋太く詰め寄ったが僅かに届かず。
しかし、2着は確保してくれたので、まずはひと安心。

キタサンブラックの横山典騎手は燃えていた。
なにせ、当初はゴールドシップに乗るはずだったのだから…
なんとしても意地を見せたかった!それが3着の成績に表れている。

リアファルの馬体は良く映ったが、厳しい競馬になってしまい、
4角ですべてが終わってしまっている。

勝利したのは、これで4連勝となったゴールドアクター。
人気薄は、キャリアの浅い吉田隼騎手には追い風となっている。
ガチガチにならずリラックスして乗れたのは大きい。
勿論、馬が強いから、結果が伴っているのだが…
勝ち時計 2分33秒0、上がりは46.9-35.0。

みなさんにとって
有馬記念は、いい締めくくりになっているといいのですが…

 

【必勝情報】 日経新春杯(G2)自信の◎!3連単予想を独占公開中!

【必見情報】 ★AJCC(G2)出走馬徹底分析予想はコチラから★

【特別公開】 東海ステークス(G2)中京ダート必勝情報を公開中!

この記事に対するコメント

  1. 匿名 より:

    ゴルシのあれを出遅れとか表現するあたりほんとに記者だったの?って感じ。
    表現するなら「出負け」か行き足がつかなかっただけ。後者にいたっては周知の事実だろうし。

    • ブック より:

      貴君にとっては出遅れと出負けと行き脚がつかないは全て別物なのかもしれないが、出負けも行き脚がつかないも、スタートで躓くもスタートで挟まれるも総称して「出遅れ」というのではないだろうか。
      自身の固定観念から外れているからといって川田氏に対してそのような失礼な暴言を投げかけることは失礼極まりない。謝罪せよ。

  2. 匿名 より:

    サウンズオブアースを頭固定の3連単なんて欲を出さずに素直に馬連と3連複にしておけばよかった。

  3. 匿名 より:

    撃沈。サウンズとリアファルの2頭軸にしたのが失敗だった。

  4. ブック より:

    川田氏の本命サウンズオブアースより馬連勝負。
    リアファルはルメールのコメントによるとスタート後200mから脚運びがどうもおかしかったとのこと。大本線だっただけに残念無念。
    ゴールドアクターをパドック診断のコメントでよく書かれていたので抑えに200円抑えていたら思わぬ高配当的中で有馬的中です。川田氏、どうもありがとう。

  5. ごっちん より:

    川田さんありがとう!サウンズオブアースの「○」を信じてよかったです!来年もよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

marutersapojee

【福島記念2016レース回顧】マルターズアポジーの逃げ切り!

福島記念はマルターズアポジーの逃げ切り! 福島記念 2000m芝 G 3 ハンデ戦 平穏

記事を読む

サトノクラウン京都記念

【レース回顧】京都記念(G2)~サトノクラウンが復活!

京都記念でサトノクラウンが復活! 不良馬場で始まった日曜競馬だが、メインレースは重馬場

記事を読む

ストレイトガール1

【レース回顧】2015ヴィクトリアマイル(G1)~ストレイトガール

東京 ヴィクトリアM・ストレイトガール! 区切りの第10回 ヴィクトリアマイルは大波乱

記事を読む

アルバートドック_七夕賞

【レース回顧】2016七夕賞~勝馬は4歳馬アルバートドック!

七夕賞は4歳馬アルバートドックが! 4歳馬の出走はアルバートドックただ1頭。 5歳馬は2

記事を読む

danonlegend

【JBCスプリント2016レース回顧】ダノンレジェンドが逃げ切る!

川崎 JBCスプリントはダノンレジェンドが逃げ込む! 川崎 JBCスプリント Jpn I 14

記事を読む