【12/27(日)中山9R ホープフルS(G2)】出走馬短評とレース展望・予想

中山 ホープフルステークス!

中山競馬場4

G2に格上げされ、クラシックに直結する闘い。
先週の朝日杯FSとは違った意味合いで注目!
2勝馬は6頭、残るは1勝馬のメンバー構成ながら、
中身の濃いレースは間違いなし!

※ アドマイヤエイカン
函館デビューが1800mで勝利、続く札幌2歳Sもクリアして休養。
休み明けが京都2歳Sの2000m、10k増の体で前との差を詰めて3着。
ここまでクラシックを意識した距離を選択して使っている。
勿論、ここも来年に向けての一戦であり、好結果を出したいところ。
久々を叩いた効果も見込めるので、上位争いは必至では。

※ ディーマジェスティ
1勝馬ながら軽くは扱えない実力の持ち主。
新馬戦からの3戦すべてが最速の脚をつかっており、
常に僅差のレースをしており、ここで大きく崩れるとは思えない。
距離の2000mは望むところだろう。

※ バティスティーニ
京都の2000mでデビューし余裕残しの勝利を挙げ、
2戦目の黄菊賞もテン置かれたが、アッサリ前を捉え連勝。
大型馬ではないが、アクションの大きいダイナミックな走りをする。
ここも終いを生かす競馬になろうが、叩き合いの展開になれば持ち味発揮。

※ ブラックスピネス
中京の2000mでデビュー勝ちし夏休みに入る。
秋緒戦は2着にまとめ、京都の萩S 1800mで2勝目を挙げる。
その時に負かしたのが、東京スポーツ杯2歳Sを勝ったスマートオーディン。
好位から脚を伸ばす戦法は、まさに中山向きとも言える。
この相手に勝つようなら、来年への夢は大きく膨らむが…

※ プランスシャルマン
4戦2勝、2着2回と崩れはないが、内容にハデさはない。
中距離中心に使っているが、前走勝ちの時計は遅く、少頭数でもあった。
今回はこれまでにないメンバー構成だけに、この馬にとっては正念場となりそう。

※ ブレイブスマッシュ
6月の東京戦でデビュー、その時がロードクエストの2着だった。
その後の2戦も勝てなかったが、札幌戦初勝利をマークし、
東京に戻って、イモータルを抑えての勝利で連勝。
使いつつ、やっとこの馬の良さが出てきた印象が強い。
ただ、今回は初の中山で、初の2000mになる。
相手も骨っぽいので、どこまで通用するのか…

※ ロードクエスト
デビュー戦が出遅れから追い込みを決めての勝利。
休養明けの新潟2歳Sも後方に陣取り、ゴーサインからの抜け出し完勝。
非凡な末脚に加え、渋化馬場を克服したのも大きな財産になっている。
今回はマイルから2000mと距離が延びるが、脚質から問題はなさそう。
ガサはないが、父は中山で活躍したマツリダゴッホでもあり、
馬体と息さえできていれば、3連勝を飾り年を越せるのでは…
鞍上は今年 G I 4勝を挙げているデムーロ騎手なのだから。

たとえ馬券を離れても、ジックリ見極めたい大事な一戦!

 

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

函館競馬5

【7/26(日)函館11R函館2歳ステークス(G3)】出走馬短評とレース展望

函館 函館2歳ステークス! 地方馬参戦は毎年のこと、ダート勝ちも加わり波乱ムード。

記事を読む

capella_stakes

【カペラステークス2016】1週前出走馬動向をチェック!

12月11日の中山はカペラSです! 中山 カペラS 3歳以上オープン 1200mダート

記事を読む

中京競馬場

【2015ファルコンS(G3)】出走予定馬の短評

中京・ファルコンS! 昨年こそ勝利しているが、1番人気が信頼できないレース。 追い込

記事を読む

天皇賞春1

【2015天皇賞(春)】出走馬短評とレース展望

京都 春の天皇賞! 前哨戦は日経賞、阪神大賞典、大阪杯となり、 結果より内容が問われ

記事を読む

安田記念

【6/5(日)東京11R安田記念(G1)】馬券分析・予想

日 東京 安田記念・ 馬券分析! 現時点で圧倒的な強さを誇示しているモーリス。 これ

記事を読む