【2015有馬記念(G1)】大胆予想!

公開日: : 重賞展望 ,

中山 有馬記念・大胆予想!

有馬記念1

一見 堅そうに思える今年の有馬記念だが、
ジックリ検討してみると、実績馬には落とし穴がある。
ラストラン!グランプリに相応しい競馬で締めくくってほしいが、
“ 波乱必至!” の読みで、大胆な仮説を立ててみたい。

※ 展開はどうなる?
リアファルが逃げて、競りかけてくる馬はなく、前半で流れは落ち着くはず。
菊花賞で味をしめたキタサンブラックはハナにはこだわるまい。
まして、乗り替わりの横山典騎手だけに無理は避けるだろう。
先行グループにはアドマイヤデウスが、勝ちを意識するゴールドアクターも前々で。
ゲートを五分に出るならゴールドシップもソコソコ前につけるが、
こればかりはゲート難を抱えているのでアテにできない。
ラブリーデイはゴールドシップを意識しながらの道中となり、
栄冠を目論む各馬はラブリーデイをマークしながら進む。
4角までは淡々と流れ、そこで一気に団子状となり直線を向くことに。

※ ここまでの結論!

◎ 09 サウンズオブアース
菊花賞ではゴールドアクターに先着している。
ジャパンCの5着は 1角で不利を受け、4角では動かざるを得ないプレッシャー。
それで勝ち馬と0.3秒差なら、デムーロ騎手が悔しがるのも無理はない。
中山は日経賞でアドマイヤデウスと0.3秒差、最速の脚で追い込んでいる。
今回はデムーロ騎手もある程度の位置をキープしての競馬をする。
ドゥラメンテで皐月賞を決めたコースでもあり、前走の同じ轍は踏まない。

◯ 12 リアファル
菊花賞は3着だが、一旦は先頭に立ち、勝つ競馬をしての結果。
内容的にはキタサンブラックより上回っている。
今回は57kから55kになり、単騎の逃げも見込める。
パワータイプのこの馬には、中山の直線坂は苦にならない。
4角までにマイペースが叶うなら、そのまま逃げ込む可能性は大。

▲ 05 アドマイヤデウス
なんで⁉︎と思うだろうが、天皇賞もジャパンCも外枠かたの競馬。
天皇賞後の岩田騎手のコメントは、『 内枠なら際どかった 』と。
中山の日経賞で力強い抜け出しの勝利を収めている。
秋の2戦は力をフルに出しておらず、ダメージも残ってはいない。
今回は待望の内枠を引き、一変する要素をはらんでいる。

△ 06 アルバート
目下4連勝中の4歳馬。未だとどまるところを知らない。
気になるのは3600mを走ってのレース間隔のなさ。
しっかり疲れが取れていると、もっと強く推せるのだが…

△ 11 キタサンブラック
菊花賞制覇は実力の証に他ならないが、騎手変更が少々気になるのが。
この馬のすべてを知り尽くしているのが北村宏騎手であり、
巧いながらも横山典騎手は、クセも知らず、乗り替わりで好き勝手な騎乗もできず。
これがブレーキになる可能性は考えておかなければなるまい。
ゴールドシップを降ろされたウップンをどう晴らすのか??

× 07 ゴールドアクター
休養を挟んで3連勝、しかも前走は重賞勝ち。
菊花賞は3着の実績も見劣らないところだが、
大レースのキャリアが浅い吉田隼騎手が冷静に乗れるかどうか?
守りに入ったり、勝ちを急ぐと、結果は裏目に出てしまうから。

× 15 ゴールドシップ
有馬記念の他にも G I レースを制している実力馬だが、
ここにきての急きょの乗り替わりが気に入らない。
確かに内田博騎手は乗り慣れてはいるが、彼自身も手こずった馬。
ゲートを出ない、走る気を失くす、などワガママ気性は満載。
せっかく前走で横山典騎手が手なずけたというのに…
もし有馬記念に内田博騎手を乗せるなら、なぜジャパンCで乗せなかったのか?
アッサリ勝つのか、負けを気にしないかは、馬に聞いてみないことには何とも??
この15番枠は決して有利とは言えない。
単あってヒモなし!の今回ではないだろうか…

× 10 トーセンレーヴ
有馬記念の出走は不可能と読んで挑んだディセンバーS。
59kを背負っても、その強さは変わりなかった。
そして、出走が可能になり、急きょ予定を変えてきた。
激戦の後の連闘、しかも相手は一気の強化。

× 16 マリアライト
目標のエリザベス女王杯を制した後に残るモノは…
小柄な牝馬に前走の10k減の馬体は、回復するには時間がかかるだろう。

× 03 ラストインパクト
ジャパンCは読み通りの走りを見せてくれた。
それもこれもムーア騎手の立ち回りで。
今回は彼が騎乗停止で手替りする。
ジャパンCでのパフォーマンスは、なかなか続けられるものではない。

× 04 ラブリーデイ
宝塚記念も秋の天皇賞も勝った実力に逆らう気持ちはないが、
前走のゴール前で見せた失速は、疲れ以外のナニモノでもないだろう。
秋競馬で激走してきた疲れがジャパンCで出てしまった。
陣営は目標を有馬記念に置いたからと言うが、
ジャパンC前のコメントには、強気以外のコメントは残されていない。
結果論でモノを言う陣営らしい対応だ。
ラストランだが、現状維持をキープで闘うしかあるまい。

× 13 ルージュバック
ぶっつけ本番のエリザベス女王杯 4着は評価できるが、
叩き2走目で一変するには、メンバーが手強過ぎるのでは…
3歳の秋は、牝高牡低が逆転する季節でもある。
牡馬54kに対し、牝馬53kの斤量差はかなりきつい。

【2015有馬記念(G1)】出走馬徹底分析[1]~キタサンブラック他

【2015有馬記念(G1)】出走馬徹底分析[2]~ゴールドシップ他

【2015有馬記念(G1)】出走馬徹底分析[3]~マリアライト他

【2015有馬記念(G1)】出走馬徹底分析[4]~ラブリーデイ他

 

【特別公開】 中山記念(G2)リアルスティールを負かすならコノ馬です!

【注目情報】 阪急杯(G3)シュウジを凌ぐ絶好仕上げの狙い◎本命馬はこの馬だ!!

【動き絶好】 ★アーリントンC(G3)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

この記事に対するコメント

  1. 匿名 より:

    リアファルからいきます!サウンズオブアースとアドマイヤデウスも抑えることにします!

  2. ごっちん より:

    アドマイヤデウスは内に入ったし確かに怪しい一頭ですな。ラブリーデイもこの内枠なら抑えたほうがいいのかどうなのか

  3. やまさん より:

    サウンズオブアースですか。確かに大胆ですね。穴人気しそうなのでオッズがどれくらいになるかは注目しておきたいところです。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場4

【4/9(土)中山11Rニュージーランドトロフィー(G2)】馬券分析・予想

土  中山  ニュージーランドT・馬券分析! 上位3頭にNHKマイルの優先出走権が与えられるレ

記事を読む

2015syukashow

秋華賞2016出走馬徹底分析[1]~ヴィブロス他

日 京都 第21回 秋華賞! 1 秋華賞 3歳牝馬 2000m芝 G I フルゲート

記事を読む

ノットフォーマル

【2015フラワーC(G3)】出走予定馬短評・レース展望

中山・フラワーC! どちらかといえば、桜花賞よりオークスを睨んだレースであり、 しっ

記事を読む

artemis_stakes

【アルテミスステークス2016】出走馬短評と予想のポイント

土 東京 アルテミスステークス! 第5回 アルテミスS 2歳牝馬 1600m芝 G3

記事を読む

fuji_stakes

富士ステークス2016予想・馬券分析

土 東京 富士S・馬券分析! マイルCSの向けての前哨戦。勝ち馬には優先出走権が与えら

記事を読む