【2015有馬記念(G1)】出走馬徹底分析[2]~ゴールドシップ他

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 重賞展望 ,

中山 有馬記念・徹底分析! 2

有馬記念1

いよいよ今年の締めくくりになるグランプリレース。
ラストランの馬にとっては記念のレースにしたいだろうが、
それぞれ勝利を狙っている馬ばかりで、遜色ない闘いと言える。

ゴールドアクター1
※ ゴールドアクター 4歳牡馬
2014年の菊花賞でトーホウジャッカルの3着。その後、休養に。
復帰したのが今年の函館から、ここまでに3連勝している。
前走がアルゼンチン共和国杯の重賞レース。
4歳の充実期を考えれば、まだまだ前進中であり、底を見せていない。
サウンズオブアースとは遜色ない立場にあると思っていいだろう。
これまでとは相手が違うので連勝記録を伸ばすのは厳しそうだが、
大負けするとも考えづらい。押さえておかなければなるまい。

ゴールドシップ
※ ゴールドシップ 6歳牡馬

ラストランとなる。実績は抜きん出ており、人気投票でも1位の馬。
強さと同時に “ 気性難 ” も持ち合わせており、そこがまた魅力の要因。
宝塚記念では大出遅れしてファンの期待を裏切っており、
秋緒戦のジャパンCでは、結果よりも内容に重点を置いての競馬。
スンナリ発馬を決め、道中もリズム良く走っている。
結果は10着だったが、着差は勝ち馬と0.4秒で鞍上も手応えを掴んだ。
ところが、調教師は横山典騎手から内田博騎手の手替りを発表した。
すべてのポイントはここにあると言っても過言ではあるまい。
馬が機嫌を損なわないか?ゲートは五分に出るか?走る気を失くさないか?
馬は強く、ファンもその走りを期待しているが 果たして…

サウンズオブアース
※ サウンズオブアース 4歳牡馬

実質は2勝馬だが、昨年の菊花賞 2着でもある。
ジャパンCでは、1角で押し込まれる不利を受け、
4角では外からプレッシャーをかけられ早目の仕掛け。
それでいて勝ち馬と0.3秒差の5着と頑張っている。
レース後のデムーロ騎手もかなり悔しがっていた。
走り慣れた右回りに戻って、スムーズな走りができればあるいは…
今年 G I レース 3勝のデムーロ騎手だけに怖さがある。

ショウナンパンドラ2
※ ショウナンパンドラ 4歳牝馬

この秋はエリザベス女王杯でなく、牡馬路線の王道を歩んできた。
その結果、ジャパンCという大金星を手中に収めている。
強い牝馬に間違いはないが、ソロソロ疲れもピークになる頃。
まして、激戦を闘ってきた反動は少なくないはず。
右回りにも中山にも良績は残しているが、ここも好走するという保証はない。
強く推すも良し!思い切って捨てるも良し!

3 に続く…

【2015有馬記念(G1)】出走馬徹底分析[1]~キタサンブラック他

 

【東京G1】 東京優駿 日本ダービー(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

no image

【ホープフルステークス2016】出走馬短評と予想のポイント

日 中山 ホープフルステークス! 2歳 ホープフルS 200m芝 G2 馬齢戦 来年のクラシ

記事を読む

paddock_06

【スプリングステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

スプリングステークス2017:予想のポイント 2017/3/19(日) 中山11R スプリング

記事を読む

中京ダート

【7/10(日)中京11RプロキオンS(G3)】馬券分析・予想

日  中京  プロキオンS・馬券分析! ネームバリューにとらわれない検討が必要な今回のメンバー

記事を読む

free10

小倉大賞典2017予想・馬券分析

小倉大賞典2017:馬券分析 2017/2/19(日) 小倉11R 小倉大賞典(G3)

記事を読む

ティーハーフ

【2015キーンランドカップ(G3)】1週前出走予定馬動向をチェック!

来週の札幌はキーンランドC! 函館スプリントSを豪快に追い込んだティーハーフ。

記事を読む