【レース回顧】2015朝日杯FS(G1)~リオンディーズが制覇!

阪神 朝日杯フューチュリティーステークスはリオンディーズが制覇!

リオンディーズ1

新馬戦に続き、デイリー杯2歳Sを制したエアスピネル。
血統的、武豊騎乗もあって、当然のように1番人気に支持された。

パドックでは、馬体はよかったが落ち着きがなく、少し気になった。
レースでの道中の位置、折り合いは申し分なかったが、
武豊騎手にしては珍しく、勝ちを意識しての早目の抜け出し。
そのため、ゴール前で一杯になってしまった…

そこに外から忍び寄ったのがキャリア2戦目のリオンディーズ。
デビュー戦が2000mで、今回は1600mの距離短縮。
行きたがる気性を考えてか、スタートしてすぐに下げ最後方から。
前半 3 Fが予想より速い34秒7には幸運もあった。
4角手前から徐々に進出して前を追う。
ひと追い毎に差を詰め、ゴール前でキッチリ捉えている。
まさに デムーロ騎手らしい冴えた騎乗だった。
勝ち時計は1分34秒4、上がりは47.1-34.4での決着。
馬体は仕上がり途上であり、エピファネイアの下だけに、
来年はクラシック路線歩むのではないだろうか…

3着はパドックで馬体の良さが目についたシャドウアプローチ。
道中は積極的にエアスピネルをマークしての競馬。
その分、末脚をなくしたが、粘りに粘って馬券圏内にとどまっている。

同じ厩舎のイモータルの馬体は垢抜けしていたが、
ムーア騎手のピンチヒッター武幸四郎騎手には荷が重過ぎた感…

ボールライトニングの馬体は良かったが、予想外に動けず。
この馬に1600mは微妙に長かったのかもしれない。

シュウジは今回もエアスピネルには先着できなかった。
体形を考えると、意外に短距離向きなのかも??

ショウナンライズは前に行き過ぎたのもあるだろうが、
首を使わない走法だけに、叩き合いになると劣勢になってしまう。

来週はホープフルSがあるが、リオンディーズがどの位置にあるのか、
興味津々で出走馬の走りを楽しみをジックリ見極めたい…

 

【予想公開】 ※朝日杯FS(G1)タワーオブロンドン・ダノンプレミアムの状態は・・・!?

【自信勝負】 ☆ターコイズS(G3)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【阪神競馬】 2歳マイル王決定戦!今週の注目『朝日杯FS(G1)』の注目予想情報はコチラ

【中山競馬】 ★ターコイズS(G3)荒れる牝馬ハンデ重賞を徹底予想★

この記事に対するコメント

  1. 猿人 より:

    確かにクラシック戦線考えたらホープフルの方がメンバー揃ったわな。シュウジやエアスピはクラシック路線は使わないやろし。
    これでホープフル勝った馬の方が最優秀2歳牡馬に選ばれたら面白いんやけどwwww

  2. 匿名 より:

    ホープフルSの登録馬見たけど、ホープフルの方がいいメンバー揃っているような気がする。

  3. 加藤雅司 より:

    川田さんはリオンディーズの騎手がデムーロ騎手ではなかったら引っ掛かっていたって思いますか?自分はデムーロ騎手だからこそピッタリ折り合わせて末脚を爆発させたと思いました。イモータルもムーア騎手なら折り合わせてうまくやっていたかもしれないと思ってしまいます。引っ掛かったり完全にスムーズさを欠いたイモータルは残念でした。

  4. さとやん より:

    イモータル、ムーアに浮気せずに戸崎騎手に依頼していればとレースが終わってから更に後悔でしょうね。無駄の多い騎乗でした。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

shinharaito

【レース回顧】2016ローズS(G2)~シンハライトが上々の滑り出し!

ローズSはシンハライトが強さをアピール! 上位3頭に秋華賞の優先出走権が与えられる闘いだが、

記事を読む

kawata_tuika18_960_720

アルゼンチン共和国杯2017結果/レース回顧|スワーヴリチャードが決める!

アルゼンチン共和国杯は3歳馬スワーヴリチャードが抜ける! 2017/11/5(日)開催 東京1

記事を読む

free33

京成杯AH2017結果/レース回顧|グランシルクが重賞制覇!

中山の京成杯オータムHはグランシルクが待望の重賞制覇! 2017/9/10(日)開催 中山11

記事を読む

ウキヨノカゼ1

【レース回顧】2015キーンランドカップ(G3)~ウキヨノカゼが勝利

札幌 キーンランドCはウキヨノカゼ! いやはや、恐れ入りました!ウキヨノカゼには…

記事を読む

ストレイトガール1

【レース回顧】2015ヴィクトリアマイル(G1)~ストレイトガール

東京 ヴィクトリアM・ストレイトガール! 区切りの第10回 ヴィクトリアマイルは大波乱

記事を読む