【12/20(日)阪神10R ベテルギウスS】馬券分析・予想

阪神 ベテルギウスS・馬券分析!

阪神競馬ダート

オープン特別の別定戦の2000mダート。
微妙な距離だけに、スタミナがないと乗り切ることができない。

※ 展開はどうなる?
思い切ってマイネルバイカが行けば、ストロングサウザーは控えて2番手から。
その後にトウシンイーグルがつけるが、前半で流れは落ち着くだろう。
前残りが多い2000mだけに、ドコフクカゼは早めの進出が必要となる。

※ ここまでの結論!

◎ 10 メイショウウタゲ
昇級戦になるが、1k軽くなる56kの斤量は有力馬が背負うだけに有利。
まだまだ荒削りなレース内容だが、いい脚が長く使えるのには好感が持てる。
しかも、終いは36秒の脚を使うのも心強い限り。

◯ 03 ドコフクカゼ
実績は文句ないが、今回は58kを背負ってのレースとなり、
自力で競馬をしないと勝てそうにない展開はつらい。
道中で なし崩しに脚を使ってしまうと、直線の坂で斤量が応えてしまう。

▲ 06 アスカノロマン
太目を叩いて前進は必至だろうが、京都ほどの走りはできない。
ただ、前走に比べると相手は軽いので、パドック気配をチェックして。

△ 11 モズライジン
休養を挟んで連勝しており、昇級戦ながら55kの斤量も推せる材料。
出遅れるのはネックだが、スローペースなら向こう流しで無理なく上がって行ける。
すべては鞍上の捌き次第で明暗が分かれるだろうが…

× 01 マイネルバイカ
仁川Sでドコフクカゼと差のない競馬をしているが、
同じマイネルでもデムーロ騎手はマイネルクロップに騎乗。
ということは、陣営は色気を持っていないということでは?

× 05 イッシンドウタイ
ブランクが長く、いきなりの58kはきつい。

× 04 トウシンイーグル
ムラ駆けの傾向にあり、今回は2k増の57kになるのも気掛かり。
直線の坂でイヤ気が差さなければいいが。

× 02 マイネルクロップ
春先はマーチSを勝った馬だが、この秋からの2戦が悪過ぎる。
怖いのは鞍上のデムーロ騎手くらい。

 

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

小倉競馬2

【3/6(日)小倉11R 太宰府特別】馬券分析・予想

日  小倉  太宰府特別・馬券分析! 日曜日 小倉のメインレース。1000万条件の芝1800m

記事を読む

東京競馬場3

【5/23(土)東京11Rモンゴル大統領賞】出走馬短評とレース展望

東京 モンゴル大統領賞! オープン特別のハンデ戦ともなれば実力差はなく、 メンバーを

記事を読む

京都競馬場

【10/11(日)京都11R オパールS】馬券分析・予想

京都 オパールS・馬券分析! レコード決着になりやすい京都開催の1200m電撃戦。

記事を読む

kokurakeiba

【2016/9/3(土)小倉11R 北九州短距離S】馬券分析・予想

土 小倉 北九州短距離S・馬券分析! 佐世保Sを参考にしながら分析をしたい。 今回は

記事を読む

阪神競馬4

【4/9(土)阪神9R 白鷺特別】出走馬短評と予想のポイント

土  阪神  白鷺特別! 長丁場は、馬の能力は勿論だが、騎手の腕がモノをいう。 定量戦だけに

記事を読む