【2015朝日杯FS(G1)】出走馬徹底分析[2]~シュウジ他

阪神 朝日杯FS・徹底分析! 2

朝日杯FS

今週は朝日杯フューチュリティーステークスが開催される。
牝馬の阪神ジュベナイル F は春先の桜花賞があるが、
2歳牡馬のマイル戦は長い先にあるNHKマイルが目標か…
それでも、しっかり賞金を加算しておかなければならず、
ここでのレース内容は軽く扱えない。さて、どうなるものか…

サイモンゼーレ
※ サイモンゼーレ

1勝馬だが、小倉2歳Sの2着があり、賞金が加算されて1000万に。
その小倉戦はシュウジに一蹴されており、
そのシュウジがデイリー杯で一蹴されている。
前走の内容からも、距離1600mは長い気がするので。

シャドウアプローチ
※ シャドウアプローチ

これまでが4戦2勝で、負けた前走がボールライトニングの0.2秒差3着。
立ち回りひとつでは逆転が可能な着差でもあり、悲観することはない。
距離を1200mから1400mに延ばし、内容からも1600mは克服できそう。
阪神の1400mで勝っており、コースに対する不安は払拭されている。
一見 地味な存在だが、侮ることはできない。

シュウジ1
※ シュウジ

デビューから3連勝し、小倉2歳Sの重賞制覇も含まれている。
走った距離は1200m、1400m、1600mで、すべて対応しているが、
前走のデイリー杯2歳Sは10k増の馬体とはいえ、やっとこさの2着。
逃げたこともあったが、行きたがる若い気性が課題に。
勝ち馬エアスピネルとの3馬身1/2の差は完敗でもあった。
阪神は直線に坂があるので、前走同様の逃げ作戦では息が保たないのでは?
差しに回った時、うまく折り合いがつくかどうかがポイントになる。

ショウナンライズ
※ ショウナンライズ

新潟でデビューし2着の後、未勝利戦順当に初勝利を挙げる。
そして、東京に戻っての昇級戦も難なくクリアして2勝目をマーク。
脚質は先行からの抜け出しで、危なげないレース内容。
ただ、これまでの3戦すべてが1400mであり、すべてが左回り。
今回は1ハロン距離が延び、初めての右回りにもなる。
これまでと同じような競馬ができるかどうか…
スピードだけでは押し切れない阪神の1600mなのだから。

3 に続く…

【2015朝日杯FS(G1)】出走馬徹底分析[1]~エアスピネル他

 

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free09

【アーリントンカップ2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/2/25(土)の阪神はアーリントンCです! 阪神11R アーリントンカップ(G3)

記事を読む

kawata_tuika08_960_720

紅葉ステークス2017/出走予定馬短評と予想のポイント

紅葉ステークス/予想のポイント 2017/10月29日(日)東京10R 紅葉S サラ系3歳上

記事を読む

ホワイトエレガンス

【2015秋華賞(G1)】出走馬徹底分析 [4]~ミッキークイーン他

京都 秋華賞!徹底分析 4 ※ ホワイトエレガンス 春先は1勝馬で目立たなかったが、北海

記事を読む

京都競馬場4

【5/9(土)京都11R京都新聞杯(G2)】馬券分析・予想

京都 京都新聞杯・馬券分析! ダービー東上の最終便、何としても賞金を加算しておきたい。

記事を読む

free19

【東京新聞杯2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2月5日の東京は東京新聞杯です! 東京11R 東京新聞杯 G3 芝1600m 4歳以上

記事を読む