【阪神ジュベナイルF2015】出走馬徹底分析[4]~メジャーエンブレム他

公開日: : 最終更新日:2016/12/08 重賞展望 , ,

阪神 阪神ジュベナイルF・徹底分析! 4

阪神ジュべナイルフィリーズ
今年の阪神ジュベナイルフィリーズは抜けた存在の馬はおらず混戦模様が予想される。
持ち賞金が1000万以上の馬が10頭、900万以上の馬が7頭。
1勝馬の出走は登録からすると9分の1確率となる。
ここは持ち賞金が900万以上の馬を取り上げることにしたい。

メイショウスイズキ
※ メイショウスイヅキ

小倉デビューが楽勝。その後ひと息入れて中山のサフラン賞に。
道中行きたがってしまい、直線は失速状態の6着だった。
しかし、京都に戻っての もみじSは33秒0の脚を披露しての差し切り。
続くファンタジーSは武豊騎手を配し万全の態勢で臨んだが、
前残りの展開とはいえ、終い差を詰めだけの6着。
走る脚はあるが、アテにできない気性なのかもしれない。
今回は阪神の1600mになり、中山戦と似た条件下での競馬に。
距離、直線の坂と、クリアしなければならない課題が残っている。

メジェルダ
※ メジェルダ

スピードだけではなく粘っこさを備えている。
1200mは忙しく、ムキになる気性ではないので、距離が延びた方がいい。
りんどう賞はウインミレーユとハナ差の2着、
ファンタジーSはキャンディバローズとアタマ差の2着。
このことからも、そんなに力差はないことが証明されており、
ユッタリ流れる阪神の外回りマイル戦なら、流れ次第では粘り込みも。
マイペースの逃げが叶うなら、前残りを想定しておいた方がいいかも…

メジャーエンブレム
※ メジャーエンブレム

デビュー戦が強い内容で、2戦目のアスター賞もクリアして連勝。
3連勝を目論んだアルテミスSも力で押し切ろうとしたが、
ゴール寸前で外から強襲に遭いクビ差の2着。
少し強引なレース運びだったし、馬もムキになっていた。
負けはしたが、これからの課題が浮き彫りになったのは収穫だったはず。
馬格はあり細化の心配はないので、差しに回る競馬で巻き返しを図る。

メジャータイフーン
※ メジャータイフーン

函館デビュー、初戦を飾り続く函館2歳Sは鋭く追い込んだが2着まで。
今回は長いブランク明けで、距離も1200mから一気に1600mに。
遠征競馬になり、輸送で平常心が保てるかどうかの不安もある。
これまでとは相手が違うのも引いてしまう因になり…

以上…

【2015阪神JF(G1)】出走馬徹底分析[1]~アットザシーサイド他

【2015阪神JF(G1)】出走馬徹底分析[2]~キャンディバローズ他

【2015阪神JF(G1)】出走馬徹底分析[3]~ブランボヌール他

【船橋競馬】 ※船橋記念(S3)徹底分析予想はこちらから

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

福島競馬場2

【4/23(土)福島11R 福島牝馬S(G3)】馬券分析・予想

土  福島  福島牝馬S・馬券分析! 1着馬にヴィクトリアMの優先出走権が与えられる。 混戦

記事を読む

東京競馬場4

【2016青葉賞(G2)】1週前出走馬動向をチェック!

★  4月30日はダービートライアル青葉賞! 皐月賞の後だけにメンバーは手薄になりますが、

記事を読む

2015kyoto_daishouten

京都大賞典2016予想・馬券分析

月 京都 京都大賞典・馬券分析! 暮れの大仕事を控えている面々の闘い。 そのためか、

記事を読む

ロワジャルダン2

【2016東海ステークス(G2)】ロワジャルダンが登場!

1月24日 中京の東海Sにロワジャルダンが登場! 中京の東海SはG2 の1800mダー

記事を読む

東京新聞杯2

東京11R 東京新聞杯 馬券検討

東京新聞杯を占う! 幾度となく対戦を繰り返している面々であり、 その時の勢力図は定まらぬ結果

記事を読む