東京11R 東京新聞杯 馬券検討

東京新聞杯を占う!

幾度となく対戦を繰り返している面々であり、
その時の勢力図は定まらぬ結果として表れている。
今回も同じことが言えそうで、一筋縄では収まりそうにない。
今年も昨年同様の万馬券決着になる可能性は十分にある。

※ 展開はどうなるのか?
確たる逃げ馬の存在はなく、マイネルメリエンダあたりが行きそう。
こんなケースは先行馬が定まらず、前がゴチャつく場合がある。
いずれにしても、決め脚を持っている馬がゴール前を賑わす。

※ 有力馬をチェック!
☆ ヴァンセンヌ…時間をかけて屈腱炎から立ち直った。
復帰して3連勝を果たしオープン入り、能力は高い。
西のきさらぎ賞を捨てて福永騎手はこの馬を選んでいる。
かなり条件は厳しいが、それを克服してしまうかも。
☆ エキストラエンド…昨年のこのレース2着馬。
昨夏に本調子から遠ざかっていたが、やっと復調の兆し。
府中のマイルは得意であり、鞍上にも不満はなし。
☆ サトノギャラント…太目をひと叩きして変身十分。
昨年夏場の対戦相手からは優位な立場にある。
東京コースは全6勝中5勝と相性は文句なし。
ただ、平成13年11月以来勝ち星から見放されている。
☆ シャイニープリンス…堅実な反面ヤヤ決め手に欠ける。
2カ月の休養がいい方に働くといいが。
☆ タガノグランパ…ダービー、菊花賞4着と力に遜色はない。
前走は古馬相手の G I 戦であり、いい経験になったはず。
デビュー時は短い距離を使っており、1400mで3勝を挙げている馬。
G ? メンバーなら見直しが必要では。気になる1頭。
☆ フルーキー…京都金杯は掛かり気味になり終い伸びず。
エキストラエンドとは1馬身チョットの差で悲観することはない。
初の東京コースだがさほど心配することはなかろう。
岩田騎手の捌きひとつで着順は決まる。
☆ マイネルメリエンダ…前走は丹内騎手の好騎乗でもあった。
決め脚はないが、渋太く粘っこい走りが売り物?
逃げ馬不在だけに、先行策なら面白いかも。
☆ リルダヴァル…復調気配にはあるが、良化度合はスロー。
鞍上は怖いが、8歳馬でもあり勝ち負けまではどうか。

※ 現状での評価は
◎ フルーキー
◯ エキストラエンド
▲ タガノグランパ
△ ヴァンセンヌ
△ サトノギャラント

 

東京新聞杯2

【必見情報】 ※神戸新聞杯(G2)レイデオロを負かし得る絶好の仕上げの注目馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 オールカマー(G2)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【阪神競馬】 ダービー馬登場!今週の注目『神戸新聞杯(G2)』の出走馬情報

【中山競馬】 ★オールカマー(G2)秋の主役へ名乗りを挙げる注目出走馬情報★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

地方競馬

平安ステークス2017予想/1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/5/20(土)京都は平安ステークスです! 2017/5/20(土) 京都11R

記事を読む

地方競馬2

ユニコーンステークス2017予想/1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017年6月18日の東京はユニコーンSです! 2017/6/18(日) 東京11R ユニコー

記事を読む

新潟競馬場ダート

【8/29(土)新潟11R BSN賞】出走馬短評とレース展望・予想

新潟BSN賞! 新潟の土曜メインはオープンのダート戦。 秋に向けて、足掛かりを掴みた

記事を読む

京都競馬場ダート

【5/17(日)京都11R栗東S】馬券分析・予想

京都 栗東S・馬券分析! お馴染みのオープン特別ダートのハンデ戦。 このあたりは図式

記事を読む

フェブラリーステークス

【2016フェブラリーS(G1)】出走馬徹底分析[3]ベストウォーリア他

フェブラリーS 徹底分析!  3   ☆  ベストウォーリア  6歳 昨年のフェ

記事を読む