【2015チャンピオンズC(G1)追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

公開日: : 最終更新日:2015/12/09 管理人より ,

いよいよ2015年のダート頂上決戦、チャンピオンズカップの発走が近づいてきましたが、
果たして今年のダート王はどの馬か?古豪か新鋭3歳か、注目の一戦となりそうです。只、力量的には拮抗した一戦と言えそうなだけにここは追い切りでの動きであったり
直前の状態面のチェックが不可欠と言えるのではないでしょうか。
まずは追い切りの動きから注目すべき馬をピックアップしておきましょう。

ホッコータルマエ追い切り
ホッコータルマエ
栗東坂路 54.2 39.6 25.4 12.3 G前追う

叩き良化型らしく坂路で一変の動きを披露、この前にも坂路51秒台をマークしているように
きっちりとここ目標に調子は上昇していることは間違いないと見ていいでしょう。
連覇の可能性も十分にある仕上がりと言えそうです。
後は展開面。コパノリッキーを見ながらの競馬とはなりそうですが、
折り合いに注文がつく馬でもないだけにここは中心的存在を担う馬となりそうです。

ローマンレジェンドおいきり
ローマンレジェンド
栗東坂路 52.3 37.7 24.3 12.0 一杯

岩田騎手を背にこちらも動きはキビキビ。休み明けを一度使って良化が伺えます。
昨年のエルムステークス以来勝ち星から遠ざかってはいますが去年のこのレース3着
今年のフェブラリーSも5着と崩れず走ってくる堅実味は評価していいもの。
大一番で冴え渡る騎乗を幾度となくしてきた鞍上岩田騎手。
最近は不調気味で武豊騎手にもリーディングで先を越されてしまってはいますが
そろそろお目覚めとなってもおかしくないのかもしれません。

コパノリッキー追い切り
コパノリッキー
栗東CW 82.9 66.4 52.3 38.7 12.4 G前追う

直前の追い切りは終いの反応を確かめる感じ。それでいて仕掛けられるとスッと反応し
ラスト1Fを12.4でまとめてくるのは好調の証と言っていいのではないだろうか。
何よりもこの馬は揉まれずに競馬できることが絶対条件とはなる馬。
今回は7番枠と内目の枠に入ってしまっただけに武豊騎手がどう乗るかどうか。
調子だけはしっかりと仕上がってきているだけにいかにスムーズに運ぶかが鍵だろう。

ノンコノユメ追い切り
ノンコノユメ
美浦W 69.5 53.9 39.4 13.0 直線追う

直線だけ脚を伸ばす軽めの追い切りではあったものの、中2週である点と
この馬の馬格を考えるとそこまで強い追い切りは不要であったということか。
派手なデモンストレーションというよりは至って静かな最終追い切りであったように見える。
武蔵野S同様の木曜追い切りの前日入厩でレースには臨むということではあるが
今回は中京への輸送があるだけにそれがどう影響してくるかはパドック状態で判断したいところ。

上位馬が抜かりない仕上がりであると伺えますが、そうなれば当日気配や展開面などが
着順にも影響してきそうな一戦。ハナに行くのはコーリンベリーかと想定されますが、
香港からの刺客、ガンピットの動向も気になるところではあります。

 

中京ダート
近年めきめきとレベルがあがってきているダート戦線だけに目の離せない一戦となりそうです。
ここから東京大賞典へとダート路線も年末のビッグレースが目白押しとなるだけに
盛り上がりを見せることは間違いナシ!

当日の中京競馬場は様々なイベントが実施されることもあることから
是非中京競馬場へも脚を運んでみてください!
それでは週末、皆さんのお手元に幸運の馬券がありますことをお祈りしております。

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

埼玉新聞栄冠賞

【10/28浦和競馬予想】埼玉新聞栄冠賞(S3)で天皇賞秋を前に的中ゲット!

菊花賞でキタサンブラックが抜けて馬券を外したという声を多く聞きますが、 今週末は天皇賞(秋)が

記事を読む

宝塚記念4

★春のG1レース8戦7勝★宝塚記念はこの組み合わせでキマリ!

年末の有馬記念と並んで上半期のグランプリとして競馬ファン注目のレース 宝塚記念の発走がいよ

記事を読む

レース画像

★2/21(土)注目馬情報★

皆さんこんばんは、管理人の弟子です。 さて、今週川田さんが公開しました記事の中より

記事を読む

中京記念

★2015中京記念(G3)★必勝の馬券予想術を大公開!

今年も波乱なのか?夏のマイルシリーズ開幕戦の中京記念(G3)が7/26(日)に 中京競馬場で発

記事を読む

宝塚記念3

【2015宝塚記念(G1)】ゴールドシップ・エピファネイア他、有力馬近況まとめ

安田記念が終われば宝塚記念!さあ今年はどんなレースになるのか、 ここ数年はもうこの馬しかいない

記事を読む