【12/6(日)中京11R チャンピオンズC(G1)】馬券分析・予想

中京 チャンピオンズC・馬券分析!

チャンピオンズカップ

個性溢れる実力馬16騎がパワー自慢を披露する。
定量戦でごまかしは利かず、スタミナと力強い伸びを必要とする。
ホッコータルマエの連覇はあるのだろうか…

※ 展開はどうなる?
テンの速さはコーリンベリーに敵う馬はいないだろう。
コパノリッキーは行きたくても行けず、2番手からの競馬を余儀なくされる。
その後にクリノスターオーとホッコータルマエが続く。
他にも前でレースを進めたい馬が数頭いて、流れは遅くなることはない。
展開は差し、追い込みが有利でも、ジックリ構え過ぎると差し届かない。

※ 有力馬をチェック!
☆ ガンピット…前回の60kから今回の57kの3k差はダート戦だけに大きい。
ただ、日本の強力馬相手にどこまで通用するかは疑問。
叩き2走目ながら、飛行機輸送を挟んでの連闘に近いローテーションも気になるが。
☆ クリノスターオー…気を抜く性格、4角でモタつくだけに。
☆ グレープブランデー…G I 制覇は昔の話。前走内容は今ひとつで一変までは。
☆ コパノリッキー…実力上位は明白だが、今回はマイペースの逃げは無理。
相手のペースで競馬を進めざるを得ず、他馬のマークもきつい。
外枠に速い馬がいるので、被せられ砂を被る可能性はある。
武豊騎手がどんな捌きを見せるのか?
☆ コーリンベリー…短距離の走りが身についており、息が保つかどうかが鍵に。
とにかく、ハナを切り行くだけ。
☆ サウンドトゥルー…この秋2戦は高い評価が与えられるが、
中央のこのメンバーでどこまで通用するのかがポイントに。
☆ サンビスタ…地方交流戦では強い競馬をしているが、
今回は牡馬が相手になるだけに、割引いて考える要素がありそう。
☆ ダノンリバティ…前走は使い込んできた疲れが出たかも?
上積みは薄く、今回は斤量が2k増えるので。
☆ ナムラビクター…昨年は2着と頑張ったが、デムーロ騎手のも見限られて。
☆ ノンコノユメ…久々、初の古馬相手、そして58kの斤量も克服した前走。
今回は2k軽い56kになり、切れが増すことは必至。
1番枠だが、後ろから追走するので問題はないはず。
展開利も見込めるので、休み明け好走の反動さえでなければ。
☆ ホッコータルマエ…昨年の覇者。その強さは周知の通り。
前走の3着内容は不満だが、トライアル戦と捉えれば一変は十分にある。
13番枠から、内のコパノリッキーを見ながらレースを進める。
☆ ロワジャルダン…みやこSは前崩れで、インを立ち回っての勝利。
今回は外枠だけに、まだ全面的な信頼を置くことはできない。
☆ ローマンレジェンド…ここも大崩れなく上位争いに加わるだろうが、
ハッキリ言って、以前のパワフルな走りは期待できない。

※ ここまでの結論!
◎ 01 ノンコノユメ
◯ 13 ホッコータルマエ
▲ 14 ガンピット
△ 07 コパノリッキー
★ 09 ローマンレジェンド

【2015チャンピオンズC(G1)】出走馬徹底分析[1]~ガンピット他

【2015チャンピオンズC(G1)】出走馬徹底分析[2]~コパノリッキー他

【2015チャンピオンズC(G1)】出走馬徹底分析[3]~ノンコノユメ他

【2015チャンピオンズC(G1)】出走馬徹底分析[4]~ホッコータルマエ他

 

【大井競馬】 帝王賞(Jpn1)大井競馬を徹底予想

【福島開幕】 ★ラジオNIKKEI賞(G3)予想に役立つ出走馬分析情報★

【中京開幕】 『CBC賞を的中したい人必見』出走馬分析&データ分析はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

エリザベス女王杯

【11/15(日)京都11R エリザベス女王杯】馬券分析・予想

京都 エリザベス女王杯・馬券分析! 名誉ある牝馬の頂点を決める闘い。 他にも強い牝馬

記事を読む

中京競馬場

【2016中京記念(G3)】出走馬短評と予想のポイント

日  中京  中京記念! リニューアルしてからの中京記念の1番人気は散々たる成績。 逃げ切り

記事を読む

皐月賞2016

【4/17(日)中山11R 皐月賞(G1)】 馬券分析・予想

日 中山 皐月賞・ 馬券分析! クラシック 第1弾 皐月賞。 今年は3 強 の闘いと

記事を読む

イスラボニータ

【重賞展望】2015中山記念(G2)

東・中山記念! いよいよ超一流の古豪が春の G I に向け始動を開始する。 昨年、ジ

記事を読む

uma_01

【ファルコンステークス2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/3/18(土)の中京はファルコンSです! 中京11R ファルコンステークス(G3)

記事を読む