【競馬コラム】ハンデ戦の斤量はどう決めるのか?

公開日: : 競馬コラム ,

ハンデ戦の斤量はどう決めるのか?

中山競馬場

毎週のように設定されているハンデ戦ですが、
各馬の斤量はどうやって決めているのでしょうか?
分かりやすく、簡単に説明します。
ご存知の方はスルーしながら読んでください。

ハンデ戦の基本は、出走各馬がゴール地点で横一線になることですが、
現実的には、ほとんどあり得ないことです。
年に数回、何頭かが横並びでゴールし、写真判定になる事はありますが…

今の時期の定量戦の斤量を見てください。
2歳牡馬は55k、牝馬は54k。
3歳牡馬は56k、牝馬は54k。
4歳以上は牡馬が57kで、牝馬は55k。
これがベースになって、ハンデが考えられます。

そこに、これまでの成績が加味され、増えたり減ったりします。
例えば、
前走で2着に来たとすれば、ハンデは増え、凡走だと据え置きか、軽減。
勝ち上がった昇級戦の馬は、増えることはなく、そのままか、軽減されます。
休養明けでも、過去に実績のある馬は、減るどころか増えるケースがあります。
たまにある 『 ハンデが見込まれ過ぎ 』 はこのあたりから発せられます。

ですから、
いまの時期だと、4歳以上の実績馬がハンデ頭となる可能性が高く、
3歳馬は成績が良くても、一気にハンデを課せられることはありません。

安易に言うなら、
ハンデの斤量を背負う馬は強く、軽い馬は弱い。

しかし、その通り決まらないのが競馬であり、
“ ハンデ通りにいかない ” と痛感しているのが 、JRAではないでしょうか…

【特別公開】 中山記念(G2)リアルスティールを負かすならコノ馬です!

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

コトブキライアン

【競馬コラム】ばんえい競馬15歳・コトブキライアン

コトブキライアンのように! ばんえいで最年長馬のコトブキライアンが勝利した。 年齢は

記事を読む

厩舎

【競馬コラム】競走馬におけるキュービック効果!

競走馬・キュービック効果! 先日、車で1時間半かけて近郊にある放牧先を訪ねた。

記事を読む

検量インタビュー

【競馬コラム】写真判定直後の黒板!

☆  写真判定直後の黒板! チューリップ賞に続き、桜花賞も2頭の叩き合いの接戦。 シ

記事を読む

馬券売場

【競馬コラム】自分が馬券を買った軸馬を追う!

☆  自分が馬券を買った軸馬を追う! みなさんは自分が軸にして買った馬をどんなふうに追いかけて

記事を読む

ゴールデンホーン

凱旋門賞 トレヴ 3連覇成らず!

凱旋門賞 トレヴの3連覇 成らず! 昨年までと違い、今年は日本馬の参戦がなく、マスコミ

記事を読む