【11/29(日)東京11R ジャパンC(G1)】馬券分析・予想

公開日: : 重賞展望

東京 ジャパンC・馬券分析!

ジャパンカップ

外国馬の存在は気になるが、思い切っての取捨を!
この後に有馬記念が控えており、ここを叩き台にする馬もいる。
そのあたりを考慮しながら…

※ 展開はどうなる?
額面通りならイトウが逃げそうだが、ハナに立つかどうかは疑問。
カレンミロティックは前で競馬をするのは確か。
いずれにしても速い流れになることはないだろう。
ゲート不安定なゴールドシップではなく、
ラブリーデイが中心になってレースが構成されていく。
淡々とした流れも4角まで、そこから一気に出入りが激しくなる。

※ 有力馬をチェック!
☆ アドマイヤデウス…着順は悪いが、岩田騎手のレース後のコメントは強気。
もしそうだとすると、4歳馬でもあり一変の要素をはらんでいる。
☆ イトウ…前々で競馬をするだろうが、今の東京で前残りは至難のワザ。
ここは遠慮してもらおう。
☆ イラプト…凱旋門賞5着は評価できるし、まだ若い3歳馬でもある。
おそらく、今回の外国馬の中では一番の評価ではないだろうか。
日本の馬場、速い時計の決着でどこまでやれるか。
☆ ゴールドシップ…ゲート難が解消されたわけではなく、
おそらくここは有馬記念に向けての叩き台ではないだろうか?
☆ サウスオブアース…菊花賞2着馬だが、未だ2勝馬の身。
前走の2着からも怖さはあるが、買ったとしても押さえまで。
☆ ショウナンパンドラ…メイチの目標は天皇賞だったはず。
今回は距離も延び、叩き3走目で伸びしろは見込めない。
☆ トリップトゥパリス…レベルの低いオーストラリアでも勝てなかったし、
外国回りをして、目に見えない疲れも心配される。
☆ ナイトフラワー…キャリアの浅い3歳牝馬で、実質2勝馬。
日本のレベルは、外国が思うほど低くはないはず。
☆ミッキークイーン…これからは古豪の牡馬が相手になる。
強い3歳牝馬だが、そのあたりは割引いて考える必要があるだろう。
☆ ラストインパクト…モタつく現状だが、春の天皇賞は最速の脚で4着。
今回は若い菱田騎手から、ベテランでうまいムーア騎手に手替りする。
買い目があるとすればソコ!では。
☆ ラブリーデイ…充実一途で向かうところ敵なし。
重賞馬相手に4連勝ができるのは強い!から。
ソロソロ疲れが心配されるが、ここは 『 ゲスの勘ぐり 』は捨てて。

※ ここまでの結論!
◎ 01 ラブリーデイ
◯ 06 ラストインパクト
▲ 17 アドマイヤデウス
△ 11 ミッキークイーン
△ 08 イラプト

【2015ジャパンカップ(G1)】出走馬徹底分析[1]~ゴールドシップ他

【2015ジャパンカップ(G1)】出走馬徹底分析[2]~ショウナンパンドラ他

【2015ジャパンカップ(G1)】出走馬徹底分析[3]~ナイトフラワー他

【2015ジャパンカップ(G1)】出走馬徹底分析[4]~ラブリーデイ他

【2015ジャパンカップ(G1)を斬る!】

 

【G1開幕】 電撃スプリント!今週の注目『スプリンターズS(G1)』の出走馬情報

【阪神競馬】 ★シリウスS(G3)でスプリンターズSの軍資金調達したい人はクリック★

【船橋競馬】 日本テレビ盃(Jpn2)いきなりダート頂上決戦!予想公開中

この記事に対するコメント

  1. やまさん より:

    自分、 ゲスの勘ぐりしてラブリーデイを切って、ミッキークイーンから馬券買ってみます。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika20_960_720

関屋記念2017結果/レース回顧|マルターズアポジーが逃げ切る!

新潟 関屋記念は マルターズアポジーが逃げ切る! 2017/8/13(日)開催 新潟11R 関

記事を読む

日本ダービー2016

【2016日本ダービー(G1)】出走馬徹底分析[2]ディーマジェスティ他

日  東京  日本ダービー・ 徹底分析!  2   第83回日本ダービー(GI) 2400m芝

記事を読む

中山競馬場2

【9/27(日)中山11R オールカマー(G2)】馬券分析・予想

中山 オールカマー・馬券分析! 1番人気が勝ち負けしている傾向にあり、2着を外した時は

記事を読む

中山競馬場

【2016スプリングステークス(G2)】出走馬短評と予想のポイント

日  中山  スプリングステークス!   弥生賞と並ぶ皐月賞に直結したトライアルレース。 上

記事を読む

京都競馬場6

【1/10(日)京都11R シンザン記念(G3)】出走馬短評とレース展望・予想

日 京都 シンザン記念! 即 クラシックに繋がるとは言い難いが、大事な一戦に変わりはな

記事を読む