【2015ジャパンカップ(G1)】出走馬徹底分析[2]~ショウナンパンドラ他

公開日: : 最終更新日:2015/11/25 重賞展望 ,

ジャパンカップ1

東京 ジャパンC・徹底分析! 2

サウンズオブアース
※ サウンズオブアース 4歳牡馬
これまでが13戦2勝で、目立つ勝ち鞍はない。
では、なぜオープンに在籍しているのだろうか?
菊花賞で2着、京都大賞典の2着で、賞金を加算しているからに他ならない。
G I レースの戦歴を見ると、菊花賞 2着、春の天皇賞が9着。
スピードよりスタミナタイプで、使っている距離は中距離以上。
天皇賞の後に休養に入り、秋は京都大賞典 2着を叩いての臨戦過程。
鞍上にM・デムーロ騎手を配してのジャパンC挑戦になるが、
これまでの成績やレース内容を分析すると、手は出しづらい。
G I 制覇は口で言うよりは、もっともっと難しいものなのだから…

ジャングルクルーズ
※ ジャングルクルーズ 6歳騸馬

2014年10月の東京戦から、2015年8月の札幌戦までで4戦3勝。
ある意味では “ 昇り馬 ” と言えるが、いかにもキャリア不足。
強豪相手に揉まれていないのは、差に表れてしまうだろう。
2400mは9戦して、2勝、2着2回はあるが、これも条件戦での成績。
ここは胸を借りる気持ちでの挑戦となりそうだ。

ショウナンバッハ
※ ショウナンバッハ 4歳牡馬

前走勝って昇級戦、しかも、いきなりの G I 挑戦となる。
確かに 『 昇り馬 』かもしれないが、斤量は2k増えてのこの相手。
小休止はあったが、夏場からコンスタントに使われており、
これ以上のデキは望めないだろう。

ショウナンパンドラ1
※ ショウナンパンドラ 4歳牝馬

宝塚記念で3着、休養明けのオールカマーでは見事な追い込み。
エリザベス女王杯の選択肢はあったが、牡馬相手の秋天皇賞にチャレンジ。
15番枠が当たり、ロスのある後方からの競馬だったが、
直線は最速の脚を使って、ラブリーデイから0.2秒差の4着に。
内目の枠が当たっていれば、もっと際どい競馬ができていただろう。
今回は距離が2ハロン延びて2400mになり、更に相手も強化される。
しかも、今度で叩き3走目になるので、上積みの点で?マークが付く。
激走のあとだけに、疲労残りは考えておきたいところ。

※ スーパームーン 6歳牡馬 ( 次点 )
東京コースに実績はあるが、ここに入ると実績不足は否定できない。
ハンデ戦ならまだしも、定量戦ではいかにも分が悪い。
たとえ、出走が叶ったとしても、“ ガレキも山の賑わい ” でしかない。

3に続く…

【2015ジャパンカップ(G1)】出走馬徹底分析[1]~ゴールドシップ他

 

 

【大井競馬】 帝王賞(Jpn1)大井競馬を徹底予想

【福島開幕】 ★ラジオNIKKEI賞(G3)予想に役立つ出走馬分析情報★

【中京開幕】 『CBC賞を的中したい人必見』出走馬分析&データ分析はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ゴールドシップ

【2015宝塚記念(G1)】現状の出走予定馬と展望

前半を締めくくる宝塚記念! 6月28日まで、まだ日数はあるが、早くも周りは騒ついている

記事を読む

阪神競馬場

【2016阪神牝馬ステークス(G2)】1週前出走馬動向をチェック!

4月9日 阪神は阪神牝馬Sです! 阪神牝馬S 1600m芝G2 の闘い。 昨年の勝ち馬カ

記事を読む

no image

【アメリカJCC2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/1/22(日)の中山はアメリカJCCです! 中山11R アメリカJCC G2 芝22

記事を読む

新潟競馬場2

【2015新潟記念(G3)】出走馬短評とレース展望

新潟 新潟記念! 1番人気が不振で、高配当が続出する波乱のレース。 馬場が荒れてきて

記事を読む

ヴィクトリアマイル

【2016ヴィクトリアマイル(G1)】出走馬徹底分析[1]ウインプリメーラ他

日  東京  ヴィクトリアM・徹底分析!  1   ヴィクトリアマイルは春のマイルGI第2弾

記事を読む