【11/21(土)京都11R アンドロメダS】馬券分析・予想

公開日: : 最終更新日:2016/07/25 レース展望

京都 アンドロメダS・馬券分析!

京都競馬場7

オープン特別のハンデ戦でメンバーは手薄。
安易に考えていると、意外な落とし穴があるかも…

※ 展開はどうなる?
メイショウウズシオかトラストワンがハナを切りそう。
その後ろにケツァルテナンゴがつける。前半から流れは落ち着くだろう。
切れる脚を持っている馬はいないので、早めに動かないと差し込めない。
前が残る可能性は高いかも…

※ 有力馬をチェック!
☆ アルバートドック…ここ2戦は冴えないが、春先は重賞戦で健闘しており、
54kのハンデとメンバー構成を考えれば、軽い扱いはできない。
☆ アロマカフェ…休養明け緒戦の内容が平凡。
8歳馬でもあり、大幅な変わり身は求めづらい。
☆ ケツァルテナンゴ…昇級戦になるが、3歳馬で勢いはある。
しかし、同じ3歳馬アルバートドックと比較すると物足りなさも。
☆ トウシンモンステラ…ひと叩きしての2戦目で、前走内容は悪くない。
休養前に比べれば、随分と闘いやすいメンバーになっている。
ハンデの54kも恵まれた感じがするし。
☆ トラストワン…休養明けでいきなりの10k減の馬体は嫌気だが、
目黒記念ではトウシンモンステラに先着しており、ここは展開利も見込める。
☆ トーセンレーヴ…休養明けでトップハンデの57kはきついものがある。
2000mは得意の距離で、京都コースの相性もいいが、
今年は順調さを欠いており、信頼度合いは高くない。
☆ マデイラ…ムラ駆けでアテにならない気性だが、京都は得意のコース。
七夕賞、小倉記念だけ走れば、ここなら上位争いも可能だが。

※ ここまでの結論!
◎ トウシンモンステラ
◯アルバートドック
▲ トラストワン
△ トーセンレーヴ

 

【浦和競馬】 ※しらさぎ賞(S3)徹底分析予想はこちらから

【天皇賞春】 天皇賞春(G1)淀の3200mを制するのはこの馬しかいない!←絶賛公開中

【東京競馬】 いざダービーへ『青葉賞(G2)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場3

【6/6(土)東京10R稲村ヶ崎特別】馬券分析・予想

東京 稲村ヶ崎特別・馬券分析! 1000万特別だが、なかなかのレベルで見応えがありそう

記事を読む

ツクバアズマオー

【1/24(日)中山10R 東雲賞】注目馬はこの1頭!

日 中山 東雲賞・注目馬! ☆ ツクバアズマオー 父 ステイゴールド - 母 ニュー

記事を読む

free11

寒椿賞 2017 予想・馬券フォーカス

寒椿賞 2017 / 予想・馬券フォーカス 2017/12/2(土) 中京10R 寒椿賞 2

記事を読む

阪神競馬場2

【6/19(日)阪神11R米子ステークス】出走馬短評と予想のポイント

日  阪神  米子 ステークス! オープン特別の1600m芝、別定戦。 イキのいい4歳馬、充

記事を読む

ワーキングプライド

【10/18新潟10R 粟島特別】注目馬はこの1頭!

新潟 粟島特別・注目馬! ☆ ワーキングプライド 父 ハービンジャー - 母ワーキン

記事を読む