【レース回顧】2015武蔵野ステークス(G3)~ノンコノユメが決める!

東京 武蔵野Sはノンコノユメが決める!

ノンコノユメ2

レベルの高さから、注目は3歳馬に集まった。
キャリアは浅いが、4連勝中のモーニンは格負けしない体つき。
ゴールデンバローズは、うるさかったが体はできていた。
そして、久々ノンコノユメは力を出せる仕上がりで張りも上々。

レースはセカンドテーブルが引っ張り、2番手がニシケンモノノフ。
前半の3 F を34秒4、快調過ぎるほどで流れを作る。
好位のモーニンとゴールデンバローズは、満を持して直線を向くが、
絶好位につけたタガノトネールが抜け出しを図る。
モーニンはなかなか前との差を縮めることができない。

そこへ大外から凄い脚で追い込んできたのがノンコノユメ。
ゴール寸前でタガノトネールを捉えて優勝!
勝ち時計は1分34秒7、上がりは48.6-36.5。

450kほどの馬に58kの斤量を心配したが、雨で下が締まってくれたのは幸い。
春までの切れはそのままで、この先が楽しみになってきた…

2着タガノトネールは勝ちに等しい内容だった。
勝ち馬を誉めるしかあるまい。

3着はモーニン。初のオープン馬を相手によく頑張っている。
今日の負けは必ず先々に繋がるはず。

ゴールデンバローズの課題はイレ込みではないだろうか…

グレープブランデーは見せ場は作ったが、最後は息切れ状態に。

ノンコノユメの強さが浮き彫りになった武蔵野ステークスだった。

 

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

satonoaresu

【朝日杯フューチュリティステークス2016レース回顧】サトノアレスが決める!

阪神 朝日杯FSはサトノアレスが決める! 阪神 朝日杯FS 1600m芝 G I 馬齢戦

記事を読む

kuramontana

【レース回顧】2016小倉記念(G3)~7歳馬クランモンタナが勝利!

小倉記念は7歳馬クランモンタナ! 腹回りに余裕を覚えたクランモンタナ。 逃げるメイショウナル

記事を読む

フルーキー

【レース回顧】2015チャレンジC(G3)~フルーキーの末脚が炸裂!

阪神 チャレンジCはフルーキーの末脚炸裂! またまたM・デムーロ騎手が重賞制覇した。

記事を読む

レーヴミストラル2

【レース回顧】2016日経新春杯(G2)~レーヴミストラルが猛追!

京都 日経新春杯はレーヴミストラルが追い込む! 若い4歳馬の闘いになるのか?古豪が意地

記事を読む

スマートレイアー東京新聞杯

【レース回顧】2016東京新聞杯(G3)~スマートレイアーが逃げ切る!

東京新聞杯はスマートレイアーが逃げ切る! 人気は4歳馬の2頭で、逃げ馬不在のレースに。

記事を読む