【レース回顧】2015武蔵野ステークス(G3)~ノンコノユメが決める!

東京 武蔵野Sはノンコノユメが決める!

ノンコノユメ2

レベルの高さから、注目は3歳馬に集まった。
キャリアは浅いが、4連勝中のモーニンは格負けしない体つき。
ゴールデンバローズは、うるさかったが体はできていた。
そして、久々ノンコノユメは力を出せる仕上がりで張りも上々。

レースはセカンドテーブルが引っ張り、2番手がニシケンモノノフ。
前半の3 F を34秒4、快調過ぎるほどで流れを作る。
好位のモーニンとゴールデンバローズは、満を持して直線を向くが、
絶好位につけたタガノトネールが抜け出しを図る。
モーニンはなかなか前との差を縮めることができない。

そこへ大外から凄い脚で追い込んできたのがノンコノユメ。
ゴール寸前でタガノトネールを捉えて優勝!
勝ち時計は1分34秒7、上がりは48.6-36.5。

450kほどの馬に58kの斤量を心配したが、雨で下が締まってくれたのは幸い。
春までの切れはそのままで、この先が楽しみになってきた…

2着タガノトネールは勝ちに等しい内容だった。
勝ち馬を誉めるしかあるまい。

3着はモーニン。初のオープン馬を相手によく頑張っている。
今日の負けは必ず先々に繋がるはず。

ゴールデンバローズの課題はイレ込みではないだろうか…

グレープブランデーは見せ場は作ったが、最後は息切れ状態に。

ノンコノユメの強さが浮き彫りになった武蔵野ステークスだった。

 

【大井競馬】 ※TCK女王盃(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【波乱重賞】 シルクロードS(G3)京都競馬徹底攻略予想!←絶賛公開中

【東京開幕】 砂の強豪終結!今週の注目『根岸S(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ラブリーデイ天皇賞

【レース回顧】2015天皇賞(秋)~宝塚記念に続きラブリーデイが制覇

東京 天皇賞はラブリーデイが制覇! この秋、一番の盛り上がりを見せた第152回 天皇賞

記事を読む

race

【エンプレス杯2017結果/レース回顧】ワンミリオンスが鮮やかな勝利!

川崎 エンプレス杯はワンミリオンスが鮮やかな勝利! 2017/2/1(水)開催 川崎11R エ

記事を読む

ヌーヴォレコルト2

【重賞回顧】2015中山記念(G2) ヌーヴォレコルト

中山記念・ヌーヴォレコルト! 少頭数ながら中身は濃く見応えのあるレース。 馬券を離れ

記事を読む

松若風馬

【2015小倉記念(G3)】松若騎手アズマシャトルが嬉しい重賞制覇

小倉記念・松若騎手アズマシャトルで制覇! 今年はパンパンの良馬場でスタートが切られた。

記事を読む

ベルカント

【レース回顧】2015アイビスサマーダッシュ(G3)~ベルカント

新潟 アイビスサマーDはベルカント! なんだかんだと言いながらも、1000m競馬は外枠

記事を読む