【2015デイリー杯2歳ステークス(G2)】出走馬短評とレース展望・予想

京都 デイリー杯2歳ステークス!

京都競馬場4

3勝挙げているのはシュウジだけ、残りは1勝馬での闘い。
過去10年を振り返ると、1番人気は 4勝、2着3回、3着1回の成績。
果たして、シュウジを負かす馬は現れるのか…

※ ウォーターミリオン
初戦勝ちが、前半は後方に位置し、道中で一気にハナに立ち押し切ったが、
時計は1分24秒9、上がり48.4-35.1は速いとは言えなかった。
メンバーに恵まれた感は強く、パドックでは馬っ気を出す若さも。
まだまだ荒削りな面もあり、シャキッとするのは年を明けてからでは…

※ エアスピネル
父がキングカメハメハ、母はエアメサイア、
その母の母はエアデジャヴーという超良血馬。
480kのしっかりした馬体の造りには雰囲気を感じさせるモノがある。
初戦が好位からアッサリ抜け出し、マイル戦で1分34秒5の好時計勝ち。
33秒9の末脚で、2着馬との2馬身差には余裕もあった。
期待は大きいが、馬場入りするまでがうるさかったので、
叩き2走目でテンションが上がっていなければの条件付き。

※ シュウジ
ここまで重賞レースを含め3連勝中。ひと息入れての登場となる。
初戦は1400m逃げ切り、2戦目は距離を1600mに延ばし連勝。
そして、3戦目は距離を一気に短くした1200mの小倉2歳S。
ヤヤ重馬場で、差しに回って2着馬に2馬身1/2の着差をつけ快勝。
いろんな距離を経験し、渋化の馬場もクリアし、とどまることを知らない。
今回は初の京都コースになるが、アッサリ克服する可能性は高い。

※ ナイトオブナイツ
阪神でデビューし1200mで4着、2戦目の京都1400mで初勝利。
428kの馬体は維持できており、勝ち時計1分21秒7は優秀。
ソコソコ前で競馬ができ、終い確実に伸びるのはいいが、
今回は更に距離が延び、メンバーも強力だけにどこまでやれるか。

※ ノーブルマーズ
休み明けの萩Sは12k増の馬体もあり4着、しかし着差は僅か0.2秒。
速い持ち時計はないが、1600mに実績があり、叩いた上積みはありそう。

※ メイプルキング
452kと小柄だが、なかなか小気味いい走りをする馬。
テンに置かれはしたが、直線の伸びは上々で差し切りの勝利。
2着馬との差は3馬身1/2あり、1分23秒3の時計も悪くない。
ただ、ローテンションが詰まり、キャリアも1戦だけ。
素質はあっても、若い気性の初コースは気になるところ。

※ ラハトケレブ
昇級戦の前走が大きく崩れて1秒2も離されてしまっている。
今回は1600mの距離短縮もあり、一変は難しそう。

※ リッチーリッチー
体が絞れた2戦目で勝利を手にしているが、勝ち時計は平凡。
スピードタイプの印象はなく、マイル向きとは思えないが。

エアスピネル

超良血馬のエアスピネルの走りに注目したい。

 

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【浦和競馬】 桜花賞(S1)南関東競馬必勝☆3連単予想はこちらから!

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free08

アーリントンカップ2017予想・馬券分析

アーリントンカップ2017:馬券分析 2017/2/25(土) 阪神11R アーリントンカップ

記事を読む

天皇賞春1

【2015天皇賞(春)】出走馬短評とレース展望

京都 春の天皇賞! 前哨戦は日経賞、阪神大賞典、大阪杯となり、 結果より内容が問われ

記事を読む

小倉競馬場景色

【2016小倉記念(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

8月7日の小倉は小倉記念! 小倉記念 2000m芝のG3ハンデ戦。 昨年はアズマシャトル

記事を読む

天皇賞春1

【5/3(日)京都11R第151回天皇賞 春(G1)】馬券分析・予想

第151回 天皇賞・馬券分析! フェノーメノの3連覇がかかっていたが出走を回避した。

記事を読む

宝塚記念2016

【2016宝塚記念(G1)】今年の宝塚記念は何かが違う!

☆今年の宝塚記念は何かが違う! 前半の競馬の締めくくりは、ファン投票による宝塚記念です。

記事を読む