【2015エリザベス女王杯(G1)】出走馬徹底分析[2]~ヌーヴォレコルト他

公開日: : 最終更新日:2015/11/11 重賞展望

京都 エリザベス女王杯・徹底分析! 2

タガノエトワール
※ タガノエトワール 4歳
12戦3勝。2000m、1800m、1600mで勝利している。
地味な成績と言えるが、軽視できない経歴を残している。
3歳時は1勝馬の身で、ローズS 2着、秋華賞は3着と健闘しており、
ヴィクトリアM 16着の後、休養し、秋競馬は2走目で勝利しているのだ。
ただ、今回は叩き3走目になり、大きな変わり身はどうだろうか?
2200mは未経験で、2000mでは3戦して1勝の成績。
父はキングカメハメハ、母系がサンデーサイレンスだけに、
もっと活躍してもおかしくはないが、勢いだけで勝てないのが G I レース。

タッチングスピーチ
※ タッチングスピーチ 3歳
ローズSを勝って注目度はアップしたが、秋華賞では6着がやっと。
終いを生かすレースでこそ切れるが、そうなると展開に左右されてしまう。
逆に、ソコソコ前で競馬を進めると、スパッと切れる脚は使えない。
2000mで2勝を挙げているが、今回の2200mがプラスに働くとは思えず。
ガサのない3歳馬だけに、秋華賞後の馬体の具合も気になるところ。
今回で休み明け4走目になるので、大きな上積みも見込めないし…

ヌーヴォレコルト2
※ ヌーヴォレコルト 4歳
昨年の女王杯が悔しいクビ差の2着、今年こそ!の意気込みで挑んでくる。
ヴィクトリアMは距離不足もあり平凡に終わっているが、
中山記念で勝利し、宝塚記念では0.3秒差の5着と頑張っている。
そして、秋緒戦がオールカマーでゴール寸前で交わされ2着。
いい感じの叩き2走目で今回を迎えるし、自在性の脚質も心強い。
女王杯、宝塚記念、オールカマーが今回と同じ2200mになり、
走るリズムとすれば申し分ない距離とも言える。
ラキシスに待った!をかけるのは、この馬かも…

ノボリディアーナ
※ ノボリディアーナ 5歳
これまでの同馬のイメージは 「 先行粘り込み 」だったはず。
それが、前走は追い込み策で府中牝馬Sを勝ってしまった。
出遅れが功を奏したとも思えるが、今回はどんな競馬をするのだろうか?
差しに回るなら、うまく武豊騎手とコンタクトが取れるのだろうか?
京都は3勝を挙げ得意のコースだが、2200mはこの馬には長い気がする。
道中で折り合いを欠くことにならなければいいが…

3に続く…

【2015エリザベス女王杯(G1)】出走馬徹底分析[1]~スマートレイアー他

 

【不良馬場】 ※不良馬場の菊花賞(G1)で狙うべき重馬場巧者が気になる方はクリック

【GⅠ的中】 菊花賞(G1)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【京都競馬】 ★菊花賞(G1)クラシック3冠最終戦を的中させたい人はクリック★

この記事に対するコメント

  1. 匿名 より:

    最近冴えない岩田騎手だが重賞ではやはり注目せざるを得ないか。お決まりのイン差し狙いならば内枠に入ったらヌーヴォレコルトは自信の本命やな。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中京競馬場

【2016CBC賞(G3)】出走馬短評と予想のポイント

日  中京  CBC賞! 中京名物の1200m芝のハンデG3戦。 1番人気が頼りない傾向は見

記事を読む

天皇賞春1

【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[2]ゴールドアクター他

★  日  京都  天皇賞・徹底分析!  2 春の淀の大舞台、天皇賞3200m芝 GIがそ

記事を読む

free03

安田記念2017出走予定馬徹底分析[3]~ディサイファ他

安田記念2017徹底分析 2017/6/4(日) 東京11R 安田記念(G1) 3歳以上オー

記事を読む

中山競馬場2

【12/19(土)中山11R ターコイズステークス】馬券分析・予想

中山 ターコイズS・馬券分析! 格上げされた第1回 記念の重賞レースとなる。 トップ

記事を読む

kawata_tuika08_960_720

鳴尾記念2017予想/出走予定馬短評と予想のポイント

鳴尾記念/予想のポイント 2017/6/1(土) 阪神11R 鳴尾記念 3歳以上 オープ

記事を読む