【レース回顧】2015みやこステークス~伏兵ロワジャルダンが優勝!

京都 みやこS は伏兵ロワジャルダンが優勝!

ロワジャルダン2

1着馬に中京のチャンピオンズCの権利が与えられるトライアル戦。
3歳馬ダノンリバティが注目されたが、競馬は難しいもの…
水が浮く馬場状態は、先行有利に思えたが、結果は逆の前崩れに。

エーシンモアオバーがハナを切り、モンドクラッセが控える展開。
それらを、クリノスターオーやダノンリバティが追う形に。
1000m通過が59秒4の流れに、ローマンレジェンドも加わる。

直線入り口では平穏に収まるかに見えたが、人気馬の脚色が鈍くなってしまう。

そこへ内からローマンレジェンドが伸びてきたが、
更にインから鋭く伸びてきたのがロワジャルダンだった。
勝ち時計は1分47秒8、上がりは48.3-36.7。
ジックリ構え直線にすべてを賭けた、浜中騎手の判断が冴えた勝利。

2着は後方に構えていたカゼノコの強襲だった。

3着は本番を意識した造りのローマンレジェンド。
若い頃のシャープさはないが、このひと叩きで次は変わるはず。

クリノスターオーは相変わらず4角でモタついてしまう。
直線で盛り返してはいるが、このロスを解消しないことには…

状態は安定に見えた、ダノンリバティには少々ガッカリした。
目に見えない疲れが出始めたのかも?

モンドクラッセはやはり逃げる競馬が合っているようだ。

次は中京の G I 戦になるが、何となく勢力図式が見えてきた…

 

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

この記事に対するコメント

  1. ごっちん より:

    有力馬がみんな勝ちにいって潰しあった漁夫の利で差し馬がきましたって感じの競馬にみえましたが、ロワジャルダンとカゼノコは今後も活躍できるのでしょうか?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

シュヴァルグラン阪神大賞典

【レース回顧】2016阪神大賞典(G2)~シュヴァルグランが重賞初制覇!

阪神大賞典はシュヴァルグランが重賞初制覇! 頭数は少ないが面白い一戦。1着馬に天皇賞の

記事を読む

ベストウォーリア2

【レース回顧】盛岡の南部杯はベストウォーリアが連覇!

マイルCS南部杯はベストウォーリアが連覇! 福永騎手はベストウォーリア1頭のために中央

記事を読む

エイシンヒカリ1

【レース回顧】2015エプソムC(G3)~エイシンヒカリ

東京 エプソムC・エイシンヒカリ! 配当金は安くても、実に見応えのあるレースだった。

記事を読む

モーニン1

【レース回顧】2016根岸ステークス(G3)~モーニンが初重賞制覇!

根岸Sはモーニンが初重賞制覇! フェブラリーSの前哨戦とも言えるレースだが、 メンバ

記事を読む

ディサイファ

【レース回顧】中日新聞杯(G3)ディサイファ

中日新聞杯・ディサイファ! ハナを切ると思ったネオブラックダイヤが後方から、 代わっ

記事を読む