【11/7(土)京都11R ファンタジーS(G3)】馬券分析・予想

京都 ファンタジーS・馬券分析!

京都競馬場4

これまでの勝ち馬はクラシックレースで活躍していないが、
桜花賞にとっては大事な足掛かりとなる闘いに。

※ 展開はどうなる?
キリシマオジョウ、メジェルダどちらかがハナに立ちペースを作る。
その後にタガノヴィアーレが続き、ソコソコ速い流れに。
メイショウスイヅキがどこで動くか?そこからペースが上がる。

※ 有力馬をチェック!
☆ アドマイヤリード…ガサはなく、前走の勝ち方も平凡で。
☆ キャンディバローズ…札幌のレコード勝ちは中央では速くない。
上がりの時計は平凡だし、休み明けでもあるので。
☆ キリシマオジョウ…スピードはあるが、九州産での連勝。
1400mで一般馬相手に逃げ込むのは厳しいものがある。
☆ タガノヴィアーレ…大型馬で絞れつつ内容は良化しているが、
前走のウインミレーユを逆転するにはワンパンチが足りない。
☆ ピュアコンチェルト…地味な勝ち方でも走るフォームがいい。
即 通用するほど甘くはないが、渋太く上位争い顔を覗かせるかも。
☆ ブランボヌール…函館戦で連勝。前走は圧勝だった。
この脚質なら1ハロンの距離延長を苦にするとは思えない。
まして岩田騎手のこと、対応策はできているはず。
☆ メイショウスイヅキ…前走は強かったし伸びも鋭いかった。
2走前は掛かっただけに、ここも折り合いがポイントになる。
スムーズなら差し切りは十分。
☆ メジェルダ…まだ器用に立ち回ることができず、スピード任せの内容。
前走のようにスンナリ先行はできないだろうから。
☆ ワントゥワン…休養明けだが、初戦勝ちに奥の深さを感じた。
2戦目のキャリアで、休養明けはきついが、注目したい1頭。

※ ここまでの結論!
◎ メイショウスイヅキ
◯ ブランボヌール
▲ ワントゥワン

【天皇賞春】 天皇賞春(G1)淀の3200mを制するのはこの馬しかいない!←絶賛公開中

この記事に対するコメント

  1. 佐々木 より:

    こりゃメイショウ・ブランボの一騎打ちですかね。
    アドマイヤが京都合えばこれに加わるか。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場4

【2016スプリングステークス(G2)】1週前出走馬動向をチェック!

3月20日の中山はスプリングS! 弥生賞と並ぶ、皐月賞トライアル、スプリングS 1800m

記事を読む

free33

中京記念2017/出走予定馬短評と予想のポイント

中京記念/予想のポイント 2017/7/23(日)開催 中京11R 中京記念 3歳以上 オー

記事を読む

京都競馬場4

【2016京都記念(G2)】1週前出走馬動向をチェック!

2月14日 京都は京都記念2200m芝 G2! 京都記念2200mは古豪の闘いです。

記事を読む

kawata_tuika14_960_720

シンザン記念2018/出走予定馬短評と予想のポイント

シンザン記念/予想のポイント 2018/1/8(祝・月)開催 京都11R シンザン記念(G3)

記事を読む

桜花賞2018出走予定馬徹底分析[1]~アーモンドアイ他

桜花賞2018徹底分析 2018/4/8(日) 阪神11R 桜花賞(GI) 3歳オープン 1

記事を読む