★2015京王杯2歳ステークス(G2)★前売りオッズから予想 狙える馬は?

公開日: : 最終更新日:2015/11/13 管理人より ,

京王杯2歳S
毎年波乱を呼ぶ2歳重賞。それこそ、サウジアラビアRCや東京スポーツ杯と違い
1400mという距離での実施だけにクラシック狙いの素質馬というよりも
賞金加算を狙ってだったり、短距離志向の馬が集まるからどの馬が強いか比較困難。
それがこのレースを波乱に導いている要因となっていそうだが、
果たして今年はどんなレースになるのだろうか?

前日の前売りオッズからは実に面白いオッズ傾向が出ている。
20:30現在の一番人気はなんとこの馬。

レッドラウダ
レッドラウダ
まあ販売後2時間程度での売れ行きだけにこれからグッと変わるだろうが、
この馬に大量馬券購入があったことは確か。何が狙い目かといえば
やはりその安定感ではないだろうか?前走はダートで3着だが、
その前は小倉2歳ステークスの3着もある。安定感はあるがでは勝ち切るかとなると
やや疑問に思える部分もあるが、この馬の単勝を買った人にとっては
勝ち切るという何かの決め手があるのだろう。

シャドウアプローチ
シャドウアプローチ
この馬の人気は予想通りといったところか。ききょうSを勝利しての参戦で
数少ない2勝馬でもある。鞍上Cデムーロというのも人気を集める要因とはなりそうだが
ではそのききょうSってレベルはどうだったの?って問われると実はそうでもないレベル。
とはいえ連勝するのは強い馬の証拠でもあり軽くは扱えないのは確か。

モーゼス
モーゼス
これが3番人気。まあありえそうでもあるし、この馬は直前になっても人気でしょう。
なんといっても兄にNHKマイルカップ勝ちのカレンブラックヒルのいる血統ですからね。
とはいえデビュー戦の内容は前残りの競馬で前の馬をなんとか交わしたという内容。
渋太く脚を使う馬だなっていう評価はできるが突き抜けて強いかって言われると
ここが試金石となるような馬ではある。

アドマイヤモラール
アドマイヤモラール
これが単勝4番人気。そこまで人気するのかなってイメージだが、
新馬・未勝利と東京コースで崩れずに走って休み明けの前走中山戦が味のある競馬。
田辺騎手は最近この重賞と相性もいいし人気になっても納得といえば納得だが
さすがに直前には10倍を切るオッズということはなさそうな馬ではある。
唯一、変わり身があるとすればこの馬はいままでやや重馬場しか走ったことがない
良馬場で切れ味を増してすごい走りをする。そんな可能性はあるのかもしれない。

というわけで、前売りオッズをみてもいかに競馬ファンが悩んでいるかが解るオッズ傾向。
こうなると、自分で信じた馬から総流しだとか、腹をくくって単勝勝負とか
そういった楽しみ方がよさそうなレースではあるが、正直どの馬が勝ってもおかしくないか。

こんなレースを勝負レースにするのも危険ではあるし、
寧ろ、土曜の競馬で勝利を確定させるのはこのレースではなく
他の勝負レースを設定したほうが賢明っていうことにもなるのではないでしょうか。

それでは、土曜日の競馬を楽しみましょう!

 

【状態絶好】 ※ジャパンカップ(G1)で狙うべき絶好調馬の馬名公開!

【必見予想】 京都2歳S(G3)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【最終勝負】 ☆京阪杯(G3)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

【2歳重賞】 注目の重賞【京都2歳S(G3)】今年狙い目の馬はコノ馬です!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

サトノラーゼン1

★2015セントライト記念★至極の勝馬予想を公開

終わりよければ全てよしとは言いますが、当然セントライト記念を的中すれば 3日間開催のトータル収支プ

記事を読む

プロディガルサン

★6/20(土)天保山S他、注目レース・注目馬まとめ★

みなさんこんばんは、管理人の弟子です。 宝塚記念を来週に控えて、競馬も一休みっていうファンが多

記事を読む

注目馬

2/15 注目馬一覧

皆さんこんばんは、管理人の弟子です。 今週の記事にて川田さんが紹介しました2/15の競

記事を読む

カフェブリリアント

★2015ターコイズS(重賞)予想★関係者が暴露する思惑とは?

ターコイズステークスの前売り1番人気は大方の予想通りにカフェブリリアントとなっている。 阪神牝

記事を読む

パドック解説

★とっておきの競馬ナマ情報をお届け致します★

みなさんこんにちは、管理人の弟子です。 川田英太の競馬予想メルマガ をご存知でしょうか

記事を読む