【レース回顧】北海道2歳優駿(Jpn3)~牝馬タイニーダンサーが制覇!

公開日: : 最終更新日:2015/11/06 重賞回顧 ,

門別 北海道2歳優駿は牝馬タイニーダンサーが制覇!

タイニーダンサー2

北海道2歳優駿は1800mのダート戦。馬場はヤヤ重。

中央からは4頭が出走し、1番人気はエネスクだが、
地元タービランス、タイニーダンサーの4勝馬が立ちはだかる。

※ 有力馬のパドック気配
☆ ナンヨーファミユ…コトコトし踏み込み浅く
☆ マイネルアトゥー…毛ヅヤも歩様もよし
☆ キョウエイギア…少し太く力強さに欠け
★ タービランス…腹回りはギリギリ
★ タイニーダンサー…コツコツの歩様も気配はいい
☆ エネスク…気合いよく力強い歩様

※ いよいよレース
前半はタイニーダンサーがハナに立ち、タービランスがマーク。向こう流しに入ると、外からエネスクが先頭に立ちレースを作る。

早めにキョウエイギアが上がって行き、エネスクを射程圏に入れる。
タイニーダンサーは自滅を避け、控え気味に下げて行く。
4角では内からエネスクとキョウエイギア、そして、スティールキングが並ぶ形に。

チョット強引な競馬をしたエネスクの脚色は悪く、
勢いは、外のスティールキングに見えたが、そこへ襲いかかったのがタイニーダンサー。

勝ち時計は1分55秒7と遅く、騎手の判断がすべてを決した感じがする。
タイニーダンサーに勝利を導いた桑村真騎手は見事な騎乗。

門別の競馬ファンは湧いたことだろう…

 

【状態絶好】 札幌記念(G2)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【徹底予想】 ※北九州記念で大波乱を巻き起こす穴馬が気になる方はクリック

【札幌競馬】 夏競馬頂上決戦!今週の注目は『札幌記念(GⅡ)』徹底攻略情報

【小倉競馬】 ★北九州記念(G3)荒れるハンデ重賞を制するのはこの馬・・・(必見です)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

danonlegend

【JBCスプリント2016レース回顧】ダノンレジェンドが逃げ切る!

川崎 JBCスプリントはダノンレジェンドが逃げ込む! 川崎 JBCスプリント Jpn I 14

記事を読む

モーニンフェブラリーS

☆2016年上半期GIレースを振り返る☆

☆ 2016年 上半期GIレースを振り返る! 宝塚記念が終わり、2016年の上半期GIレースが終了

記事を読む

クロスクリーガー1

【レース回顧】2015レパードステークス(G3)~クロスクリーガー

新潟 レパードSはクロスクリーガー! 誰もが巻き返しを期待したゴールデンバローズだった

記事を読む

サンビスタ1

【レース回顧】2015チャンピオンズカップ(G1)~牝馬サンビスタが制覇!

中京 チャンピオンズCはサンビスタが制覇! 今年は外国馬が1頭参戦したが、外人騎手は6

記事を読む

クリノスターオー

【レース回顧】アンタレスS(G3)~クリノスターオー

阪神 アンタレスS・クリノスターオー! データ的には若い力が活躍する同レースだが、

記事を読む