アメリカJCC・クリールカイザー

公開日: : 過去の記事

アメリカJCC・ クリールカイザー!

例年と違うのは G I 馬が参戦すること。
ゴールドシップを中心にレースは繰り広げられる。

有力馬はゴールドシップをマークしての競馬となる。

そのゴールドシップは前半はヤヤ後ろにつけ、
向う流しに入って外から中位に上がって行く。
が、ペースが速くなった4角ではスーッと反応できず。
直線ではエンジンのかかりが遅く入着争いがやっと…

勝ったのは無欲で前々の競馬をしたクリールカイザー。
前半はハナに立ち内目につけて他馬を行かせ一旦控え、
4角から徐々にピッチを上げる作戦で勝利を掴んだ。
1000m通過タイムが1分03秒0で完全な先行ペース。
この作戦が見事に的中し、46.6-34.6の上りの決着。
勝ち時計は2分13秒6の標準的タイム。

2着は急きょの乗り替わりになった柴山騎手のミトラ。
展開の助けがあったとはいえ、代役を立派に果たしている。
そして、更に距離を延ばしたミトラは長距離にもメドを立てた。

エアソミュールはマークした馬が予想外の手応えで、
素早く目標を前の馬に置きかえたが時既に遅し。
よく伸びたが勝ち負けに至らず3着が一杯。

ジックリ構えたフェイムゲーム、ショウナンラグーンは出番なし。
この上りでがとても追い込むことはできない。

G I 馬の力を信じたファンは多かったと思う。

それまでの活躍は何だったのだろうか…
強い馬は強い競馬を見せてほしかった。
これで調教師はまた、騎手をクビにするのだろうか?

ファンは馬券が外れた以上にショックは大きかったはず…

【京都G1】 マイルCS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

東京11R天皇賞パドック

東京11R天皇賞パドック ※  レース傾向ー さすがはオープン馬 馬番  評

記事を読む

catch

中山11RアメリカJCCパドック

中山11RアメリカJCCパドック ※ レース傾向ー 相手探しで 馬番 評価 寸評 1×馬

記事を読む

catch

新潟2歳ステークス(2014)短評 ブリクスト他…

新潟2歳ステークス! 昨年のハープスターのような存在の馬はいない。 賞金1000万を超える馬は1頭

記事を読む

catch

競馬コラム~秋競馬攻略に役立つ情報

秋競馬を前に! いよいよ秋競馬到来! 残暑はあっても夏のローカル気分を一掃して、 中央場所に備える

記事を読む

catch

京都・シンザン記念

シンザン記念! 出世の登竜門であり名馬が通過した道でもある。 昨年の代表馬に選ばれたジェンティルド

記事を読む