【2015北海道2歳優駿(Jpn)】予想に役立つ必勝情報を公開!

公開日: : 最終更新日:2015/11/23 管理人より

北海道2歳優駿
JBCが終わって祭りの後、みたいな雰囲気になっていたら要注意!
今週はまだまだ注目のレースが続きます。
11/5(木)には門別競馬場で北海道2歳優駿が開催されます。
それこそ未来のJBC制覇を夢見る若駒の戦いから目が離せません!

それこそ、JBCで思うような的中を手にできなかった貴方!
このレースは高配当も見込めるようなメンバー構成だけにきっちり的中して
週末の中央競馬につなげたいものですね。

それでは出走馬をみていきましょう。

エネスク
エネスク
中央馬で最注目はこの馬でしょう。プラタナス賞をレコードで勝利して
いざ重賞制覇を狙って北上。そのレース振りは大きく出遅れて直線大外から
一気の末脚での差し切りというものであっただけに、能力が高いのは当然ですが
小回りの門別で同じ作戦は通用しないという点、これは陣営も承知でしょうから
まずはスタートを出て流れに乗せる競馬ができるかどうかが鍵でしょう。

ナンヨーファミユ
ナンヨーファミユ
未勝利戦圧勝の後臨んだプラタナス賞はエネスクに一歩及びませんでしたが、
こちらは内で閉じ込められて馬群を縫うように伸びてきているあたり
真っ直ぐ走っていたら逆転があったかもしれないというレース内容。
小回りコースへの適性となるとこちらの方があるかもしれず逆転の目も十分でしょう。

他にも中央からは、未勝利戦圧勝のキョウエイギアや芝からダートに戻して
改めての期待をしたいマイネルアトゥーも参戦予定。
とはいえ、ホッカイドウ競馬の2歳といえば軽視は禁物なわけで、
地元ホッカイドウ競馬の馬もしっかりとチェックが必要です。

タービランス
タービランス
中央の芝、コスモス賞に挑戦は惨敗ではあったものの前哨戦のサンライズCを制し
地元門別では4戦4勝の土つかず。これがホッカイドウ競馬の大将格と目されますが
やはりナイター競馬も経験していたりと地の利があることは確かです。
ここを勝って、いざ南関東なり中央なりへの転入を狙っているのではないでしょうか。

タイニーダンサー
タイニーダンサー
牝馬限定の交流重賞エーデルワイス賞を制したタイニーダンサー。
これもかなりの器であるとは言えますがこちらは父サウスヴィグラス。1800mが向くとは
思えない血統だけに力はあっても距離がどうかという点は心配が残ります。
とはいえ2歳戦ならば距離はどうにかなってしまうということもあるだけに軽視は禁物か。

2歳重賞は直接対決も少なく、能力比較が難しいために
人気のない馬が実は強かったなんてこともよくあること。
それだけに波乱の目も十分にあると言えるレースであることには間違いありません。
しっかりと事前分析をした上できっちりと馬券を当てたいものですね。

門別競馬場
門別競馬場は馬産地競馬としても知られていますが、海のすぐ側の競馬場のために
強風や霧で度々競馬が中止になることのある競馬場でも知られています。
是非とも北海道2歳優駿は、好天の下で開催となって欲しいものですね。
ってナイターだから天気解らない?いえいえ解りますよ、門別の星空はとても綺麗ですからね。

それでは今週も競馬三昧で参りましょう!

 

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

カレンブラックヒル追い切り

★2015中京記念(G3)★カレンブラックヒル他、追い切り注目馬情報

中京記念の追い切りが実施されました、 夏競馬はそれこそ好調子の馬を買えとはいいますが、 いい動き

記事を読む

ダービー1

★2015日本ダービー★スポーツ新聞が報じないアノ馬の弱点とは?

さあ、日本ダービーの発走が近づいてきました。 今年のダービーはどの馬から買おうか、皆さんお

記事を読む

ミッキーアイル

★2015高松宮記念(G1)前走内容からの注目馬情報★

みなさんこんにちは、管理人の弟子です。 高松宮記念の出走馬がまもなく発表にはなりますが

記事を読む

JBCスプリント

【2015JBCスプリント(Jpn1)】大井競馬を徹底予想!

ダート競馬の祭典『 JBCデー 』第二弾で発走となるのは砂の電撃王決定戦 『 JBCスプリント

記事を読む

オークス

★今週はオークス・平安ステークスが開催されます★

みなさんこんばんは、管理人の弟子です。 それにしてもヴィクトリアマイルのあの大波乱は誰が予想で

記事を読む