【レース回顧】2015JBCクラシック(Jpn1)~コパノリッキーが連覇を達成!

大井 JBCクラシックはコパノリッキーが連覇達成!

コパノリッキー4

2000mで不良馬場。中央馬は6頭。
盛り上がりは最高潮で、大井ファンは熱い視線。

※ 中央馬のパドック気配?
☆ クリソライト…しっかり踏み込み
☆ サウンドトゥルー…手足重く
☆ ニホンピロアワーズ…変わりなし
☆ ホッコータルマエ…仕上がり落ち着きあり
☆ グランドシチー…太くコツコツした歩様
☆ コパノリッキー…馬体の張りは上々

※ いよいよファンファーレ!
外枠からコパノリッキーが先手を取る展開に。
見た目はタテ長の展開だが、淡々とした流れ。
控えたクリソライトは掛かり気味の番手から、
ホッコータルマエは向こう流しで行きたがり折り合いを欠いていた。
4角から前のコパノリッキーを追うが、なかなか差は詰まらず。
そこで脚を使ってしまい、直線半ばで一杯の状態になってしまう。

コパノリッキーは余裕残しの勝利で連覇を達成!
勝ち時計は2分04秒4、上がりは49.3-37.0での決着。

2着はホワイトフーガで気を良くしている大野騎手のサウンドトゥルー。
道中で無理をすることなく脚をタメたのが、終いの伸びに繋がっている。

3着は、まさか!と思えるホッコータルマエの失速。

クリソライトは4角を回る地点で一杯の状態だった。

マイペースの競馬をしたコパノリッキーは強かった!

 

【浦和競馬】 ※さきたま杯(Jpn2)徹底分析予想はこちらから

【東京G1】 安田記念(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

この記事に対するコメント

  1. 匿名 より:

    エイシンヒカリの鬱憤を晴らすからのようなコパノリッキー武豊の逃げ切りでしたね。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ダノンプラチナ

【レース回顧】富士ステークスはダノンプラチナが差し切る

東京 富士Sはダノンプラチナが差し切る! このレースの注目は3歳馬の走りだった。

記事を読む

アスカノロマン

【レース回顧】2016東海ステークス(G2)~アスカノロマンが決める!

中京 東海Sはアスカノロマンが勝利! 朝一番で浜中騎手が落馬のアクシデントがあり、

記事を読む

ショウナンパンドラ

【レース回顧】2015オールカマー~ショウナンパンドラ

オールカマーはショウナンパンドラが決める! 4歳牝馬の決着になった今年のオールカマー。

記事を読む

kawata_tuika06_960_720

根岸ステークス2018結果/レース回顧|ノンコノユメがレコード勝ち!

今年の根岸Sはノンコノユメがレコード勝ち! 2018/1/28(日)開催 東京11R 根岸ステ

記事を読む

kawata_tuika09_960_720

ローズステークス2017結果/レース回顧|ラビットランが強烈な追い込み!

阪神のローズSはラビットランが強烈な追い込み! 2017/9/17(日)開催 阪神11R ロー

記事を読む