【レース回顧】JBCレディスクラシック(Jpn1)~ホワイトフーガが完勝!

大井 JBCレディスクラシックはホワイトフーガが完勝!

ホワイトフーガ1

牝馬限定1800m、不良馬場。

中央からは6頭が参戦。
サイモンガーランドが競走除外になり15頭の闘いに。

※ 中央馬のパドック気配は?
☆ カチューシャ…毛ヅヤ良く仕上がる
☆ ホワイトフーガ…柔らかい歩様を見せ
☆ サンビスタ…細化なく力強さあり
☆ アムールブリエ…体を絞ってきた
☆ キャニオンバレー…全体にスリムに映る
☆ トロワボヌール …馬体の張りは上々

※ レース
ブルーチッパーがハナを切り、カチューシャとキャニオンバレーが続く。
その後は、内にサンビスタ、外にアムールブリエが並ぶ形で追走。
4角ではアムールブリエがスパートを開始し、抜け出しを図ろうとする。
それを追いかけて、外からトロワボヌールの手が動く。
内々でロスなく立ち回ったサンビスタが先頭に立ったが、
サンビスタを追いかけたホワイトフーガが、内から力強い伸び脚。

連覇を狙ったサンビスタは勝つ競馬をしたが、
ジックリ構えたホワイトフーガの脚色が違い過ぎての完勝!
勝ち時計は1分51秒5、上がりは52.1-39.6の決着。

2012年から続いた
ミラクルレジェンド、メーデイア、サンビスタだったが、
今年は3歳馬ホワイトフーガに栄冠が輝いた!

 

【状態絶好】 札幌記念(G2)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【札幌競馬】 夏競馬頂上決戦!今週の注目は『札幌記念(GⅡ)』徹底攻略情報

【門別競馬】 ブリーダーズGC(Jpn3)真夏のダート女王決定戦!予想公開中

【小倉競馬】 ★北九州記念(G3)荒れるハンデ重賞を制するのはこの馬・・・(必見です)

この記事に対するコメント

  1. せい より:

    アムールブリエの浜中騎手の騎乗どう思いますか?ポジション欲しいのは解るけどあれは強引過ぎるし直線で伸びなくて当然くらいあそこで浪費してしまったような気がします。1コーナーであんな膨らんで回るなんて地方競馬じゃ致命傷も致命傷だった気がするんですけど。

  2. ガキダイ より:

    それ200円買ってます

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

シュンドルボン中山牝馬S

【レース回顧】2016中山牝馬ステークス(G3)~シュンボルドンが重賞初制覇!

中山牝馬Sはシュンドルボンが重賞初制覇! ファンがルージュバックの復活を望んだことは人

記事を読む

kawata_tuika06_960_720

ベルモントステークス2017結果/レース回顧|エピカリスは無念の出走取消

★エピカリスのベルモントS挑戦は無念! 2017/6/11(日)開催 ベルモントパーク競馬場

記事を読む

トロワボヌール

【レース回顧】川崎スパーキングレディーC(Jpn3)~トロワボヌール

川崎 スパーキングレディーC・トロワボヌール! 第19回 川崎スパーキングレディーCの

記事を読む

アムールブリエ

【レース回顧】名古屋グランプリ(Jpn2)~アムールブリエが完勝!

名古屋グランプリ Jpn2 は アムールブリエが完勝! 名古屋グランプリは2500mの

記事を読む

ディサイファ

【レース回顧】中日新聞杯(G3)ディサイファ

中日新聞杯・ディサイファ! ハナを切ると思ったネオブラックダイヤが後方から、 代わっ

記事を読む