【10/31(土)京都11R スワンS】馬券分析・予想

公開日: : 重賞展望 ,

京都 スワンS・馬券分析!

京都競馬場6

マイルCSの前哨戦であり、1着馬には優先出走権が与えられる。
距離は1ハロン短い1400mだが、次に繋がるレースに間違いない。

※ 展開はどうなる?
アルビアーノはハナにはこだわらないが、行く馬がいなければハナに。
同型はエーシントップとテイエムタイホーがいる。
前で競馬をするのはオメガヴェンデッサ、リトルゲルダ。
サンライズメジャーとフィエロは中団から機を窺うことに。
流れは平均よりヤヤ速くなるが、追い込み一辺倒ではつらい。

※ 有力馬をチェック!
☆ アルビアーノ…休養明けの前走はバテてしまったが、着差は僅か0.1秒。
牡馬並みの馬格があり、細化の心配はまったくない。
ひと叩きした今回は1ハロンの距離短縮になり、終いの粘りも違う。
淀みない流れの先行ならチャンスはある。
☆ オメガヴェンデッタ…1400mに実績を残しているが、少し詰めが甘い。
今は1200mが合っている感じがするだけに。
☆ コパノリチャード…これまでのレースで分かったことは、
切れる脚を持っていないこと、速い時計に不安があることだろう。
今の京都は上がりの速い決着が多いだけに。
☆ サトノルパン…降級戦では順当勝ちしたが、オープンではそうもいかない。
1分21秒の後半の決着になればチャンスはあるが、
1分20秒ソコソコの闘いになると、分が悪くなってしまう。
☆ サンライズメジャー…昨年の同レースはミッキーアイルの2着。
ポン駆けするし、京都コースにも実績もあり、いきなりエンジン全開か。
目標は次走でも、次で勝てる保証はなく、勝てる時に勝っておきたいところ。
☆ ダイワマッジョーレ…ハッキリ言って、以前の鋭さは影を潜めている。
ズブさが出てきている今は、1400mの闘いは忙しい感じがする。
☆ ティーハーフ…北海道では強かったが、中央に戻るとそうはいかない。
京都コースで3勝を挙げているが、それは1200mでの話。
この馬に1400mは1ハロン長い。
☆ フィエロ…得意はマイルであり、目標は次走と分かってもいる。
しかし、昨年のスワンSは最速の脚を使い、勝ち馬と0.1秒差の3着。
完調手前でも、走る馬はそれなり走るもの。間違いなく上位争い。
☆ フミノムーン…1400mは得意の距離だが、速い時計に裏付けがない。
馬場が渋ってこそ、浮上の余地が出てくる。
☆ ベルルミエール…1200mでは忙しく、1600mは長い。
この馬のベストは、京都の1400m!と戦歴に表れている。
他馬と違い、この馬の目標はここ!あとは力関係だけだろう。
☆ リトルゲルダ…未だ暗中模索で、霧は晴れてこない。
昨年の香港遠征の疲れが尾を引いている。

※ ここまでの結論!
◎ アルビアーノ
◯ フィエロ
▲ ベルルミエール
△ サンライズメジャー

 

この記事に対するコメント

  1. ごっちん より:

    自分、ベルルミエールからいこうと思っております。相手はパドック診断参考させてもらいますね。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ダービー1

【2015日本ダービー】特別登録馬と騎乗予定騎手のまとめ

みなさんこんばんは、管理人の弟子です。 いよいよ日本ダービーの特別登録が行なわれました。

記事を読む

地方競馬

ユニコーンステークス2017データから傾向を分析!

ユニコーンステークス・データからの傾向! 2017/6/18(日)開催 東京11R ユニコーン

記事を読む

小倉競馬2

【2015小倉2歳ステークス(G3)】出走馬短評とレース展望・予想

小倉 小倉2歳ステークス! 2勝馬は2頭だけ、残りは1勝馬の構成。 例年に比べると小

記事を読む

アンタレスステークス2018/出走予定馬短評と予想のポイント

アンタレスS/予想のポイント 2018/4/15(日)開催 阪神11R アンタレスS(G3)

記事を読む

kawata_tuika07_960_720

朝日杯フューチュリティステークス 2017 データ から傾向を分析!

朝日杯フューチュリティステークス・データからの傾向! 2017/12/17(日)開催 阪神11

記事を読む