★東京10R甲斐路ステークス 予想★菊花賞前の鉄板馬券公開!

公開日: : 管理人より ,

東京競馬場3
なかなか一筋縄ではいかない秋競馬。
土曜日の競馬でもビックリするような配当が飛び出したりもしましたが、
日曜日の競馬も難しいレースが続くかもしれません。

菊花賞前に資金が尽きてしまわないように獲るべきレースを獲っておきたいところ。
そんな日曜日の競馬で是非勝負して欲しいのが東京10Rの甲斐路ステークスです!
菊花賞にも関連した、あの注目馬も出走してきますよ!

ラングレー
ラングレーは菊花賞でも人気となっているリアルスティールのお兄さんです。
今年に入って本格化の兆しは見せて新潟大賞典5着という成績もありますが、
降級して準オープンでの2戦はともに末脚届かずという結果にはなっています。
リアルスティールと同厩舎・同馬主ともなるだけにここを勝って
菊花賞の弟へいい流れを作りたいところでしょうしそれは、鞍上松岡騎手も
理解して強気に乗ってくるのではないでしょうか?

ネオリアリズム
とはいえ血統だけなら負けていないのがネオリアリズムです。
兄にリアルインパクトもいる血統。ここは500万、1000万と連勝して
一気に準オープンも突破するかに注目が集まります。
東京コースにも実績があり鞍上はCデムーロ、これも当然期待の一頭となるでしょう。

なんだ、それじゃあこの2頭で決まりか?
いえいえ、そんなことはございません。そんなグリグリ馬券を勝負レースには
設定しないですよね。あくまでも美味しい配当を得るチャンスだからこそ勝負レースなわけです。

この勝負レース情報で勝負馬のネタを握っているのが
あの敏腕厩務員としてその選馬眼は社台グループからも一目おかれたこの人
馬渕1
元JRA厩務員の馬渕さんですね。今は引退されて悠々自適の生活をされていますが
現役時のその選馬眼から今でも馬券好きのオーナーなどに馬券指南をしたりと
競馬に関わっている方ですが、その馬渕さんがこの甲斐路ステークスで掴んだ情報とは…?

土曜の富士ステークス
◎サトノアラジン
○ダノンプラチナ
▲ロゴタイプ
3連単287.2倍を6点で的中!

とバッチリ的中させている馬渕さんですが、やはり関東出身の方だけに
関西のレースよりも関東のレースで掴んだ情報の方が信憑性はありそうですね。
だからこそ勝負レースは菊花賞ではなく甲斐路ステークスということなのでしょう。

これは是非参考にしてもらいたい情報なのですが、
申し訳ないですが情報保護の関係上、ブログ上での掲載はNGとなっているので
こちらのサイト から情報を確認してみてください。

甲斐路ステークスの情報だけでなく、菊花賞の3連単予想も無料で手に入りますし
関係者のナマの情報が気になる方には是非オススメしておきますね。

【 東京10R 甲斐路ステークス 自信の勝負馬券予想はコチラ 】

 

菊花賞2
菊花賞は混戦ムードですが、その菊花賞で勝負するよりも、やはり自信のあるレースで
しっかりと的中を手にすることが馬券戦略の上で重要なんじゃないかと思います。
菊花賞はどんなレースになるか、スポーツとしての競馬を楽しむのもアリなんじゃないでしょうか!

 

【春のG1】 今週末は天皇賞(春)馬券を的中させたい人は今すぐクリック☆

【動き絶好】 ★青葉賞(G2)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

キズナ

【2015天皇賞(春)】出走予定馬と予想に役立つ前哨戦まとめ

みなさんこんばんは、管理人の弟子です。 天皇賞(春)の前哨戦は終了し、勢力図が固まって

記事を読む

阪神競馬場

★3/28(土)日経賞・毎日杯他、注目レース・注目馬情報まとめ★

みなさんこんにちは、 桜もちらほらと咲きはじめていよいよ春の到来って感じですが、 果たし

記事を読む

パドック解説

★2/22(日)フェブラリーS他、本日のパドック速報★

みなさんこんにちは管理人の弟子です。 本日の川田英太さんのパドック速報公開予定は以下の

記事を読む

キズナ

★天皇賞(春)各陣営の思惑から勝ち馬、オフレコ情報★

天皇賞(春)の1番人気はキズナ。ただこうなるには陣営の思惑が絡んでいます。 恐らく、この思

記事を読む

帝王賞

【2015帝王賞(Jpn1)】出走馬紹介と予想攻略情報

日曜日は宝塚記念が開催されますが、その前の6/24(水)には砂のオールスター 帝王賞(Jp

記事を読む