【レース回顧】富士ステークスはダノンプラチナが差し切る

東京 富士Sはダノンプラチナが差し切る!

ダノンプラチナ

このレースの注目は3歳馬の走りだった。

ダノンプラチナは半年ぶりの実戦で、6k増の体は少し太かった。
歩様はヤヤ硬く、大きなシャドーロールを装着。
スタートの出が悪く、後方からの追走となったが、
直線で大外からひと追い毎に力強い伸び脚。
見事に差し切ってしまった。1分32秒7、上がり45.9-33.7。
体全体を使ってのフォームは素晴らしいもの。
久々好走の反動さえなければ、マイルCSは期待大だろう。

ヤングマンパワーは体はできていたが、歩様の硬さが気になった。

クラリティスカイは馬体に張りがあり、太い感じはなかった。
レースでも直線半ばまでは頑張っていたが…
次は大きく変わってくるはず。

ヤマカツエースは4k増の体も、腰回りが細く映った。

アルマワイオリは腹回りに余裕が窺えた。

グランシルクは気合い十分で馬体も締まって見えた。
道中から直線に入っての手応えは十分だったが、
いざ追い出すと一瞬は切れたがあとが続かず…
大きなレースを勝つには、もうひとつ足りないモノがありそう。

2着サトノアラジンは4k増で、落ち着きはあったが、少し太く映った。
勝ち馬より前に位置し、直線で一旦抜けたかに見えたが…
自身は走っており、勝ち馬を誉めるべきだろう。

ロゴタイプは相変わらず馬体をよく見せるが、
どう乗ってもジリっぽさは変わらなかった…

フルーキーはお釣りのないギリギリの体つきに見えた。

カレンブラックヒルは仕上がっていたが、緩さが残っていた。

それにしても、ダノンプラチナはタダモノではない…

【春のG1】 今週末は天皇賞(春)馬券を的中させたい人は今すぐクリック☆

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

この記事に対するコメント

  1. ブック より:

    ダノンプラチナは京都の決め手勝負でも十分通用しそうですな。サトノアラジンも出られれば注目ですな。

  2. ごっちん より:

    蓋をあけてみればディープインパクト産駒のワンツーでしたね。サトノアラジンにはマイルCSに出てもらいたいですが賞金的にどうでしょうね。

  3. 匿名 より:

    さっぱりでしたわ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

チェッキーノフローラS

【レース回顧】2016フローラステークス(G2)~チェッキーノが圧勝!

東京 フローラSはチェッキーノが完勝! 3歳牝馬 2000m芝の闘いフローラS。

記事を読む

ゴールドシップ3

【レース回顧】2015阪神大賞典(G2)~ゴールドシップ

阪神大賞典・ゴールドシップ! パドックでのゴールドシップは馬体が絞れ張りも上々。 こ

記事を読む

アルビアーノ

【レース回顧】フラワーC~アルビアーノ

フラワーC・アルビアーノ! 指定競争ではないが、桜花賞やオークスにメドを立てたい各馬。

記事を読む

アンバルブライベン3

【シルクロードSレース回顧】アンバルブライベン

シルクロードS・アンバルブライベン! 3月末に中京で行われる高松宮記念に向けての一戦。 出走

記事を読む

【チューリップ賞2017結果/レース回顧】ソウルスターリングが余裕の4連勝!

阪神 チューリップ賞はソウルスターリングが余裕の4連勝! 2017/3/4(土)開催 阪神11

記事を読む