【新馬勝ち!】アグレアーブル

新馬勝ち!アグレアーブル

アグレアーブル

10月 17日 東京 4-5 1800m芝

☆ アグレアーブル 評価 C
父 マンハッタンカフェ ー 母 プリティカリーナ

486kの馬体はムダがなく、歩様はスムーズで申し分ない仕上がり。
前半は後方に構え、3角あたりから外から好位集団につける。
直線は馬場のいい外からの叩き合いに。
内外にフラつき、抜け出すとソラも遣う若さを覗かせていた。
逃げ馬が粘る流れで、1分53秒2、上がりは47.4-34.3の決着。
良化の余地は十分あるが、気性の成長が望まれるところ。

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

この記事に対するコメント

  1. ばふん より:

    新馬戦はもとより競走馬の評価は素人・プロ問わず分かれるものですから、匿名さんの「本当にプロですか」などというコメントは大変に失礼だと思います。あなたが強いと思っているのならそれはそれでいいのに、わざわざ他人の評価に難癖付けるのはやめましょう。

  2. ブック より:

    アグレアーブルよりメートルダールの方がいい競馬して未勝利勝ちましたね。新馬と未勝利じゃ比較しちゃいけないかもしれませんが、レース振りを比較すればまあアグレアーブルがC評価でメートルダールがB評価ですね。

  3. 匿名 より:

    あのレース見て評価Cとはホントにプロですか?
    直線だけで6回手前替えて、それだけ遊んで押しきったわけです。時計しかわからないかな?

    • ごっちん より:

      以前に評価については川田さんの独断と偏見だと記事に書かれていましたし、手前を6回替えてるんなんて素人の私には解りませんがそういう面で気性面の成長が望まれるという点でC評価ってことじゃないんですか?
      本当にプロですかとか言うのは失礼だと思います。

    • 佐藤正雄 より:

      真っ直ぐ走れない馬にAやBつけてたら、全馬AかB評価になってしまいますね。あくまでも将来性じゃなくそのレースの内容で評価してるのですからあの走りはCで妥当と言える。
      次に真っ直ぐ走って強い勝ち方すればBかAにすりゃいいが一度使ってどう変わるか見ないとわからないでしょう?
      そもそも出遅れてもいますし、こういう気性的に難のあるタイプは揉まれ込むと脆さを見せたり、大外回さないと伸びないタイプかもしれない。これはあくまでも推論であるが。

      書き込み主は、この馬に期待したい気持ちは解るがもう少し客観的にレースを分析し、発言をした方がよい。

      「何度も手前を替えてフラフラでも勝ったから強い」ではなく「何度も手前を替えてフラフラな走りは今後の課題で克服しなければ将来はない」というのが今回の評価だ。私は川田氏の評価に納得である。まあ将来性込みでBでもよい気がするが、ごっちん氏の言う通りこれは川田氏の独断と偏見であって、誰も評価について文句を言う必要はない。

      そもそも川田氏も「良化の余地はあるが気性の成長が望まれるところ」とちゃんと付記している。そこをしっかりと書き込み主は確認しているのであろうか疑問である。いつもはコメントも書かずに拝読させて頂いているが、競馬ブック時代より川田氏の意見を参考にしている私からすれば書き込み主の暴言は許されるものではない。言うまでもなく川田氏はプロであると私は確信している。

  4. 匿名 より:

    アグレアーブルの次走は東京スポーツ杯だそうですよ。陣営は相当期待しているみたいですね。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

カネトシブレス

【新馬勝ち!】カネトシブレス

新馬勝ち!カネトシブレス 1月 30日 中京 5-6 1600m芝 ☆  カネ

記事を読む

dear_pavone

【新馬勝ち!】ディアパヴォーネ

新馬勝ち!ディアパヴォーネ 11月 6日 東京 2-6 牝1400芝 ☆ ディア

記事を読む

シンハライト

【新馬勝ち!】シンハライト

新馬勝ち!シンハライト 10月 10日 京都1-5 新馬戦 牝馬1600m芝 ☆

記事を読む

メイショウゴテツ

【新馬勝ち!】メイショウゴテツ

新馬勝ち!メイショウゴテツ 8月 16日 新潟 6-6 新馬戦 1800mダート

記事を読む

スマートオーディン

【新馬勝ち!】スマートオーディン

新馬勝ち!スマートオーディン 9月 20日 阪神 4-5 新馬戦 1800m芝

記事を読む