【10/18(日)新潟11R 信越S】馬券分析・予想

公開日: : レース展望 ,

新潟 信越S・馬券分析!

新潟競馬場

オープン特別のハンデ戦だが、距離は微妙な1400m。
内回りコースとはいえ、スピード任せだとバテてしまうので、
うまく流れに乗って、脚をタメられるかがポイントになる。

※ 展開はどうなる?
セカンドテーブル、ゼウス、マテンロウハピネスがテンを引っ張る。
コウヨウアレス、オリービンあたりが好位を形成。
平均ペースより速い流れが想定され、差し馬には持ってこいの展開に。

※ 有力馬をチェック!
☆ アフォード…1400mは微妙に長い。
☆ オリービン…米子Sで2着はあるが、1400mの流れだと脚が溜まらない。
☆ コウヨウアレス…勝ち鞍はあるが、今のこの馬に1400mは長く。
☆ サフィロス…アイビスサマーDは内枠もあり、1000mは忙し過ぎた。
今回の距離は申し分なく、発馬さえ決めればチャンスあり。
新潟得意で、スピード豊富な3歳馬。
☆ シンボリディスコ…前走でも差のない競馬をしているが、
持ち味を生かせるのは1000mと1200m成績が物語っている。
54kはいいが、若い伴騎手では心許なくて。
☆ ゼウス…休養を挟んでの3連勝がすべて1400m。
モマれなければ控えてもいいが、できることならハナがいい。
強力な同型がいるので多少の心配がある。
☆ セカンドテーブル…出ッパは良くないが、先行力は非凡。
道中で息が入れば、4走前のように逃げ切ってしまう。
ガサのない馬に53kのハンデは大きなプラス材料だけに、
スタートを決めて、無理脚を使わず逃げることができれば。
☆ タガノブルグ…終いは確実に伸びてくるが、差し切るまでのあしない。
意外に、左回りにも実績がなくて。
☆ ダノンプログラマー…ひと叩きした効果はあるだろうが、
若い頃のパワーは影を潜めているので。
☆ プリムラブルガリス…大崩れなく差し込んでいるが、勝ちには至らず。
切れる脚が長く使えないからだろう。買っても押さえまで。
☆ ペルフィカ…前走のローズSは出遅れと距離が敗因。
桜花賞、オークスでは凡走だったが、短距離に戻れば巻き返せる。
1400mならメリハリある競馬ができるので、前が速くなれば出番も。
☆ マテンロウハピネス…左回りはうまいが、いい脚は少ししか使えない。

※ ここまでの結論!
◎ サフィロス
◯ ゼウス
▲ ペルフィカ
△ タガノブルグ

【勝負馬券】 高松宮記念(G1)ズバリ!的中狙う究極の3連単予想はこの買い目!

【特別情報】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場2

【2/27(土)中山9R水仙賞】出走馬短評と予想のポイント

土  中山  水仙賞! 3歳1勝馬の長丁場。あわよくば、ダービーやオークスに夢を繋げる。 休

記事を読む

東京競馬場ダート

【5/23(土)東京11Rモンゴル大統領賞】馬券分析・予想

東京 モンゴル大統領賞・馬券分析! 馬券は若い4歳馬中心の組み立てなのか? ハンデは

記事を読む

free10

雲雀ステークス2017予想・馬券分析

雲雀ステークス2017:馬券分析 2017/2/12(日) 東京9R 雲雀ステークス 4

記事を読む

no image

寒竹賞2017予想・馬券分析

寒竹賞2017:馬券分析 3歳 500万条件 寒竹賞 2000m芝 馬齢戦 実力は横一戦で、

記事を読む

kawata_tuika16_960_720

【六甲ステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

六甲ステークス2017:予想のポイント 2017/3/26(日) 阪神11R 六甲ステークス

記事を読む