【レース回顧】京都大賞典はラブリーデイが鋭い伸び脚!

公開日: : 重賞回顧 ,

京都大賞典はラブリーデイが鋭い伸び脚!

ラブリーデイ6

ここを使い、天皇賞→ジャパンC→有馬記念の青写真が組まれているラブリーデイ。
少し太い感じはしたが、力を出せる仕上がりにあった。
ユッタリした流れで、1000m通過が1分00秒5で進む。
逃げ込みを図りたいカレンミロティックがスパート、
これを追うサウンズオブアースが仕掛ける中、
馬の間を縫って伸びてきたのがラブリーデイ。
それも鋭い脚でグィッと伸びている。
2分23秒6の勝ち時計、上がりは44.9-33.0と速い。
鳴尾記念から休みを挟んでの3連勝と本物。

2着は少し太かったが、体ができていたサウンズオブアース。
浜中騎手は迷いなく勝ちに行く競馬をしている。
モタれながらカレンミロティックは捉えたが…

勝ちパターンの競馬をしたカレンミロティックだが、
決め脚勝負になると、どうしても劣勢になってしまう。
この馬とすれば、力を発揮しているのだが…

ラキシスは16k減の馬体、全体に細く映った。
レースでは馬は行きたがり、鞍上が必死に押さえ込もうとしていた。
直線を向いた地点で勝負は決まっていた。

ワンアンドオンリーは12k増で、腹回りに余裕があった。
道中は勝ち馬をマークする形で進めたが、相手がスパートするとついて行けず…
夏休みでの成長を期待したが、残念ながらそれはなかった。

明暗がハッキリした京都大賞典。
ラブリーデイは胸を張って天皇賞に駒を進める…

 

【浦和競馬】 ※さきたま杯(Jpn2)徹底分析予想はこちらから

【東京G1】 安田記念(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

この記事に対するコメント

  1. ダメーロ より:

    確かに今週のデムーロは酷かった。騎手も調子のいい悪いがあるのかね。彼女に振られた週は調子が悪いみたいな?

  2. 匿名 より:

    今週のデムーロは出遅れも多かったし全然乗れていないように見えました。川田さんにはど映りましたか?

  3. ラブリーデイ より:

    天皇賞(秋)は人気しますかね?東京も走るし2400より2000の方が良さそうだし、エイシンヒカリとかが人気になってくれるなら美味しいかなって思います。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free17

【オーシャンステークス2017結果/レース回顧】メラグラーナが初重賞制覇!

中山 オーシャンSは メラグラーナが初重賞制覇! 2017/3/4(土)開催 中山11R オー

記事を読む

ノボバカラ_プロキオンS2016

【レース回顧】2016プロキオンS~ノボバカラが制す!

☆ ノボバカラがプロキオンSを制す! どの馬が勝っても驚けない、白熱したプロキオンSだった

記事を読む

ダノンレジェンド3

大井の東京盃はダノンレジェンド圧勝!

大井の東京盃はダノンレジェンドが圧勝! 2012年ラブミーチャン、2013年タイセイレ

記事を読む

ダコール

【レース回顧】2015新潟大賞典(G3)~ダコール

新潟 新潟大賞典・ダコール! 福永騎手、川田騎手、小牧太騎手、四位騎手が参戦。 混戦

記事を読む

taganotonele

【武蔵野ステークス2016レース回顧】タガノトネールがレコード勝ち!

武蔵野Sはタガノトネールがレコード勝ち! 武蔵野S 1600m G 3 別定戦 重馬場

記事を読む