【2015京都大賞典(G2)】出走馬短評とレース展望・予想

公開日: : 重賞展望

京都 京都大賞典!

京都競馬場4

秋を迎えて、4歳馬がどんな走りを見せるのかがひとつの焦点だが、
宝塚記念を制したラブリーデイの出走で、レースは引き締まる。
いよいよ、秋競馬も佳境に入って行く感じがするが…

※ カレンミロティック
2014年の宝塚記念はゴールドシップの2着と健闘したが、
今年は春の天皇賞は3着ながら、宝塚記念は大きく崩れて13着。
疲れが残っていたのだろう、その後すぐに休養に入っている。
京都コースは10戦して1勝だけで、阪神ほど走れていない。
距離も2400mは微妙に長く、どこまでやれるか…

※ サウンズオブアース
ダービーは11着に終わったが、秋は神戸新聞杯2着、菊花賞2着と頑張っている。
どちらかと言えばスタミナタイプで、平均ペースの長距離向き。
これまでが12戦して2勝しか挙げておらず、ヤヤ決め手に欠ける印象は強いが…

※ フーラブライド
37戦6勝のキャリア豊富な6歳牝馬。昨年の中山牝馬Sから勝利がない。
重賞勝ちは G 3が2勝、愛知杯と中山牝馬S。
天皇賞は11着で、札幌のクイーンS は8着どまり。
年明けの京都 日経新春杯の2着はあるが、ここで勝ち負けとなると…

※ ラキシス
2014年のエリザベス女王杯の優勝馬、これまでの戦歴は15戦5勝。
大阪杯 G2勝ちはあるが、宝塚記念8着、札幌記念は5着の成績。
ここは立て直しを図っての一戦となる。
有馬記念の6着はあるが、距離の2400mは未知数。
この京都開催は走りやすい馬場だけに、プラス働きそうだが何とも。

※ ラブリーデイ
春競馬の締めくくり、宝塚記念の優勝馬。
これまでの成績は23戦して5勝だが、その中身は濃い。
特に今年は、中山金杯を皮切りに、京都記念、鳴尾記念の重賞制覇。
充実を迎えた5歳の秋になる可能性は高い。
ただ、2400mは東京のメトロポリタンSを勝ってはいるが、
有馬記念、目黒記念、アルゼンチン共和国杯の内容からも、
問題なし!の太鼓判は押しづらいが…

※ レコンダイト
ここまでに5勝をマークしているが、重賞勝ちはなく、
目黒記念の2着があるだけで、いかにも寂しい戦歴言える。
スタミナは豊富で距離はいいが、正直なところ物足りない。

※ ワンアンドオンリー
ダービー馬であり、3歳の秋の神戸新聞杯も勝利して上々の滑り出し。
ところが、人気を集めた菊花賞が予想外の9着。
その後のジャパンカップでは7着、有馬記念では13着の成績。
気持ちを新たにしたドバイでは3着に頑張っているが、
宝塚記念では11着の凡走ファンをガッカリさせている。
もしかすると、実力より人気が先行しているのか…
言い訳ができない今回で、その答えは出るだろう。

果たして、ダービー馬ワンアンドオンリーは甦えることができるのか…

【状態絶好】 札幌記念(G2)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【徹底予想】 ※北九州記念で大波乱を巻き起こす穴馬が気になる方はクリック

【札幌競馬】 夏競馬頂上決戦!今週の注目は『札幌記念(GⅡ)』徹底攻略情報

【小倉競馬】 ★北九州記念(G3)荒れるハンデ重賞を制するのはこの馬・・・(必見です)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free13

【シルクロードステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

シルクロードステークス2017:予想のポイント 2017/1/29(日) 京都11R シルクロ

記事を読む

天皇賞春1

【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[4]フェイムゲーム他

★  日  京都  天皇賞・徹底分析!  4 春の淀の大舞台、天皇賞3200m芝 GIがそこま

記事を読む

中山競馬場4

【2016オーシャンステークス(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

3月5日の中山はオーシャンS! 3月末の高松宮記念前哨戦とも言えるオーシャンS 1200m 

記事を読む

地方競馬2

フェブラリーステークス2017出走予定馬徹底分析[4]~ベストウォーリア他

フェブラリーステークス2017徹底分析! 2017/2/19(日) 東京11R フェブラリース

記事を読む

kawata_tuika05_960_720

安田記念2017予想/1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017年6月4日の東京は安田記念です! 2017/6/4(日)東京11R 安田記念(G1)

記事を読む