【2015毎日王冠(G2)】出走馬短評とレース展望・予想[2]

公開日: : 重賞展望

東京 毎日王冠! ?

※ ステファノス
ステファノス
春は香港に遠征して2着。その後は休養に入っていた。
昨年の秋、富士Sで重賞勝ちしているが、あの時と今回ではメンバーが違う。
休み明けでもあり、いきなり上位争いが厳しそう。

※ スピルバーグ
スピルバーグ

長いブランクがあり、6歳馬ながら16戦のキャリアで、6勝を挙げている。
忘れもしない、昨年の天皇賞は豪快に伸びて、見事に差し切った馬。
この馬のセールスポイントは終いの切れであり、それも非凡。
今年は大阪杯を使ってイギリスに遠征し、6月の G I 戦で6着。
その後、休養しこの秋に備えてきた。
叩き良化タイプだけに、今回は若干の割引が必要だろう。

※ ダノンシャーク
ダノンシャーク

昨年秋のマイル C S を勝利。完全にマイラータイプと思える。
東京コースはいいが、距離の1800mはこの馬には長い。
2012年の毎日王冠は5着に終わっている。
魅力は鞍上の岩田騎手だろうが、目標は次走。

※ ディサイファ
ディサイファ1

今年に入り本格化した感じが強い。1800m、2000mを得意とする馬。
中日新聞杯、札幌記念を勝ち、馬に勢いがある。
ただ、時計の速い決着には疑問が残り、開幕週の馬場はプラスとは言えない。
だが、相手は休養明けだけに、今回は一日の長が見込めるので、
思い切っての狙いはある。

※ トーセンスターダム
トーセンスターダム

デビュー当初は期待を集めたが、皐月賞11着、ダービー16着、菊花賞8着。
その後の12月チャレンジC で勝利しているが、まだまだ気性は幼い。
この中に入ると、強く推すことはできない。

※ マーティンボロ
マーティンボロ

昨年の秋天皇賞13着後に休養入り。
11カ月半のブランクは長過ぎ、まずはひと叩きが必要。

※ リアルインパクト
リアルインパクト

安田記念は逃げて終い止まってしまったが、流れもあったと思う。
オーストラリアながら、G I レースで1着と2着がある。
ただ、レベル差は否めず、額面通りに信用はできないが…
改めて、1ハロン長い距離で、この相手にどこまでやれるか?

【2015毎日王冠(G2)】出走馬短評とレース展望・予想[1]

さあ、どうまとめていこうか…

【浦和競馬】 ※オーバルスプリント(Jpn3)中央VS地方!徹底分析予想はこちらから

【中山G1】 スプリンターズS(G1)必見のメイチ勝負馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

アドマイヤスピカ

【2015宝塚記念(G1)出走馬分析[1]】アドマイヤスピカ他

宝塚記念・各馬の分析 1! アイウエオ順から分析していきます。 今回は ※ アドマ

記事を読む

free12

セントライト記念2017/出走予定馬短評と予想のポイント

セントライト記念/予想のポイント 2017/9/18(月) 中山11R セントライト記念 3

記事を読む

kawata_tuika11_960_720

エプソムカップ2017/出走予定馬短評と予想のポイント

エプソムカップ/予想のポイント 2017/6/11(日) 東京11R エプソムカップ(G3)

記事を読む

kawata_tuika07_960_720

京成杯オータムハンデ2017/出走予定馬短評と予想のポイント

京成杯オータムハンデ /予想のポイント 2017/9/10(日) 中山11R 京成杯AH 3

記事を読む

S__4595721

フェブラリーステークス2018 データ から傾向を分析!

フェブラリーS・データからの傾向! 2018/2/18(日)開催 東京11R フェブラリーステ

記事を読む