【レース回顧】日本テレビ盃はサウンドトゥルーが勝利

船橋 日本テレビ盃はサウンドトゥルー勝利!

サウンドトゥルー

2012年ソリタリーキング、2013年ワンダーアキュート、
そして、昨年2014年はクリソライトが制した日本テレビ盃Jpn2。

今年は中央から4頭が参戦、1番人気はコパノリッキーだった。

※ 中央馬のパドック気配
☆ コパノリッキー…12k減も細い感じなし
☆ クリソライト…馬体の張りは上々
☆ サウンドトゥルー…マイナス体重もヤヤ太く映る
☆ ラヴィアンクレール…腹回りに余裕あり

※ スタート!
逃げるコパノリッキーをピッタリマークするクリソライト。
2頭で他馬を引き離しラップを刻んで行く。
その後にラヴィアンクレールが追走し、サウンドトゥルーは後方から。
向こう流しに入り、サウンドトゥルーが動き始める。
4角ではクリソライトがコパノリッキーに被せて捉えにかかるが、
その直後にサウンドトゥルーが迫ってくる。
目標を捉えたクリソライトだったが、脚を使い果してしまった。
外からサウンドトゥルーが余力で交わし、1着でゴールイン!
勝ち時計は1分50秒2。
2着はクリソライト、3着がコパノリッキー、4着がラヴィアンクレール。

ポイントは川田騎手が目標を絞ってマッチレースにしたため。
勝ったサウンドトゥルーは “ 漁夫の利 ” を得た形の勝利に。

サウンドトゥルーにとっては、次のレースが正念場となるだろう。

 

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

この記事に対するコメント

  1. 匿名 より:

    さすがにあれだけやりあっちゃうと最後止まりますよね。にしてもコパノリッキーの止まり方はだらしなかったような気もしないでもない。一叩きして次は変わると思いますか?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

タイニーダンサー2

【レース回顧】北海道2歳優駿(Jpn3)~牝馬タイニーダンサーが制覇!

門別 北海道2歳優駿は牝馬タイニーダンサーが制覇! 北海道2歳優駿は1800mのダート

記事を読む

bresujaney

【東京スポーツ杯2歳ステークス2016レース回顧】ブレスジャーニーが大外強襲!

東京スポーツ杯2歳ステークスはブレスジャーニーが追い込む! 東京スポーツ杯2歳S 1800m芝

記事を読む

ゴールドドリーム ユニコーンS

【レース回顧】2016ユニコーンS~ゴールドドリーム叩き合いを制す!

ユニコーンSはゴールドドリームが叩き合いを制す! 将来性を占う意味でも、楽しみなダート

記事を読む

カレンブラックヒル

【小倉大賞典(G3)レース回顧】カレンブラックヒル

小倉大賞典・カレンブラックヒル! 遠目の芝は緑鮮やかでも、朝からの雨が盛り上がりに水を

記事を読む

no image

【愛知杯2017結果/レース回顧】マキシマムドパリが初重賞制覇!

中京の愛知杯はマキシマムドパリが初重賞制覇! 2017/1/14(土) 中京11R 愛知杯(G3)

記事を読む