【競馬コラム】秋競馬の馬体変動は自分の目で

公開日: : 競馬コラム

秋競馬の馬体変動は自分の目で確認を!

東京パドック

馬券購入の上において重要なファクターのひとつが馬体重です。

前走時から大きく増えている馬もいれば、大きく減った馬もいます。

通常だと、
前走使ったことで、絞れて馬体が減っているケース、
細化傾向にある馬体が、ここにきて回復してきたケースetc…

秋競馬はそれ以上に複雑な要素が絡まっています。

☆ 滞在競馬から輸送競馬に替わる
夏場ローカルに遠征していた馬は、現地に滞在しての競馬になり、
中間はノンビリムードだったり、当日は現地競馬で輸送はありません。
ところが、中央に帰ってくると、基本は当日輸送をこなしての競馬に。
当然、馬体重に変化が出てきます。

☆ 休養を挟んでの馬体の成長
6歳、7歳馬には当て嵌まることは少ないのですが、
3歳や4歳馬になると、ひと夏を越すとグンと成長してくる馬が出てきます。
それが馬体重に表れ、大きく増えていることになります。
また、使い込んで細化傾向にある馬は、体が戻りプラス体重に。

☆ 休養明けでの馬体の変動
夏場の放牧で体を緩めてしまうと、なかなか元には戻りません。
コメントは 「 好仕上がり 」であっても、予想以上の馬体増はしばしば。
攻め馬が手ぬるい場合も、馬体重に表れます。

☆ 天高く馬肥ゆる秋
動物は冬を前に脂肪を蓄える習性があります。
馬とて同じで、これから冬にかけては徐々に体重が増えて行きます。
これは自然の摂理ですから、減少傾向は逆に変?でしょう。
一気の馬体増はともかく、徐々に増えるのは気にする必要はありません。

こんなふうに、秋競馬はいろんな装いを見せるんです。
ですから、発表の馬体の数字に左右されないでほしいのです。

僅かな数字の変動でも、太く見えたり細く見えたりしますし、
前走時からの馬体の増減幅が広い時は、何かしら原因があるはずです。

その要因を、皆さんに探ってもらい、読み取ってほしいのです。
そして、馬券購入の前に、自分の目で馬体をチェックしてほしいのです。

結果はどうあれ、
まずムダをなくす!
いろいろ推測する!
それが競馬の楽しみ方でもあるのですから…

【阪神G1】 朝日杯FS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

この記事に対するコメント

  1. パドッカーひで より:

    パドック見ないで馬券は買えないですよ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika21_960_720

2017年度リーディングジョッキー!/競馬コラム

☆ 2017年度リーディングジョッキー! 2017年度の中央競馬も無事に終了しました。

記事を読む

騎手

【質問コーナー】騎手エージェント制について

質問コーナー・エージェントについて! “ エージェント制はどうなっているか?” の質

記事を読む

厩務員

【競馬豆知識】厩務員の好み

豆知識・厩務員の好み! その厩舎の馬の体形が似ているのは、調教師の好みもあります。

記事を読む

リオンディーズ1

【競馬コラム】競馬における馬と騎手の割合は?

☆ 競馬における馬と騎手の割合は? 朝日杯FSでの意見もありましたが、騎手が占める割合

記事を読む

no image

【競馬コラム】武一族が復活!

☆ 武一族が復活! 先日 2017年の新規調教師の合格が発表された。 合格者は7名。その中で

記事を読む