スプリンターズSはストレイトガールが制覇!

中山 スプリンターズSはストレイトガールが制覇!

ストレイトガール2

セントウルSをトライアル戦にしたストレイトガール。
今回は、パドックでは丸味があり、大きく見せる好馬体だった。
スタートでは追っつけていたが、流れに乗ると折り合いに専念。
勝ち時計 1分08秒1、上がり45.7-34.0で、前半3Fが34秒1。
ということは、前半3Fも 後半3Fも、ほぼ同じペースで流れている。
苦労したのは、直線の馬込みを捌くのに手間取ったことくらい。
スペースを見つけてからは、シャープな脚で伸びている。
ヴィクトリアMに続く G I 制覇は実力で勝ち取った勲章。

2着は休み明けのサクラゴスペル。
体はできていたが、まさか休養明けでここまでやるとは…
ポン駆けし、得意の中山コース、1200mがピッタリとハマった。
頭ごなしに軽視したことを反省したい…

3着はうるさいながらも馬が良かったウキヨノカゼ。
テンから行く気はなく、スタート直後に抑えて後方から。
鋭い伸びを見せてはいるが、勝ちに行く競馬にはなっていないのが残念!

香港馬リッチタペストリーは、見るからにダート向きの体形だったが、
直線インからの伸びにはヒヤッとさせられた。

ミッキーアイルの仕上がりは良かったが、心配した外枠がネックに。
前にカベは作れず、向こう流しで行きたがってしまった。
それが、最後のひと伸びが利かなかった因なっている。

ウリウリはプラス体重で細い感じはなかったが、
トリッキーな中山コースでは、阪神のようなレース運びはできなかった。

今回のハクサンムーンはハナを主張したが、
肝心の馬体に、いつもの張りが見られなかった。

アクティブミノルは控えることで持ち味が半減してしまった。

ベルカントは行くでもなく、控えるでもなく、中途半端な競馬内容。

ティーハーフは外枠もあったが、北海道の落ち着きはなかった。

これで、ストレイトガールは香港遠征の運びとなるのだろう…

【大井競馬】 帝王賞(Jpn1)大井競馬を徹底予想

【福島開幕】 ★ラジオNIKKEI賞(G3)予想に役立つ出走馬分析情報★

【中京開幕】 『CBC賞を的中したい人必見』出走馬分析&データ分析はコチラ

この記事に対するコメント

  1. ごっちん より:

    結局のところ今の日本のスプリントってレベルは高いのか低いのか?アウェイで香港の中堅レベルの馬があそこまで好走してきて、高松宮はエアロに勝たれているんだからやっぱそこまでレベル高くないと見るべきなのか。
    ストレイトガールも今年で引退だろうし、ますますレベルが低くなるって思うと寂しくなってしまいますね。

  2. nakano より:

    香港馬ってみんなこんな感じでダート馬っぽい重厚なタイプ多いですよね。それが香港の芝質にマッチしてるんでしょうけど、それこそアジアエクスプレスに似た馬体だと感じましたがいかがでしょうか

  3. 匿名 より:

    川田さん◎ストレイトガール単勝でガッポリ頂きました。2.3番手は荒れると思って単勝だけにして正解でした!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

uma_01

【東海ステークス2017結果/レース回顧】グレンツェントが名乗り!

中京 東海Sはグレンツェントが名乗り! 2017/1/22(日)開催 中京11R 東海ステーク

記事を読む

スマートレイアー東京新聞杯

【レース回顧】2016東京新聞杯(G3)~スマートレイアーが逃げ切る!

東京新聞杯はスマートレイアーが逃げ切る! 人気は4歳馬の2頭で、逃げ馬不在のレースに。

記事を読む

フルーキー

【レース回顧】2015チャレンジC(G3)~フルーキーの末脚が炸裂!

阪神 チャレンジCはフルーキーの末脚炸裂! またまたM・デムーロ騎手が重賞制覇した。

記事を読む

アンビシャス1

【レース回顧】プリンシパルS~アンビシャス

東京 プリンシパルS・アンビシャス! ダービー出走には賞金が足りない馬ばかり。 1着

記事を読む

トロワボヌール

【レース回顧】川崎スパーキングレディーC(Jpn3)~トロワボヌール

川崎 スパーキングレディーC・トロワボヌール! 第19回 川崎スパーキングレディーCの

記事を読む