【2015シリウスステークス(G3)】出走馬短評とレース展望・予想

公開日: : 重賞展望

阪神 シリウスステークス!

阪神競馬ダート

古豪ダート馬の闘い。目指すは12月の中京戦チャンピオンズC。
G I 制覇の大目標に向けて、好内容の結果を求めている。

※ アウォーディー 55k
初ダートでいきなりの勝利、適性はありそうだが、今回は重賞メンバー。
ハンデ戦とはいえ、前走とは明らかに相手が違うので楽観できないが、
武豊騎手が引き続き乗るということは、可能性があるからだろう。

※ キクノソル 55k
前走のメンバー構成で勝ち負けできないようでは…
鞍上はルメール騎手だが、器用さと切れがない馬だけに一変とは。

※ グランドシチー 58k
実績では上位の存在でも、叩き良化タイプだけに今回は割引きが必要。
阪神との相性はひと息、昨年のシリウスSは6着止まりだった。

※ ダノンリバティ 55k
クラシック制覇を目指したが夢は叶わず、ダートに新味を求めた。
初ダートのレパードSは骨っぽいメンバーだったが、
それを跳ね返してクロスクリーガーの2着の健闘。
続く8月末の B S N 賞で順当?に勝利を飾っている。
ダートの適性の高さを証明しており、未来は明るいだけに、
ここで足踏みするわけにはいくまい。
どんな走りを見せるか楽しみ…

※ トウケイヘイロー 58k
昨年のような手応えある結果が得られず、ダートに目を向けた。
パワータイプで、芝での好走条件は力のいる馬場でもあった。
血統的にダートはこなせるはずだし、ここでキッカケを掴むかも…

※ ナムラビクター 58k
昨年の同レースはクリノスターオーの2着だったし、
チャンピオンズCではホッコータルマエの2着でもあった。
2014年のアンタレスS以降に勝利はないが、力上位は疑いないところ。
得意の阪神コースで、久々の美酒を味わうことができるか…

※ ニホンピロアワーズ 58.5k
残念ながら年齢の衰えは隠すことができず。
好調時なら、斤量を背負っても、どんな展開になっても問題なかったが。

※ マルカプレジオ 57k
7歳馬ながら、これまでの戦歴は22戦、7勝。
これは、2011年3月で勝利した後リタイアしていたから。
復帰したのが2012年の2月だから、推して知るべしだろう。
見た目にも馬体に衰えは感じられず、張りも上々。
切れるというより、いい脚を長く使うタイプの馬。
阪神コースは仁川S 勝ちを含め10戦4勝、2000mは6戦3勝の成績。
春のアンタレスSで惨敗した後、休養に入っていた。
500kの大型馬ながら、ポン駆けするので、白紙に戻しての検討を。

※ ランウェイワルツ 56k
デビューは門別。2戦目で勝利し、JRAに転入してきた。
4歳の若さもあって、これまでの JRA の成績は18戦3勝と地味。
しかし、レパードSはアジアエクスプレスの3着、
みやこSではインカンテーションの2着があり、力は見劣らず。
ただ、追い込み脚質もあって、勝ち味に遅いことも事実。
今年の夏は小倉競馬に参戦して、KBC杯1着、阿蘇S3着の成績。
スタミナタイプで広いコースが合い、パサパサ馬場が望ましい。
阪神コースは3戦して1勝しており、まったく問題はない。

新興勢力3歳馬のダノンリバティがどこまで通用するかが焦点…

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

miyako_stakes_2

【みやこステークス2016】出走馬短評と予想のポイント

日 京都 みやこステークス! 3歳以上オープン 1800mダート G3 別定戦。 1

記事を読む

ダービー2

【5/31(日)東京10R日本ダービー(G1)】馬券分析・予想

東京 日本ダービー・馬券分析! 今年はどんなドラマがまっているのだろうか… ドゥラメ

記事を読む

中山競馬場2

【1/24(日)中山11R アメリカJCC(G2)】予想のポイント!

日 中山 アメリカJCC! 過去10年間で 1番人気は2勝しただけで、2着も3着もなし

記事を読む

ベルーフ

【2016京成杯(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

☆ 1月17日 中山は京成杯(G3)2000m芝の闘い! 皐月賞に向け3歳馬が始動です

記事を読む

sprinters_stakes

スプリンターズS2016出走馬徹底分析[4]~ミッキーアイル他

日 中山 スプリンターズS・徹底分析 4 この秋、第1弾の G I レース 第50回ス

記事を読む