【2015スプリンターズS】出走馬徹底分析[3] ~ハクサンムーンなど

公開日: : 重賞展望

中山 スプリンターズS 3

ハクサンムーン
※ ハクサンムーン 6歳牡馬
テンションが高くなるので、休み明けは動かない傾向に。
馬場入りするとクルクル回る仕草は、この馬のクセでもある。
秋緒戦セントウルSはいつになく力が入り、大事に乗り過ぎた感もある。
結果は伴わなかったが、いいガス抜きになったのは確か…
高松宮記念の成績は、2013年3着、2014年5着、2015年2着。
スプリンターズSはセントウルSを叩いて臨んでおり、
2013年セントウルS 1着 → スプリンターズS 2着、
2014年セントウルS 2着 → スプリンターズS 13着、
2015年セントウルS 8着 → スプリンターズS ??
このパターン見ると、今年は大きな期待は賭けられそうにないが…
中山コースの1200mは5戦して、1着1回、2着2回となっている。

ビッグアーサー
※ ビッグアーサー 4歳牡馬
長期休養を挟んで5連勝、前走は初めての重賞戦で2着。
さすがに、ベルカントに水を開けられたが、しっかり差し込んでいる。
腹袋があるので太く映るが、これは体形的なモノで気にしなくていい。
問題は、今回は更にステップアップした G I 戦になること。
これまでとはメンバーが違い過ぎ、一気に強化となる。
道中はモマれ込むだろうし、終い切れる馬は数いるので、
これまでのような競馬はさせてもらえそうにない。
しかし、終いは確実に迫ってくることは疑う余地なし!
試金石の一戦となるが、果たして…

フラアンジェリコ
※ フラアンジェリコ
7歳牡馬
京成杯オータムHで久々の勝利を挙げたが、ハナ差の G ? 戦。
今回は未経験のスピード競馬の1200mであり、斤量も4k増える。
前走以上にテンに置かれるだろうし、苦戦を覚悟しなければなるまい。

ベステゲシェンク
※ ベステゲシェンク
5歳牡馬 ( 補欠 1 )
新潟のオープン特別を勝っての挑戦となる。
追い込み一辺倒の馬だが、意外にも1200mを得意としている。
春のオーシャンSではサクラゴスペルの0.2秒差 3着もある。
時計がかかり、前崩れの展開が好走条件と言えるだろうが、
CBC賞のような下が緩い馬場は二束三文となる。

ベルカント
※ ベルカント
4歳牝馬
ここにきて、490kの馬体はしっかりしてきており、
以前のひ弱さは消え、牡馬に負けない造りに変貌している。
テンションの高さも徐々に解消しつつある。
CBC賞取消の後、アイビスサマーD、北九州記念を連覇し充実一途の感。
逃げから差しに脚質転換したことも、勝利に繋がっているのだろう。
ただ、夏場の2走は激走しており、有力馬と比べプラス材料とは思えず。
1200mは7戦2勝で、2014年スプリンターズSは5着と善戦。
中山コースは朝日杯FS 10着の1度だけ。
この馬に1600mは長いので、仕方ないところだろう。
勢いは認めるが、ここ2戦よりも相手はグンと強化されている。
ここは冷静な対処が必要ではないだろうか…

明日に続く…

【2015スプリンターズS】出走馬徹底分析[1] ウリウリなど

【2015スプリンターズS】出走馬徹底分析[2] ストレイトガールなど

【予想公開】 ※朝日杯FS(G1)タワーオブロンドン・ダノンプレミアムの状態は・・・!?

【自信勝負】 ☆ターコイズS(G3)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【阪神競馬】 2歳マイル王決定戦!今週の注目『朝日杯FS(G1)』の注目予想情報はコチラ

【中山競馬】 ★ターコイズS(G3)荒れる牝馬ハンデ重賞を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場4

【2016青葉賞(G2)】1週前出走馬動向をチェック!

★  4月30日はダービートライアル青葉賞! 皐月賞の後だけにメンバーは手薄になりますが、

記事を読む

2015syukashow

秋華賞2016予想・馬券分析

日 京都 秋華賞・馬券分析! 最も有力視されていたシンハライトの戦線離脱で、俄然 騒が

記事を読む

swan_stakes

スワンステークス2016予想・馬券分析

土 京都 スワンS・馬券分析! スワンS 3歳以上オープン 1400m芝 G2 別定戦

記事を読む

鳴尾記念

【6/6(土)阪神11R鳴尾記念(G3)】馬券分析・予想

阪神 鳴尾記念・馬券分析! このあたりのレベルになると、それぞれの思惑がある。 賞金

記事を読む

free09

【アーリントンカップ2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/2/25(土)の阪神はアーリントンCです! 阪神11R アーリントンカップ(G3)

記事を読む