有馬記念のウワサ

公開日: : 競馬コラム

うわさ ⁉︎

有馬記念

先日『 うわさ 』が耳に飛び込んできました!

J R A は有馬記念を12月28日に固定化して施行??

農林水産省の直轄にあるJRAも公務員と同じ扱いなので、
暮れの仕事納めは12月28日と決まっています。

世の中は既に正月休みに入っている人が多く、
JRAにとって暮れは 「 絶好の稼ぎ場 」なのですが、
週末のローテーションからすると、なかなか日にちが噛み合いません。
その年によっては、12月24日あたりが最終日となってしまうことも…
売上げがモットーのJRA側にすれば、ジタンダを踏む想い。
大井の東京大賞典の12月31日の施行は羨ましくてたまらないところ。

それが今回の 『 うわさ 』の因になったと思われます。

厩舎の暮れの仕事は、半休を挟みながら12月31日まで続きます。
正月は1月1日が全休で、1月2日は馬場開きになり、通常の仕事に戻ります。
12月28日が最終日になったとしても支障はありませんが、
土日の週末ローテーションが、どこかで崩れることになり、
専門紙の記者にとっても、憂鬱な問題となってしまいます。

専門紙の会社には、ゴールデンウィークも盆も正月もありません。
休みは基本的に月曜日と火曜日だけ、それが1年間続くのです。
3日間競馬で月曜日までズレ込むと、その週の休みは火曜日の1日だけ…

僅かな楽しみ?は、暮れの競馬が終わってから正月までの短期間の休み。
例えば、12月24日で競馬が終われば、年明けの1月1日まで8日間の休みの可能性が。
“ 攻め馬当番 ” が回避されればの話しですが…
12月28日までと固定されれば、4日間の休みしか取れません。
以前は仕事始めは1月3日からでしたが、近年は1月2日に縮まっているんです。

競馬ファンにとっては嬉しいニュースでしょうが、
専門紙にとっては、落胆の12月28日になってしまうでしょうネェ…

【浦和競馬】 しらさぎ賞(S3)南関東競馬必勝☆天皇賞の軍資金稼ぎはこちらから!

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

パドック騎乗

【競馬コラム】しょうもな編・馬に跨るのは右から?左から?

しょうもな編・馬に跨るのは右から?左から? 調教時、厩務員さんが運動して連れてきた馬を

記事を読む

騎手

【競馬豆辞典】騎手の水分補給

豆辞典・騎手の水分補給! 日本の夏は湿度も高く、少し動いただけで汗が出てきます。

記事を読む

騎手

【競馬コラム】エピソード~川田英太と騎手エージェント(3)

エージェント・エピソード ?! 以前のできごとだが、今も変わらない、そんな話。

記事を読む

京都競馬場6

【競馬豆知識】金杯はなぜ京都競馬場で開催される?

豆知識・金杯はなぜ京都で? 年明けの競馬は、東は中山、西は京都が定番ですよね。

記事を読む

厩舎

【競馬コラム】競走馬におけるキュービック効果!

競走馬・キュービック効果! 先日、車で1時間半かけて近郊にある放牧先を訪ねた。

記事を読む