今週のジャパンカップ

公開日: : 過去の記事

ジャパンカップ!

今年は3頭の外国馬が参戦する。
日本馬は天皇賞出走組に加え、ジャスタウェイを筆頭に、
ハープスター、ワンアンアンドオンリーと豪華絢爛。
グランプリ有馬記念を前に、熱い熱い闘いが期待できる。

※ アイヴァンホウ
この秋にドイツのG I を2勝しているが、凱旋門賞は惨敗。
馬場の違いもあっただろうが、環境の違いが応えた感じも。
今回は長旅に加えてまたまた異なる環境での競馬となる。
ナイーヴなサラブレッドにはきつい条件かも…

※ アップウィズザバーズ
正直、実績面で物足りなさを覚えてしまう。
頑張ってほしいが、日本馬のレベルは高いので…

※ イスラボニータ
初の古馬相手になった天皇賞3着は高い評価が与えられる。
ここでも大きく崩れるとは思えないが、
ダービー2着があるとはいえ2400mの距離に一抹の不安が。
回りに関係なくベスト距離は2000mと思えるだけに…
道中いかに息を抜いて走れるか?
すべては蛯名騎手にかかっている。

※ エピファネイア
ひと叩きの効果はあるだろうが、逆にイレ込む心配もある。
鞍上は怖いが、ここは冷静な対処で。
菊花賞のような馬場になれば面白そうだが。

※ ジェンティルドンナ
2年連続しての優勝馬。3連覇に王手がかかっている。
鞍上も昨年勝ったムーア騎手に手替わりしてレースに臨む。
これまでの臨戦過程をみると、叩き良化の傾向にあり、
休み明けの前走2着は上々の結果だったとも言える。
コース、距離、ローテーと条件は完璧であり、
今年で引退予定?の同馬には勝って花道を飾りたいところ。

※ ジャスタウェイ
IFHA ( 国際競馬統括機関連盟 ) で首位をキープしている。
凱旋門賞で8着に敗れはしているものの、
能力評価はここでは群を抜いているということ。
ただ、凱旋門賞の内容からも距離にカベがありそうで、
この2400mは大きな分岐点となりそう。
過信だけは避けたい気がするのだが…

※ スピルバーグ
長期休養から見事に立ち直って G I を制覇した馬。
天皇賞の走りがこの馬本来の走りなのだろう。
コンスタントに使える33秒台の末脚には光るモノがある。
激戦の疲れさえ残っていなければ、ここも当然勝ち負けに。

※ デニムアンドルビー
昨年2着はあるが、今年は更にメンバーが骨っぽくなっている。
勝ち星から遠ざかっており、善戦の域からは脱し得ず。

※ トレーディングレザー
このところの成績は目立たないが、闘ってきた相手が違う。
錚々たる G I 戦であり、昨年の愛ダービー馬でもある。
3着以下は2回だけで、参加外国馬の中では実績1番。
厳しい条件下のなかでどこまでやれるのか??

※ ハープスター
正攻法の追い込み一辺倒では凱旋門賞は勝てないが、
少なくとも直線の伸びは外国馬に負けてはいなかった。
この3歳牝馬は想像もつかない可能性を秘めている。
一応、遠征の疲れは取れたと仮定しよう!
『 切れ 』では強豪牡馬にヒケは取らないし、
53kの斤量で33秒の末脚に磨きもかかる。
乗り方と仕掛けどころさえ間違わなければ、
まとめて面倒をみても何らおかしくはない。

※ フェノーメノ
今回はC・ルメールJが落馬負傷し岩田騎手が騎乗する。
デビューからの4戦を騎乗しており、4戦2勝の成績を収めている。
確かに天皇賞は惨敗したが、あれがこの馬のすべてではない。
逆に、走っていないのでダメージの心配はまったくない。
休養明け2走目で距離延長は大いに歓迎!となれば、
一変しても驚くことはできないはず。
見限るのだけはやめておいてほしい。

※ ワンアンドオンリー
菊花賞の敗因は何だったのだろうか?
そこはハッキリ突き詰めておいた方がいいのでは…
陣営は外を回るロスや折り合いを敗因に揚げているが。
もしかすると3000mの距離にあったのかも?
改めて、ダービーを制した距離とコースに戻ってきた。
イスラボニータと寸法を測れば決して見劣りはない。
“ 強い3歳 ” をアピールする場かも知れない…

さて、どの馬を中心に馬券を組み立てるか。
迷いに迷ってしまいそう???
そして、ジェンティルドンナの3連覇はあるのか…

【状態絶好】 札幌記念(G2)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【札幌競馬】 夏競馬頂上決戦!今週の注目は『札幌記念(GⅡ)』徹底攻略情報

【小倉競馬】 ★北九州記念(G3)荒れるハンデ重賞を制するのはこの馬・・・(必見です)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

京成杯!

持ち賞金 900万以上の馬が7頭、他は400万の馬。 ホープフルSがひとつの目安になるが、 重賞レー

記事を読む

catch

レパードステークスレース回顧~アジアエクスプレス

アジアエクスプレス レパードS! 馬齢の3歳ダート戦、まさにパワーの闘い。 3勝馬5頭を中心にレ

記事を読む

catch

関屋記念レース回顧~クラレント

クラレント 関屋記念! 先週の台風が去ったと思ったら今度は秋雨前線。 朝からの雨はなんとか上がっ

記事を読む

catch

京都3R新馬戦パドック

京都3R新馬戦パドック ※ レース傾向ー ドングリの闘い? 馬番 評価 寸評 1△なかな

記事を読む

catch

小倉2歳ステークス(2014)短評 レオパルディナ他…

小倉2歳ステークス! 先週の新潟と異なり1200mのスピード争い。 勝ち馬は3歳に入り活躍しており

記事を読む