【2015菊花賞(G1)】神戸新聞杯から見えてくるモノ

公開日: : 競馬コラム ,

神戸新聞杯から見えてくるモノ!

リアファル2

リアファル、リアルスティール、トーセンバジルが菊花賞のキップを得た。

この3頭の、菊花賞での可能性を考えてみた。

※ 優勝したリアファルは、チャカつき馬体に余裕も見られたが、
ハナに立ちペースダウン。競りかけてくる馬もなく実に楽な道中だった。
1000mの通過が1分02秒4からも、そのことが推察できる。
しかも、2着馬は骨折明けでメイチの競馬をしてこなかった…
本番も逃げる競馬になるだろうが、今度はマークされる立場になり、
今回のような展開も見込めないだろうが、
スタミナは豊富だけに、面白い存在であること間違いあるまい。

※ 2着のリアルスティールは骨折明け、休み明けでもあった。
戦歴は文句なかったが、次を見据えてのレースをしている。
体は仕上がっており、ムキになるところもなかった。
福永騎手も無理に勝ちに行く競馬をしていない。
当然、本番では変わるだろうが、一抹の不安もある。
春のクラシックレースがそうだったように、
追ってスパッと切れる脚は持っていないこと…
楽観視は避けた方がいいかもしれない。

※ 3着のトーセンバジルは持ち賞金900万の馬。
ここは出走権の3着までを狙いに行った競馬内容。
京都の長丁場でジックリ構えていては、勝ち負けは難しい。

【徹底攻略】 ※AJCC(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【自信勝負】 ☆東海ステークス(G2)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

この記事に対するコメント

  1. 匿名 より:

    当然今回よりもリアファルはマークされるんだろうけど、結局他の騎手が3000mの距離を気にして勝負どころまでじっとしているんだろうから、神戸新聞杯と同じような展開。とはいえ3000mを逃げ切るのは至難の業だろうしルメールがどう乗るかは注目だろう。

  2. 悩みますな より:

    リアファルが3000mを逃げ切れるとも思わないし、
    リアルスティールが勝ち切るとも思わない。
    こりゃ穴狙いしろってサインですかね?

  3. 匿名 より:

    同感。リアルスティールは菊花賞でもよくて2着だろう。
    陣営もなんか楽観的すぎる。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

globesiater

【競馬コラム】久々に観たレベルの高い新馬戦!

☆ 久々に観たレベルの高い新馬戦! 11月13日 京都 4-5 新馬戦 1800m芝の

記事を読む

kawata_tuika01_960_720

競馬コラム/梅雨の道悪競馬!

☆ 梅雨の道悪競馬! 梅雨宣言が発表され、しばらくは週末の天気が気になるところです。 少

記事を読む

騎手

【競馬コラム】馬券的な狙いで今の旬の騎手は?

☆  馬券的な狙いで今の旬の騎手は? どんな職種の人でも、調子がいい時もあれば悪い時期もありま

記事を読む

free21

【競馬コラム】早や2月、フェブラリーSはすぐそこ!

☆早や2月、フェブラリーSはすぐそこ! 年が明け、1月5日から始まった今年の競馬。 変則競馬

記事を読む

パドック

【競馬コラム】馬と厩務員!

馬と厩務員! 牧場で産まれた馬は大事に扱われ育てられる。 母馬に甘えながら、広い放牧地で飛び

記事を読む