今週はマイルCS

公開日: : 過去の記事

マイルCS!

一昨年のサダムパテック、昨年のトーセンラーがエントリー。
武豊騎手は3連覇の記録がかかっている。
抜けた存在の馬はいないが、実力拮抗の好メンバー。
穴党ファンにはたまらないレースかも知れない。

※ クラレント
今年の春までは詰めの甘さに苦しんでいたが、
夏の関屋記念をキッカケに重賞を連覇し変身!
ここは 一気に G ? から G I挑戦への挑戦となる。
今回が正念場!と言ってもおかしく一戦に。

※ グランデッツァ
手応えほど追い出して伸びなかった前走の毎日王冠。
なまじタメるより、フルにスピードを生かす競馬が合っている。
そのあたりを踏まえてレースをすれば変わり身も…

※ グランプリボス
不良馬場の安田記念は2着でも、昨年の同レースは凡走。
トーセンラーになすすべなく一蹴されている。
やはり道悪の助けが必要となりそう。

※ サダムパテック
中京記念は鮮やかな差し切りを演じているが、
その後の2戦がサッパリの内容。
特に前走はなぜ1400mを使ったのか理解に苦しむ?
出遅れグセ、行きたがる気性の馬は乗りづらいモノ。
果たして、ベテラン田中勝騎手がどう修正するか…

※ サンライズメジャー
1400m、1600mは堅実無比の走りを見せ終いは確実。
ただ、なかなか勝ち切るところまでがいかないが…
京都得意、距離得意ではあるが、今回は G I メンバーになる。
大崩れはないだろうが、勝ち切るまでは難しそうで。

※ サンレイレーザー
毎日王冠は逃げ作戦が見事に的中した感じがする。
今回は強力な逃げ馬がいて、正攻法の差しに回る公算が高く、
そうなると “ パンチ不足 ” の不安説が浮上してくる。
いずれにせよ、前走の成績は信用できそうにない。

※ ダイワマッジョーレ
昨年の2着馬だが、その後の4戦は3着までさえない。
ここは叩き2走目になるが、中間気配は良化遅々の感。
一変の期待は望み薄で…

※ タガノグランパ
イキのいい3歳馬であり、クラシックでも善戦している。
デビューから短い距離を使われファルコンSも制している。
一見 マイルに戻れば十分やれる!と思うだろうが、
長丁場を走り慣れた馬が一気の距離短縮になると、
息の入れ方も走りのリズムも戸惑ってしまうモノ。
それがレースに出なければいいが…

※ ダノンシャーク
昨年の同レースは3着、安田記念は4着と安定した成績。
どんな相手でも崩れることなく走れるのはいいが、
裏を返せば、あと一歩の詰めが甘いということ。
岩田騎手に期待したいところだが、過信は避けた方が賢明?

※ トーセンラー
昨年マイルCSの33秒3での差し切りは圧巻だった。
安田記念は極悪馬場でカラ回りして力を発揮できず。
秋緒戦の前走は本番に向けいい内容の走りができたし、
照準通り目標に向けての仕上げはバッチリ!
メリハリある走りと能力全開は “ マイル ” と読んだ。
連覇はある。

※ フィエロ
道悪での勝ち鞍はあるが、本領発揮はパンパン馬場で。
3走前マイラーズCでのレコード決着2着がそれを証明している。
前哨戦の前走は余裕残しの馬体で33秒2の末脚で3着と、
本番に手応えを感じる上々の内容だった。
注文を付けるとすれば良馬場だけ?
勿論、期待する手は十分にある。

※ ミッキーアイル
崩れたのは不良馬場だった安田記念だけ。
潜在能力のスピードは古馬相手に一歩もヒケは取らない。
1400mのスワンSは僅差の勝利だったが、
休み明けでうまく息が入らず苦しがっていた。
今回はひと叩きして走り慣れた1600mになる。
マイペースの逃げが可能な組合わせだけに、
7勝目は G I レースで飾るかも…

※ レッドアリオン
コースに関わらずここ2戦は32秒台の末脚を駆使している。
だが、スタートが下手なのは致命傷に繋がりかねない。
まして相手は一線級なのだから…
京都コースに良績がないのも割引く理由に。

※ ロゴタイプ
伸び悩んでいる現況であり、歯がゆい成績が続いている。
右回り得意でマイルは2戦2勝の実績、
鞍上もC・ルメール騎手と申し分ないが、
勝ち負けするには何かが足りない気がする。

※ ワールドエース
京都マイルで1分31秒4のレコードをマークしている馬。
休み明けの毎日王冠は惨敗しているが、
ここで一変する可能性は秘めている。
しかし、問題はある。
今の使い込んだ馬場は良馬場でも荒れ気味にあり、
今回の鞍上もいささか不安も残り…

逃げ切れるか!差し切れるか!
力差はないだけに、いかに展開を読み切るかが鍵に。

【札幌競馬】 スプリンター激突!今週の注目『キーンランドカップ(G3)』の関係者情報

【新潟競馬】 ★新潟2歳ステークス(G3)将来性◎の期待馬を一挙公開中★

【川崎競馬】 スパーキングサマーC(S3)川崎マイル決戦!予想公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

UHB賞出走予定馬短評

UHB賞! 重賞戦ではないが北の大地に相応しい一戦。 参考レースは函館SSだが、今回はハンデ戦。

記事を読む

catch

中山11RアメリカJCCパドック

中山11RアメリカJCCパドック ※ レース傾向ー 相手探しで 馬番 評価 寸評 1×馬

記事を読む

catch

根岸Sが終わって!

すぐ目の前に迫っているフェブラリーSに向け 各馬の熱い闘いが始まった根岸ステークス! 勝てばフェブラ

記事を読む

catch

弥生賞!

言うに及ばずクラシックに直結する大事なレース。 この2年は波乱な結果に終わっているが、 それまでは1

記事を読む

catch

阪神・朝日杯FSから

朝日杯FS! 今年から舞台を阪神に移しての施行。 発表以上に馬場は悪く、芝は時計のかかる決着が続く

記事を読む